DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

太陽に最もよく似た恒星を含むりょうけん座

 今回はりょうけん座について書いて行きたいと思う。

目次

1. りょうけん座

1.1 りょうけん座とは

 りょうけん座(猟犬座)とは春に観測することが出来る星座である。しかし、りょうけん座には極端に明るい恒星は存在しておらず、最も明るいα星のコル・カロリ(Cor Caroli)の明るさは2.89等とそこまでは明るくない。けれども暗い恒星かと言うとそうでは無く、3等星の中ではまあまあ明るいほうなので観測することはそこまで難しくない。

 そして、コル・カロリは0等星であるアルクトゥルス, 1等星のスピカ, 2等星のデネボラと共に春のダイヤモンドと言う四角形を形成しており、春の代表的な恒星として挙げられる。

 また、りょうけん座β星のカーラ(Chara)は10パーセク(32.616光年)以内の恒星の中では最も太陽に近縁な恒星と言われており、絶対等級や年齢が非常によく似通っている。

 そのため、りょうけん座には興味深い恒星が含まれており、α星, β星ともに興味深い点では近辺のかみのけ座に似ているがそれ以外に明るい恒星は特に含まれていない。

 ちなみにりょうけん座はうしかい座の牛飼いの猟犬のように書かれることが多いがりょうけん座には特に神話は無いのでこれは完全な後付けとなっている。

1.2 春のダイヤモンド

 春のダイヤモンドは春に見えるアステリズムであり、4つの恒星によってなっている。そして、春のダイヤモンドの恒星は星座が全て異なる上に等級も全て異なっているため、どの恒星がどれだかかなり分かりやすい。

f:id:DS930810:20181107173327j:plain

 春のダイヤモンドを構成する恒星の明るさは各恒星ごとに1等程度異なるため、かなり等間隔な明るさとなっている。

 また、これらの恒星の中でスピカのみが非常に絶対等級が強く、これはリゲルのみが極端に明るい冬のダイヤモンドと似ていると言える。しかし、リゲルとスピカでは絶対等級が大きく異なっており、リゲルのほうが圧倒的に明るい上に距離も3倍以上も遠いため、スピカはリゲルのようなインパクトは無いと言える。

 更に春のダイヤモンドの中でアルクトゥルスが最も明るい恒星となっているがアルクトゥルスは恒星化した低質量星であり、このような恒星も冬のダイヤモンドに含まれている。その恒星とはおうし座のアルデバランであり、アルデバランはアルクトゥルスよりも一回り絶対等級が強く、質量も大きい。

 このように春のダイヤモンドと冬のダイヤモンドには共通点がいくつかあり、どちらも高齢化した低質量星と極端に明るい恒星を含んでいるが恒星数に関しては冬のダイヤモンドのほうが2つも多い。

2. りょうけん座の恒星

2.1 りょうけん座α型変光星の代表コル・カロリ

 コル・カロリは地球から見た明るさが2.89等の恒星であり、絶対等級が0.16等の何の変哲の無い恒星であるが実は非常に興味深い恒星である。その興味深い点には先ほど書いた春のダイヤモンドに含まれることもあるがこの恒星自身にもあり、以下の点で興味深い恒星と言える。

  • りょうけん座α型変光星の代表星である
  • 二重星である

 初めにりょうけん座α型変光星について書いて行きたいと思う。りょうけん座α型変光星とは磁場の強い主系列星に見られるタイプの変光星であり、正式にはりょうけん座α2型変光星と呼ばれている。

 そして、このタイプの恒星で最も明るい恒星はりょうけん座α星...ではなくおおぐま座ε星であり、次いでアンドロメダ座α星が明るい恒星となっている。このように変光星の代表となっている恒星は同タイプの変光星の中で最も明るくなっていることは少なく、絶対等級の極めて強い超巨星に見られるはくちょう座α星型の中で最も明るい恒星ははくちょう座α星(デネブ)ではなくリゲルであり、たて座δ型に至ってはプロトタイプとなっている恒星が4.70等とかなり暗い恒星となっている。

f:id:DS930810:20181107175103j:plain

 上表は代表的な変光型であり、その変光型の代表的な明るさはデネブ以外は大して明るく無いことが分かる。特にたて座δ型に至っては代表的な恒星の明るさがかなり暗いことが分かり、同タイプの中で最も明るいベガと比較しても非常に暗いことが分かる。

 ここまでは他のタイプの変光星について書いてきたがここからはりょうけん座α2型の恒星について書いて行きたいと思う。りょうけん座α2型変光星はスペクトル型がB8~A7までの比較的若い恒星が含まれており、最も表面温度の高いB8型にはアンドロメダ座α星, 最も表面温度の低いA7型にはやぎ座γ星が含まれている。

 そして、りょうけん座α2型は自転速度が遅いという特徴があり、実際にりょうけん座α2星も自転速度がスペクトル型に対してかなり遅くなっている。それに対してたて座δ型の恒星は自転速度の速い恒星が多く、ベガやアルタイルの自転速度は非常に速いものの何故かたて座δ星の自転速度は遅くなっている。

 また、このタイプの恒星の輝度は太陽の65~110倍当たりの恒星が多く、絶対等級の極端に強い恒星には見られることは無い。これはたて座δ型にも共通していることであり、この変光型に属している恒星にはたて座δ星以外にもベガやアルタイルがあるがこれらの恒星の絶対等級も強くはなく、大質量星には見られないタイプである。

 

 そして、コル・カロリにはもう一つ大きな特徴があり、それは二重星であることである。コル・カロリは二重星として非常に有名な恒星であり、先ほども書いたように明るいほうの恒星はりょうけん座α2星と呼ばれている。

 りょうけん座α2星はスペクトル型がAなので青白い恒星として見えるがα1星はF型の恒星なので白い恒星として観測される。そして、これらの恒星は一見すると連星のようにも見えるが実は連星ではなくたまたま同じ方角に見えるだけの恒星であり、両者に関係性は無いと考えられている。

 しかし、両者の距離は5.55光年と非常に近いためα1星からα2星を見ると非常に明るく見え、反対にα2星からα1星を見るとα2星ほどでは無いがかなり明るく見える。

f:id:DS930810:20181107184226j:plain

 α2星とα1星ではα1星のほうが若干距離が遠いものの絶対等級はα2星のほうが明るく、α1星の絶対等級はプロキオンよりも若干暗い程度である。

 このようにコル・カロリは一見すると連星の様にも見えるがたまたま同じ方向に恒星があるだけであり、実際には全く関係の無さそうな恒星が二つ見えるだけであるが両者の距離はかなり近くなっている。

2.2 太陽に最も近縁なβ星

 りょうけん座β星のカーラは10パーセク以内の恒星の中では最も太陽に似ている恒星であり、地球からの距離はベガよりも若干遠い程度とかなり近い。しかし、太陽とそっくりということは絶対等級が弱いことも意味しているため、りょうけん座β星も地球からの明るさはかなり暗いほうである。

 そのため、りょうけん座β星の視等級は4.24等とあまり明るくはなく、決して見やすい恒星では無いが太陽と近縁な恒星は極端に距離の近いリギル・ケンタウルス以外は大して明るくは無い。

 そして、ここからはりょうけん座β星と太陽の比較を行いたいと思う。りょうけん座β星の絶対等級は4.61等と太陽と比較すると若干明るいもののこの明るさは10パーセク以内では太陽に最も近い値となっている。更にりょうけん座β星は年齢も太陽とかなり似ており、太陽よりも若干高齢な程度である。

f:id:DS930810:20181107181232j:plain

 りょうけん座β星は太陽に非常によく似た恒星であり、上表を見れば分かるように地球からの距離を除けば絶対等級, スペクトル型(表面温度), 年齢の全てにおいて非常に近くなっている。

 そのため、仮にりょうけん座β星から1.65~1.70億キロメートル先に地球によく似た惑星があった場合はその惑星に生命体が存在している可能性も十分あると考えられる。このことよりりょうけん座β星は地球外生命探査において最も重要な恒星とされており、非常に注目度の高い恒星と言える。

 ちなみにりょうけん座β星の近くには太陽に非常によく似たかみのけ座β星が位置しており、更にこれらの恒星は非常に近い位置にあるため、りょうけん座β星からかみのけ座β星を、かみのけ座β星からりょうけん座β星を見た時の明るさは比較的明るく見える。

f:id:DS930810:20181107182036j:plain

 りょうけん座β星とかみのけ座β星の位置関係は上図のようになっており、両恒星が非常に近いことが分かる。更にこれらの恒星は地球から見た近さだけではなく物理的にも近く、実際に両恒星間の距離は8.077光年しか離れていない。

 この距離は太陽-リギル・ケンタウルス間よりかは遠いものの太陽-シリウス間よりかは若干近く、実際にかみのけ座β星からりょうけん座β星を見た時の明るさは1.57等と若干1等星の明るさには足りないもののりょうけん座β星からかみのけ座β星を見た時の明るさは1.39等と1等星として観測することが出来る。

 また、りょうけん座β星から最も明るく見える恒星はアルクトゥルスであり、りょうけん座β星とアルクトゥルスとの距離は19.32光年しか離れていない。そのため、りょうけん座β星から見たアルクトゥルスの明るさはマイナス1.44等とシリウスに匹敵するほどの明るさである。

 このようにりょうけん座には春のダイヤモンドに含まれる恒星と太陽と最も近縁な恒星が含まれており、かみのけ座と同様に星座としては余り面白みは無いが個々の恒星を見てみるとかなり興味深い星座である。

 以上、りょうけん座についてでした。

 

関連記事

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com