DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

カムチャツカはシベリアではない 厳密なシベリアはどこまでか?

 今日はどこまでシベリアであるかについて書いて行きたいと思います。

目次

1. 北アジア

 シベリアはロシア連邦に属しているため、ヨーロッパのようにも見えますが実はヨーロッパではなくアジアに属しています。そのため、シベリアはアジアでありながらヨーロッパの国の領地に属しており、かなり紛らわしくなっています。

 しかし、この世の中には同じような状況となっている地域もいくつか見られ、例えばニューギニア島の西半分はアジアの国家であるインドネシア領ではあるがオセアニアとなっています。

 けれども北アジアはこの中でも群を抜いて面積が広く、その面積は1,300万㎢とロシア領の77%にも及びます。そのため、ロシアはいまいちヨーロッパの国と言う実感はわかず、ヨーロッパの国としてはスペインやフランス、イギリスやドイツなどが良く挙げられます。

 このように北アジアはロシアに属しているため、非常に影が薄く、実際にこの言葉が使われることはめったにありませんが非常に興味深い地域でもあります、何故なら北アジアには世界最深であるかつ淡水湖としては最も貯水量の多いバイカル湖や北半球の寒極であるオイミャコンが位置しており、更に豊富な天然資源があるからです。

 そして、ロシア以外の国では「北アジア=シベリア」のイメージが強いですが厳密には一致しておらず、カムチャツカ半島などはシベリアには含まれていません。

2. シベリアと北アジア

 シベリアは北アジア全体のようなイメージが強いですが先ほども書いたように完全には一致しておらず、西側と東側はシベリアには属していません。

f:id:DS930810:20190316195516j:plain

 上図はWikipediaから引用した北アジアの図に地方名を加えたものであり、北アジアには多くの地方(州, 自治管区, 共和国など)があることが分かります。そして、この図では3種に色分けがなされていますが赤色はシベリア連邦管区、オレンジはシベリア連邦管区以外のシベリア、そして薄黄色はそれ以外の北アジアの地域を示しています。

 初めにシベリア連邦管区から説明していきたいと思います。シベリア連邦管区とは連邦管区の一つであり、北アジアにはシベリア以外にウラル、極東の3種類があります。ウラル連邦管区はシベリア連邦管区の西に位置している地方であり、極東は反対に東に位置しています。

 そして、シベリア連邦管区にはノヴォシビルスク州, オムスク州, トムスク州, アルタイ地方, アルタイ共和国, ケメロヴォ州, トゥヴァ共和国, ハカス共和国, クラスノヤルスク地方, イルクーツク州が含まれています。ここで注意すべきことはアルタイ地方とアルタイ共和国であり、この二つは名前こそは同じでありますが全くの別物であり、アルタイ地方はバルナウルを中心とした地方、そして、アルタイ共和国はゴルノアルタイスクを首都とした共和国(非独立国家)のことであります。

 また、トムスク(Tomsk)とオムスク(Omsk)も名称が似ているため、紛らわしいがアルタイに比べればまだ名前が違う分区別がつきます。

 では、この10個の地方だけがシベリア全体であるかと言うとそうでは無く、シベリアはこれらの地方以外にヤマロ・ネネツ自治管区, ハンティ・マンシ自治管区, チュメニ州(前者2つは一般的にはチュメニ州に含まれる), クルガン州, ブリヤート共和国, ザバイカリエ地方, サハ共和国も含まれ、これらの地域を合わせてシベリアと呼ばれています。

 そして、これらの地域の合計面積はカナダの面積と同等であります。

 また、最近ブリヤート共和国とザバイカリエ地方がシベリア連邦管区から極東連邦管区に移され、あたかもシベリアではなくなったような書き込みもありましたがあくまで「シベリア連邦管区」ではなくなっただけであり、シベリアではなくなったわけではありません。

 そのため、シベリアの面積が狭くなったわけでは無く、もしシベリア連邦管区以外の地域がシベリアでは無かったらサハ共和国に属しているオイミャコンやバイカル湖の一部もシベリアではなくなります。

3. シベリア以外の北アジア

 ここまではシベリアについて書いてきましたがここからはシベリア以外の北アジアについて書いて行きたいと思います。シベリア以外の北アジアには2013年に隕石が空中爆発したチェリャビンスク州, ロシア第四の都市エカテリンブルグを中心としたスヴェルドロフスク州, かつて日本領であったサハリン州, 日本海に面した沿海州, ハバロフスク地方, アムール州, マガダン州, カムチャツカ地方, そしてアジアの最東端であるチュクチ自治管区があります。

 これらの地域は世界的にはシベリアとして見なされていますが実際にはシベリアではありません。

 以上がシベリアと北アジアの違いであり、シベリアは一般的に思われている面積よりも狭いですがこれらの地域は比較的最近までシベリアと呼ばれており、世界中ではまだ「北アジア=シベリア」のイメージが強いため、カムチャツカ半島をシベリアと言ってもそこまで問題があるようには見えません。

 以上、シベリアと北アジアの違いについてでした。

 

参考文献

北アジアの地図

https://ja.wikipedia.org/wiki/シベリア