DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

ヨーロッパ最大の湖ラドガ しかし貯水量はと言うと...

 今回はヨーロッパ最大の湖であるラドガ湖について書いて行きたいと思う。

目次

1. ラドガ湖

1.1 ラドガ湖とは

 ラドガ湖(Lake Ladoga)とはヨーロッパで最も面積の広い湖であり、ロシアのヨーロッパ部に位置している。そしてラドガ湖はロシアの中でもフィンランドの国境近くに位置している湖であり、フィンランドは湖が非常に多い国で有名である。

 そのため、一見湖が少なそうに見えるヨーロッパにも北欧部分には湖が数多く存在しており、ヨーロッパで二番目に面積に広いオネガ湖(Lake Onega)もラドガ湖のすぐ近くに位置しており、ヨーロッパの湖の中で上位の面積に入るものは全て北部に位置している。

 このように面積の小さいヨーロッパにも大きな湖は存在しており、その中でもラドガ湖は最大の面積を誇っている。ラドガ湖の面積は17,700 ㎢と世界で14番目に大きく、この面積はカザフスタンにある淡水と海水が東西で分断されているバルハシ湖の面積をわずかに上回っているほどである。

 そして、ラドガ湖は平均水深が51 m, 最大水深が239 mとそこまで深くは無いが面積が非常に広大であるため、貯水量は837 ㎦と比較的多く、この貯水量は琵琶湖の30倍を若干上回るほどである。この貯水量はヨーロッパの湖の中では最大であり、このことからラドガ湖は面積, 貯水量の両面でヨーロッパ最大の湖となっている。

 ちなみにバイカル湖も同じロシアの湖であるがこちらはシベリア, つまり北アジアに属しているため、ヨーロッパの湖では無くアジアの湖である。

1.2 ラドガ湖の周辺の都市

 ラドガ湖はフィンランドの国境近くに位置しているため緯度がかなり高く、北緯61°と北極圏にかなり近く、バイカル湖と比較してもかなり高い。そして、ラドガ湖の近くにはロシア第二の都市であるサンクトペテルブルク(Saint Petersburg)が位置しており、実際にサンクトペテルブルクの重要な水源となっている。

 サンクトペテルブルクは2017年時点で5,323,300人もの人口を有しており、第一の都市である首都モスクワと比較すると少ないものの第三の都市であるノヴォシビルスクと比較するとかなり多く、ノヴォシビルスクの3倍以上の人口を有している。

 また、サンクトペテルブルクは人口の多い割にはかなり北に位置しており、シベリアの主要都市と比較しても北部に位置している。シベリアの主要都市の中でサンクトペテルブルクよりも北に位置している都市はヤクーツクぐらいであり、ヤクーツクは世界で最も冬の寒い都市として知られている。

 このように書くとサンクトペテルブルクの冬も寒そうに思えるが意外にもサンクトペテルブルクはそこまで気温が低くはならず、シベリア(北アジア)のどの地域よりも気温が高いほどである。

 サンクトペテルブルクは最寒月の平均気温がマイナス5.8 ℃, 年平均気温が5.8 ℃と緯度の割にはそこまで冷え込まず、北アジアの中で最も温暖な都市であるナホトカ(最寒月の平均気温がマイナス9.3 ℃)と比較してもかなり気温が高く、更にナホトカはサンクトペテルブルクよりもはるかに南に位置しているほどである。

f:id:DS930810:20181005090547j:plain

 サンクトペテルブルクは緯度の割にはそこまで冷え込みが強くなく、更に年較差も比較的小さくなっている。そして、平均気温がマイナスの月も4カ月しかない上に10 ℃以上の月も5か月と多い。

 また、降水量も比較的多く、更に降水量の月別による偏りも小さくなっており、明らかに北アジアの気候とは異なっている。

 この理由はサンクトペテルブルクが地理的に見てヨーロッパに位置しているからである。ヨーロッパはユーラシア大陸の西側に位置しており、偏西風の関係から海洋性の気候となっているため、冬場になってもそこまで冷え込みは強くは無い。

 それとは反対にアジアは東側に位置しているため、偏西風の影響を受けづらく、結果として内陸性が強くなるため、年較差の激しい過酷な気候となるのである。

 そのため、サンクトペテルブルクはロシアに位置しており、ロシアと言うとシベリアの極寒を連想するがサンクトペテルブルクは北欧の気候をしているため、そこまで過酷ではない。

↓ 北欧の記事

www.rigelultragiant.com

2. バイカル湖との比較

2.1 面積と水深

 ここからはロシア最大の湖であるバイカル湖と比較していきたいと思う。バイカル湖はロシアで最も面積に広い湖であり、世界的に見ても7番目に広い。しかし、バイカル湖はラドガ湖とは違いシベリアに位置しているためアジアの湖である。

 そして、バイカル湖はアジアの湖の中では最大の面積を誇っており、ヨーロッパで最大の面積を誇るラドガ湖とは対をなしているとも言える。ここでアジアの湖で最大のものはカスピ海のようにも思えるがカスピ海はアジアとヨーロッパにまたがっている湖であるため、純粋なアジアの湖とは言えず、アラル海は現状が悲惨であるため、結果としてバイカル湖がアジア最大の湖となる。

 しかし、バイカル湖とラドガ湖では決定的な違いがあり、その違いとは水深である。ラドガ湖は先ほども書いたように水深はそこまで深くは無いがバイカル湖の水深は非常に深く、世界で最も深い湖である。そのため、バイカル湖とラドガ湖では貯水量が大きく異なり、その違いに関しては以下の表に示す。

f:id:DS930810:20181005093045j:plain

 バイカル湖とラドガ湖は面積で言うと2倍も違わないが平均水深が10倍以上も違うため、貯水量はバイカル湖のほうが28.2倍も多い。

 また、バイカル湖はカスピ海に次ぐ世界で二番目に貯水量の多い湖であり、淡水湖の中では最も貯水量が多いほどである。そのため、ラドガ湖の貯水量が少ないわけでは無く、バイカル湖の貯水量が多すぎるだけであり、ラドガ湖の貯水量は面積がほぼ同じであるバルハシ湖と比較するとかなり多く、そこまで少なくは無い。

 ちなみにラドガ湖の貯水量を立方体で表すと一辺当たり9.42 ㎞とかなり大きいもののバイカル湖と比較するとそこまで大きくは無く、バイカル湖の場合は一辺の長さが28.7 ㎞と非常に大きくなる。

f:id:DS930810:20181005094039j:plain

 このようにバイカル湖の貯水量は極めて大きく、28.7 ㎞と言うとフルマラソンの距離の3分の2程度もあるほどである。

2.2 気候の比較

 バイカル湖は冬になると湖が全面凍結し、その期間は半年にも及ぶほど気温が低くなるが緯度的に見るとラドガ湖よりもかなり低く、グレートブリテン島と同等か少し低いぐらいである。

 この理由は先ほども書いたようにバイカル湖は内陸性の気候をしており、海からの距離が極端に遠いからである。そのため、バイカル湖は年較差が非常に大きく、その年較差は40 ℃近くにも及ぶほどである。

 その一方でラドガ湖はそこまで内陸性が強く無いため、凍結はするもののバイカル湖と比較しても冬はそこまで寒くは無く、先ほども書いたようにラドガ湖の近くに位置しているサンクトペテルブルクの冬の気温ははるかに緯度の低い北海道程度となっている。

 では、ここからはバイカル湖とラドガ湖の周辺都市の比較を行いたいと思う。バイカル湖の周辺部で最も発展している都市はイルクーツク(Irkutsk)であり、イルクーツクの人口は60万人程度とシベリアの中では最大級である。

 そして、イルクーツクは冬場になると極端に気温が下がり、更に降水量にも大きな偏りがある内陸性の気候をしているため、サンクトペテルブルクとは環境が大きく異なっている。

f:id:DS930810:20181005100439j:plain

 イルクーツクとサンクトペテルブルクでは気候が全く異なっており、イルクーツクは夏の気温はサンクトペテルブルクと大差は無いが冬になると気温が非常に下がり、そのため年平均気温もイルクーツクのほうが4.8 ℃も低い。

 また、降水量も大きく異なっており、イルクーツクは夏場の降水は多いが冬場になると降水量が非常に少なくなり、この原因はユーラシア大陸と言う超巨大な大陸の内陸部に位置しているからである。イルクーツクは大陸の中心に位置しているため、冬になると気温が非常に低下し、このことが原因で高気圧が発生する。

 そのため、イルクーツクの冬の降水量は夏と比較すると非常に少なくなり、このような気候は冷帯冬季少雨気候(Dw)と呼ばれている。

 その一方でサンクトペテルブルクの降水量は偏りが小さく、このような気候は冷帯湿潤気候(Df)と呼ばれ、降水量も冬季少雨気候と比較すると多めになっている。

 このようにラドガ湖周辺(サンクトペテルブルク)とバイカル湖周辺(イルクーツク)では気候が大きく異なっており、バイカル湖のほうがより過酷なものとなっているがバイカル湖のほうがはるかに緯度が低く、緯度よりも地形の影響が大きいと言える。

 以上のことよりアジア最大の湖であるバイカル湖とヨーロッパ最大の湖であるラドガ湖では水深以外にも気候も大きく異なっており、ラドガ湖のほうが高緯度であるが気候は温暖であることが分かる。

 以上、ラドガ湖についてでした。

 

参考文献

Saint Petersburg Wikipedia 3.1 Climate (サンクトペテルブルクの雨温図)

https://en.wikipedia.org/wiki/Saint_Petersburg

Irkutsk Wikipedia 3.1 Climate (イルクーツクの気温, 降水量)

https://en.wikipedia.org/wiki/Irkutsk

Lake Ladoga (ラドガ湖のデータ)

https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Ladoga

Lake Baikal (バイカル湖のデータ)

https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Baikal

 

関連記事

世界の湖

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com

イルクーツク(バイカル湖周辺の都市)

www.rigelultragiant.com