DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

世界最大の淡水湖群 アメリカ五大湖 前編

 今回は北アメリカ大陸に位置している五大湖について書いて行きたいと思うが長くなるため、前編と後編に分けて書いて行きたいと思う。

1. 五大湖

1.1 五大湖とは

 五大湖とは北アメリカ大陸中東部に位置している巨大な湖群のことであり、その名の通り、5つの湖により構成されている。

 そして、これらの湖はいずれも非常に広大な淡水湖となっている。そのため、これらの湖は淡水湖の中では最も大きな湖となっており、特に一番広いスペリオル湖(Lake Superior)は世界最大の淡水湖であるかつ世界で2番目に大きな湖である。

 また、スペリオル湖に次いで広大なヒューロン湖(Lake Huron), ミシガン湖(Lake Michigan)も非常に広大な面積を有しており、ヴィクトリア湖には及ばないもののバイカル湖よりも面積が広く、世界で4番目, 及び5番目に広大な湖である。

 このように五大湖は世界的に見ても非常に広大な湖であり、個々の湖をとっても半分以上がバイカル湖の面積を優に上回っている。

 しかし、貯水量は非常に多いもののバイカル湖やタンガニーカ湖と比較すると水深がそこまで深くは無いため、これらの湖と比較するとそこまで多くは無く、全ての湖の貯水量を合計してもバイカル湖にわずかに及ばないほどである。

 それでも貯水量が多いことには変わりは無く、五大湖の貯水量を合計すると世界の淡水の内20%ぐらいは五大湖に含まれているほどである。

 このように五大湖は貯水量が非常に多い上に面積は淡水湖の中では世界最大となっている。そのため、五大湖の英名はファイヴ・レイクス(Five Lakes)では無く、グレート・レイクス(Great Lakes)と呼ばれており、「偉大なる湖」「巨大な湖」「大いなる湖」のような意図であると推測できる。

1.2 五大湖の気候

 五大湖は面積の広大さのほうが目立つものの実は五大湖の周辺部は意外に寒く、湖が凍結するほどである。五大湖の緯度は北緯42~50°程度とかなり高く、この緯度は北海道から南樺太と同じぐらいである。

 その上、五大湖周辺部は内陸性の気候であるため、冬場の気温がかなり下がり、気候で言うと温帯(C)では無く冷帯(D)に属している。そのため、五大湖の周辺部は北海道かそれ以上に寒くなっており、想像以上に過酷な気候であることが分かる。

 更に五大湖の周辺部は非常に風が強く、頻繁にブリザードが吹き荒れており、世界的に見ても有数の豪雪地帯となっており、これは北陸地方の豪雪地帯と似ている。しかし、北陸地方はそこまで気温が低くはならず、温暖湿潤気候(Cfa)に属しているが五大湖周辺部は冷帯湿潤気候(Df)に属しているため、冬場の寒さはこちらのほうが上回っており、むしろ札幌の気候に近いかそれ以上に過酷なものとなっている。

 このように五大湖周辺部は気温も低い上に風も強いため、過酷な気候となっているがこのことについては次章で書いて行きたいと思う。

2. 五大湖一覧

2.1 世界最大の淡水湖、スペリオル湖

2.1.1 スペリオル湖の大きさ

 スペリオル湖は五大湖の中で最も大きな湖であり、五大湖はおろか世界で最も広い淡水湖である。つまり、スペリオル湖はアフリカで最も広大なヴィクトリア湖よりも広く、更にヴィクトリア湖の面積を1万㎢以上も上回るほどである。

 スペリオル湖の面積は82,100 ㎢と非常に広大であり、この面積は北海道本島(77,984 ㎢)や樺太島(76,400 ㎢)をも上回っている。そのため、スペリオル湖は北アメリカの湖の中では最も広大な湖であり、カスピ海以外の湖でスペリオル湖を上回っている湖が無いほどである。

 しかし、カスピ海と比較するとかなり狭く、カスピ海の面積は日本の国土面積に匹敵するほどである。そのため、スペリオル湖はカスピ海の22%の面積しか有しておらず、1位と大差をつけられていることが分かる。

 それでも前述したとおり、ヴィクトリア湖と比較するとかなり広く、ヴィクトリア湖の1.2倍近くの面積を有しているほどである。

 このようにスペリオル湖はカスピ海には大きく及ばないもののヴィクトリア湖と比較するとかなり広く、世界最大の湖の名が伊達で無いことが分かる。

 では、世界最大の淡水湖, スペリオルの水深はどれほどなのだろうか?

 スペリオル湖は水深の面でも五大湖最大であり、平均水深は147 m, 最大水深は406 mとかなり深く、この深さは日本最深の湖である田沢湖に匹敵するほどの深さである。田沢湖の最大水深は423 mとスペリオル湖と比較してもほんの少し深いぐらいであり、スペリオル湖の最大水深がかなり深いことが分かる(平均水深は田沢湖のほうが2倍近くもあるが)。

 このようにスペリオル湖は面積だけではなく、水深も非常に深いので貯水量は12,000 ㎦と五大湖の半分以上も占めており、この貯水量はカスピ海, バイカル湖, タンガニーカ湖に次ぐほどである。

f:id:DS930810:20181008234245j:plain

 世界で最も貯水量の多い湖はカスピ海であるがこの理由は単純にカスピ海の面積が広いからである。しかし、カスピ海は面積だけではなく、水深もかなり深いため、最も水深の深いバイカル湖の貯水量の3倍以上もあり、バイカル湖+タンガニーカ湖+スペリオル湖の貯水量の合計値を上回っている。

 そして、バイカル湖とタンガニーカ湖は面積こそスペリオル湖の半分未満であるが水深が非常に深いため、結果としてスペリオル湖の貯水量を軽々と上回っている。どれほどかと言うとバイカル湖はスペリオル湖の2倍近く、タンガニーカ湖は1.5倍以上であり、この貯水量は言うまでも無くアジア, およびアフリカ最大のものとなっている(カスピ海はヨーロッパにまたがっているため、純粋なアジアの湖では無く、純粋なアジアの湖としてはバイカル湖が最も貯水量が多い)。

2,1,2 スペリオル湖の気候

 スペリオル湖は五大湖の中で面積, 深さ共に一番であるが緯度も最も高く、どれほど緯度が高いかと言うと南樺太と同じぐらいであり、北海道よりも北に位置している。

 そのため、スペリオル湖は寒さの面でも一番となっており、スペリオル湖の周辺部の気候は北海道をはるかに下回るほどである。スペリオル湖の周辺部の都市にはサンダーベイ(Thunder Bay)などがあり、サンダーベイはカナダのオンタリオ州の都市である。

 サンダーベイは北海道よりも緯度が高く、フランスのパリよりも若干低い所に位置しているが非常に寒い。どれほど寒いかと言うと日本で最も寒い陸別町よりも気温が低く、シベリアの主要都市と大差がないほどの気候となっている。

f:id:DS930810:20181009000220j:plain

 サンダーベイの最寒月の平均気温はマイナス14.3 ℃と非常に低く、平均最低気温に至ってはマイナス20 ℃を下回るほどである。そして、年平均気温も2.7 ℃と非常に低く、この気温は世界で二番目に寒い首都であるカザフスタンのアスタナよりも低い。

 しかし、バイカル湖と比較するとまだ穏やかな気候であり、バイカル湖の近くに位置しているイルクーツク(最寒月の平均気温: マイナス17.8 ℃, 年平均気温: 1.0 ℃)と比較すると温暖であることが分かる。

 また、降水量もイルクーツクと比較するとかなり多く(夏場はイルクーツクのほうが多いが)、イルクーツクは冬場の降水量が極端に少ない冷帯冬季州気候(Dwb)に属しているのに対し、サンダーベイは冷帯湿潤気候(Dfb)に属している。

 このようにスペリオル湖の周辺部は極寒地となっており、非常に過酷であるがバイカル湖や更に北に位置しているウィニペグ湖, スレートスレーブ湖, グレートベア湖と比較するとまだ穏やかなほうと言える。

2.2 五大湖の二番手、ヒューロン湖

2.2.1 ヒューロン湖の大きさ

 次に五大湖の中で二番目に広大なヒューロン湖について書いて行きたいと思う。ヒューロン湖はスペリオル湖に次いで広大な湖であり、ヴィクトリア湖よりかは狭いもののバイカル湖よりかははるかに広く、世界で4番目に広い湖である。

 ヒューロン湖の面積は59,588 ㎢とスペリオル湖の72.6%ほどであり、僅差でミシガン湖よりも広いものの水深がミシガン湖よりも浅いため、貯水量はミシガン湖を下回っており、五大湖の中では三番目となっている。

 では、どれほどの深さかと言うと平均水深が59 m, 最大水深が229 mとスペリオル湖に比べてだいぶ浅く、特に平均水深に至ってはスペリオル湖の半分にも満たないほどである。

 そのため、ヒューロン湖の貯水量は3,543 ㎦とスペリオル湖の30%を若干下回る程度しか無く、水量に関してはそこまで多くはないもののヴィクトリア湖よりかは貯水量は多く、琵琶湖の100倍以上はある(ヴィクトリア湖の貯水量は琵琶湖の約100倍)。

 以上のことより、ヒューロン湖は面積こそ広いものの水深はそこまで深くは無いため、面積的に言うとバイカル湖の二倍近くもあるが貯水量はバイカル湖の6.7分の1程度しかない。

2.2.2 ヒューロン湖の気候

 ヒューロン湖はスペリオル湖の南東部に位置しているため、スペリオル湖に比べると温暖な気候であるがそれでも寒冷地であることには変わりは無く、南部でも札幌程度の気温しかない。

 ヒューロン湖の周辺部にはポート・ヒューロン(Port Huron)と言う町があり、ポート・ヒューロンはヒューロン湖の南に位置している。

f:id:DS930810:20181009003548j:plain

 ポート・ヒューロンは札幌市とよく似た気候をしており、緯度も札幌市とほぼ同じである。そして、サンダーベイと比較すると気温はかなり高くなっており、最寒月の平均気温は10 ℃も高く、最暖月の平均気温も22 ℃を若干上回っているため、冷帯湿潤気候の中でもDfb気候では無くDfa気候に分類されている。

 しかし、ポート・ヒューロンはヒューロン湖の南端に位置しているため、他のヒューロン湖畔の町と比較すると気温は高めであり、他の町の気温はポート・ヒューロンよりかは低いがサンダーベイと比べるとかなり温暖である。

 このようにヒューロン湖の気候は冷帯ではあるもののそこまで冷え込みが強いわけでは無く、全体的に見てもスペリオル湖よりかは温暖である。

2.3 唯一アメリカだけのミシガン湖

2.3.1 ミシガン湖の大きさ

 ミシガン湖は五大湖の中で二番目に貯水量の多い湖であり、面積で言うとヒューロン湖をわずかに下回っているが水深が深いため、貯水量ではヒューロン湖を上回っている。

 ミシガン湖の平均水深は85m, 最大水深は281 mとヒューロン湖よりも少し深く、貯水量も4,900 ㎦とヒューロン湖の1.4倍近くもある。そのため、面積は58,030 ㎦と僅差で下回っているもののそれ以上に水深が深いため、貯水量は意外なほど多くなっている。

 しかし、五大湖で最も貯水量の多いスペリオル湖の半分も無く、スペリオル湖の貯水量の多さが伺える。

 また、ミシガン湖は五大湖の中では唯一カナダにまたがっていない湖であり、全域がアメリカ合衆国に入っている。そのため、ミシガン湖は純粋なアメリカ合衆国の湖の中では最大であり、世界的に見ても五番目に広い湖である。

2.3.2 ミシガン湖の気候

 ミシガン湖はスペリオル湖の南部に位置しているため、気候はスペリオル湖に比べると穏やかであり、これはヒューロン湖にも言えることである。

 そして、ミシガン湖の湖畔には非常に有名な大都市であるシカゴ(Chicago)が位置しており、シカゴはアメリカ合衆国の中でも有数の巨大都市である。

 また、シカゴはミシガン湖の南部に位置しているため、冷帯ではあるものの年平均気温は10 ℃を上回っており、最も温暖な冷帯と言える場所である。

f:id:DS930810:20181009010116j:plain

 シカゴは冷帯ではあるものの最寒月の平均気温もマイナス4 ℃と冷帯の中では最も温暖であり、更に年平均気温も10 ℃を上回っている。その上、最暖月の平均気温は24.4 ℃と冷帯とは思えないほど高く、最高気温の平均は30 ℃近くにも達するため、夏の気温は日本の夏に匹敵するほどの気温となる。

 そのため、シカゴは冷帯でありながら暑い夏があり、先ほどは温暖と書いたもののそれはあくまで冷帯の中ではの話であるため冬の気温はかなり低く、寒さ対策と暑さ対策の両方を行わなければならない気候である。

 このことよりシカゴの気候は決して過ごしやすいわけでは無く、暑さと寒さの両方があるため、過酷な気候と言える。

 また、シカゴはミシガン湖のほぼ南端であるため、北に行けば夏の暑さは和らぐものの反対に冬は過酷となるため、寒さ対策のほうを重視しなければならなくなる。

 以上のことより、ミシガン湖もヒューロン湖と同様にスペリオル湖と比較すると温暖ではあるが南端近くでも冷帯であるため、寒冷地であることには変わりはない。

 ここまではバイカル湖よりも広い湖について書いてきたがこれ以上書くと長すぎりため、残り2つは次章で書いて行きたいと思う。

 

参考文献

湖のデータ

Lake Superior Wikipedia (スペリオル湖のデータ)

https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Superior

Lake Huron Wikipedia (ヒューロン湖のデータ)

https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Huron

Lake Michigan Wikipedia (ミシガン湖のデータ)

https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Michigan

Caspian Sea Wikipedia (カスピ海のデータ)

https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Superior

Lake Baikal Wikipedia (バイカル湖のデータ)

https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Baikal

Lake Tanganyika Wikipedia (タンガニーカ湖のデータ)

https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Tanganyika

都市のデータ

Thunder Bay Wikipedia 2.1 Climate (サンダーベイの雨温図)

https://en.wikipedia.org/wiki/Thunder_Bay#Climate

Port Huron, Michigan 2.1 Climate (ポート・ヒューロンの雨温図)

https://en.wikipedia.org/wiki/Port_Huron,_Michigan

Chicago Wikipedia 2.6 Climate (シカゴの雨温図)

https://en.wikipedia.org/wiki/Chicago

 

関連記事

他の湖

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com

湖の周辺都市

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com