DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

地味だが明るい恒星の多いおおかみ座 さそり座との関係も大きく...

 今回はおおかみ座について書いて行きたいと思う。

目次

1. おおかみ座

1.1 おおかみ座の知名度

 全天には88もの星座があり、その中でも知名度の低い星座と高い星座がある。そして、知名度の高い星座には黄道十二星座や明るい星が多いおおいぬ座, オリオン座などがあり、いずれも日本から観測しやすい星座である。

 しかし、南天の星座は日本から観測されにくいこともあり、全体的に知名度が低く、明るい恒星を含む星座でさえかなり知名度の低い星座もある。例えばりゅうこつ座は全天で二番目に明るいカノープスを含んでいるが日本での知名度はそこまで高くは無く、ケンタウルス座に至っては0等星が1つ, 1等星が1つの計2つの1等星以上の恒星があるにも関わらず知名度は低い。

 そして、今回紹介するおおかみ座は1等星が含まれておらず、最も明るい恒星でも2.3等程度であるため、更に知名度が低く、日本人にはなじみのない星座であるが実は絶対等級の強い恒星が数多く含まれている星座である。

 また、ここからはおおかみ座の位置と恒星について書いて行きたいと思う。

1.2 おおかみ座の恒星と場所

 おおかみ座は先ほども書いたように最も明るい恒星でも2.3等星で特に目立つ星座でないようにも思われるが実は2等星以上の恒星を一つ以上含んでいる星座は珍しく、おおかみ座はその2等星以上の恒星を含んでいる星座である。ちなみに黄道十二星座でも2等星以上の恒星を含んでいるものは半数程度である。

 更におおかみ座には3等星以上の恒星が7つもあり、それらの恒星は全星座の中でもギリシャ文字順に明るくなっており、α星が最も明るく, 次いでβ, γ, δ, ε, ζ, ηの順になっている。

 そのため、おおかみ座は全星座の中でも非常に, というよりも唯一1位から7位までの恒星がギリシャ文字順になっている星座であり、唯一ギリシャ文字に従っている星座とも言える。ちなみに明るい恒星が7つある星座で有名なものとしてはオリオン座とおおぐま座があるがこれらの星座のギリシャ文字はバラバラになっている。

f:id:DS930810:20181027160432j:plain

 おおかみ座は1~7番目までの明るさの恒星が順番通りになっているがオリオン座で順番通りになっている恒星はγ星しか無く、おおぐま座に至っては順番通りになっている恒星が無い。それどころかおおぐま座で7番目に明るい恒星はψ星であり、ψは23番目のギリシャ文字であるため、ギリシャ文字に全く従っていないことが分かる。

 更にこれらの恒星はとある恒星は遠すぎ, とある恒星は近すぎて関連性は無いと考えられているが残りの5つの恒星は地球からの距離が似通っており、関連性の高い恒星であると考えられている。

 その理由はおおかみ座の恒星は同じ場所で生まれたものが多く、これはさそり座, ケンタウルス座の領域まで広がっている。例えばさそり座のアンタレスやケンタウルス座のハダル, 南十字座のα, β星なども同じ領域で生まれている。更に遠く離れたカノープスもこの領域で生まれた恒星であると考えられており、これらの領域はケンタウルス-さそりOBアソシエーションと呼ばれている。

 このアソシエーションに属している星座はさそり座, おおかみ座, 南十字座, ケンタウルス座であり、もしカノープスが含まれているならばりゅうこつ座にも含まれていることになる(少し領域から外れるがへびつかい座θ星もこのアソシエーションに属している)。

 そのため、おおかみ座はさそり座とケンタウルス座に挟まれており、おおかみ座は下図の位置にある。

f:id:DS930810:20181027163217j:plain

 おおかみ座はさそり座とケンタウルス座以外にもじょうぎ座, てんびん座に接しており、ここでは書いていないが南のほうではコンパス座とも接している。

2. おおかみ座の恒星の明るさ

2.1 絶対等級の強い恒星の多い星座

 おおかみ座は比較的明るい星座ではあるが極端に明るい恒星は無く、最も明るいα星の明るさは2.30等と北極星よりも暗い。しかし、おおかみ座α星は非常に明るい恒星であり、地球からの距離が465光年とかなり遠くにあるため、暗く見えるだけである。

 おおかみ座α星は恒星で言うとスピカに似ており、変光型もスピカと同じタイプを示している。そのため、おおかみ座α星は質量が大きく, 表面温度も高い強力な恒星であり、将来的には超新星爆発を起こし、一生を終えると考えられている。

 そして、α星以外にも明るい恒星が比較的多く、η星までの7恒星が3等星以内に収まっており、下表におおかみ座の恒星をリスト化していく。

f:id:DS930810:20181027164253j:plain

 おおかみ座の恒星は前述したようにギリシャ文字順の明るさになっており、最も暗いη星もギリギリではあるが3等星である。

 そして、距離が遠いδ星と距離が近いζ星以外は地球からの距離が似通っており、この二つ以外の恒星は全て450光年前後に位置している。しかし、この中で最も距離に近いζ星は他の恒星との共通点が全くと言っても無く、更に絶対等級も表面温度も他の恒星とは比較にならないほど低く、スペクトル型がG8なので太陽よりも低いほどである(スペクトル型は温度が高い順にOBAFGKMとなっており、同じスペクトル型だと数字が小さいほど熱い)。

 そのため、ζ星は単純におおかみ座の他の恒星とたまたま同じ方向に見えるだけの暗い恒星であり、これはケンタウルス座α星や南十字座γ星と似ている。

 その一方でδ星は他の恒星と比較してもかなり遠くに位置しており、その距離は900光年近くとリゲルの距離(863光年)よりも遠いほどである。そのため、δ星の絶対等級は他の恒星と比較しても強めであり、マイナス4等に匹敵するほどの光度を有している。

 このことよりδ星も明るい恒星が同じ方向に見えているだけであり、こちらはζ星とは裏腹に遠くに位置しているが表面温度は高く、他の恒星と同じようにスペクトル型がB1~B2となっている。このスペクトル型は全恒星の中でも非常に高いほうであり、23,000 Kほどと太陽の4倍程度の表面温度である。

 このようにおおかみ座の恒星は近くに位置しているζ星以外は表面温度が20,000 Kを超えるような非常に高温な星であり、更にα, β, γ, ε, η星は同じ領域で生まれている恒星である。

2.2 スピカに非常によく似たおおかみ座α星

 おおかみ座の恒星は高温で明るい恒星が非常に多く、これらの恒星の内いくつかの恒星はスピカに似た恒星である。スピカはおとめ座のα星であり、ケフェウス座β型と呼ばれる変光星に属している。ケフェウス座β星はその名の通り、ケフェウス座β星と言う恒星の変光型であり、この恒星もスピカに似た恒星である。

 そして、ケフェウス座β型の恒星は非常に多くの恒星が属しており、絶対等級はマイナス2.2~マイナス5等程度とかなり幅が広い。この変光型に属している恒星にはスピカやケフェウス座β星以外にはケンタウルス座β星(ハダル)や南十字座β星, さそり座λ星(シャウラ)などがあり、おおかみ座α星もこの変光型に属している。

 また、おおかみ座の恒星でケフェウス座β星型の恒星はα星以外にもβ, δ星があり、少し暗めのι星もこの変光星である。

 その中でもスピカに似ている, つまり絶対等級がマイナス3.5等前後の恒星はα星のみであり、他の恒星はβ星が暗めでδ星が若干明るめとなっている。

f:id:DS930810:20181027171227j:plain

 上図は少しわかりずらいが4.0等星までの早期B型(スペクトル型がB2~B0)の恒星を分類分けした図であり、左側は絶対等級がマイナス3.5等前後だがケフェウス座β型では無い恒星, 右側はそれよりも明るい(赤色)か暗い(青色)のケフェウス座β型変光星, そして、真ん中は絶対等級がマイナス3.5等前後であるかつケフェウス座β星型である恒星を示している。

 つまり、真ん中に位置している恒星がスピカ(Spica)に似た恒星であり、おおかみ座α星(α Lup)以外にもケンタウルス座ε星(ε Cen), ケフェウス座β星(β Cep), らしんばん座α星(α Pyx), さそり座κ星(κ Sco), 南十字座β星(β Cru)が含まれている。そして、これらの恒星はスピカに似ていると同時におおかみ座α星にも似ていることも意味しており、これらの恒星のデータは以下の表のようになっている。

f:id:DS930810:20181027172525j:plain

 おおかみ座α星に非常によく似た恒星は4.0等星よりも明るい恒星の中にもこれほど多く含まれており、これらの恒星は地球からの距離が違うだけで表面温度, 絶対等級, 変光型がほぼ同じとなっている。

 また、ケフェウス座β星型では無いがさそり座のレサト(Lesath)も表面温度や絶対等級はおおかみ座α星に似ており、その絶対等級はマイナス3.54等と若干明るい。

 このようにおおかみ座α星に非常によく似た恒星はかなり多く、おおかみ座α星が普通の恒星のようにも思えるがおおかみ座α星は全恒星の中でもトップクラスに明るい恒星であり、更に肉眼で見える恒星の中でもかなり明るい部類に入っている。

 そのため、おおかみ座α星は絶対等級が強いから明るく見えるだけであり、これほどの規模の恒星は非常に珍しい部類に入る。

 以上、おおかみ座についてでした。

 

関連記事

おおかみ座α星に似た恒星

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com