DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

アジアで最も東に位置している国はどこなのか?

 今回はアジアで最も東に位置している国がどこであるかについて書いて行きたいと思う。

目次

1. アジア

1.1 アジアの南北と気候

 アジアとはユーラシア大陸の東の大州のことであり、世界の大州の中では最も広く、そして人口も多い。特に人口に至っては世界人口の半分以上も占めており、人口密度も比較的多くなっている。

 しかし、人口は地域によって大きな偏りがあり、日本も含めた東アジアは非常に人口が多いものの反対にシベリア地域である北アジアの人口は非常に少なく、世界で最も過疎な地域となっている。その理由は北アジアの気候が過酷だからであり、南極を除いた寒極も北アジアに位置しているほどである。

 けれどもアジアは非常に広大な地域であるため、日本のように居住に適した地域では人口密度が非常に多くなっており、アジアの気候は非常に多様となっている。どれほど多様化と言うとアジアは北アメリカと並んで熱帯から寒帯までの全ての気候を内包しており、アフリカには冷帯, 寒帯(高山を除く)、南アメリカには冷帯、オセアニアには冷帯, 寒帯、ヨーロッパには熱帯が含まれていない。

 この理由はアジアの緯度が南緯11°~北緯82°までの広範囲に渡って広がっており、南北に非常に広いからである。そして、他の州はそこまで範囲は広くは無く、アフリカやオーストラリアは緯度が低いため寒冷地が存在しておらず、南アメリカは高緯度側にも土地が広がっているが海洋性の気候の影響で年較差が非常に小さくなっているため冷帯が無く、ヨーロッパは逆に緯度が高いため、熱帯が存在していない形となっている。

 また、北アメリカは南北に長いため、アジアと同様に全ての気候区が存在するがアジア(ユーラシア)ほど大陸が大きく無いため、冬場になると極端に冷え込むDd気候が存在していないなどの違いがあり、アジアほど気候は多様ではない。

 ここまではアジアの南北の長さと気候について書いてきたが次はアジアの東西について書いて行きたいと思う。

1.2 アジアの東西

 ここからはアジアの東西方向について書いて行きたいと思うが初めにユーラシアについて書いて行きたいと思う。ユーラシア大陸は世界最大の大陸であり、二番目に広い大陸であるアフリカと比較してもかなり広い。

 そして、ユーラシア大陸は南北方向の長さはアフリカ大陸と大差は無いがアフリカとは違い、赤道付近が南端となっているため最北端の緯度は非常に高くなっている。

 また、ユーラシア大陸の特徴としては東西方向が非常に長いことであり、西端の経度は西経に入っており、実を言うと東端の経度も西経に入っているほどである。そのため、ユーラシアは東経の全ての範囲に内包されており、更にそこからはみ出すほどの広がりがある。

 そして、ユーラシア(Eurasia)の語源はヨーロッパ(Europe)+アジア(Asia)であり、アジアはユーラシアの東に位置している地域のことを指す(ここでのユーラシアは大陸では無く州のことであるため、日本も含む)。

 つまり、アジアとはユーラシア大陸の東側の地域のことを指しているわけであり、「アジアの東端=ユーラシアの東端」ということになる。また、アジアは6つの地域に細分化されており、西アジア, 中央アジア, 南アジア, 東アジア, 東南アジア, 北アジアに細分化されている。

 この中で最も西に位置しているのが西アジアであり、西アジアの中でも一番西に位置しているのがトルコである。つまり、トルコがアジアの中で最も西に位置している国であり、そのなかでもババ岬が最も西に位置している。

 ババ岬はトルコの最西端であると同時にアジアの最西端であり、経度は東経26°04'と明石市よりも100°以上も西にある。

 では、東のアジアの中でも最も東に位置している場所とは...

2. 東の最東端

2.1 アジア最東端

 アジアの中で最も東に位置している国で思いつきそうなのがインドネシア, 日本, 中国である。しかし、これらの国は西経に突入するほど東に位置しておらず、アジアで最も東に位置している国は実を言うとヨーロッパのロシアである。

 ロシアはヨーロッパの国家であるものの国土の77%はアジアが占めており、このアジアの地域は一般的にシベリアと呼ばれている。そして、シベリアは北アジアと呼ばれているようにれっきとしたアジアであり、更にアジアの中で最も東に位置している地域でもある。

 シベリアは細かく言うとチュクチ, カムチャツカ, マガダンのような極東部分は含まれていないが世界的な認識では「北アジア=シベリア」となっているため、その定義はあやふやとなっている。しかし、ここでは世界的な認識から「北アジア=シベリア」として記載する。

 シベリアはウラル山脈の東側からベーリング海峡までの東西に長い広大な範囲を占めており、アジアの北部全体がシベリアとなっている。そのため、シベリアは北アジアでありながらアジアの中で最も東に位置しており、その中でもハバロフスク地方, カムチャツカ地方, サハ共和国, マガダン州, サハリン州には東京よりも東の地域があるほどである。

f:id:DS930810:20181002130057j:plain

 北アジアの中でも特に東に位置している地域の首府, 州都, 首都は上表のようになっており、この中でもチュクチ自治管区のアナディリは東経180°線に非常に近い。そして、チュクチ自治管区はアジアで最も東にある地域であり、このチュクチこそが西経にまではみ出しているのである。

 次いでカムチャツカ, マガダンの順に東に位置しており、サハ共和国やハバロフスク地方は比較的西に位置しているがサハ共和国で最も寒いオイミャコンやオホーツク海の由来となったオホーツク(ハバロフスク地方)は東京よりも東に位置している。

 このようにアジア最東端はロシア連邦のチュクチ自治管区となっているがロシア連邦はアジアの国では無いのでここからはアジアの国で最も東の国について書いて行きたいと思う。

2.2 アジアの国で最も東の国は?

 アジアで最も最東端の国はロシアであるがロシアはアジアでは無いので純粋なアジアの国で最も東の国について書いて行きたいと思う。

 アジアの国の中で最も東の国の候補として挙げられる国にはインドネシア, 中国, 日本がある。そして、これらの国の最東端について書いて行きたいと思う。

f:id:DS930810:20181002131228j:plain

 これらの国の最東端は上表のようになっており、意外にも日本がアジアの最東端の国である。そして、中国の最東端は意外にもそこまで東にあるわけでは無く、明石市よりも西に位置している。

 また、インドネシアは一見すると日本よりも東にありそうであるがインドネシア領であるニューギニア島は東経141°線を境にパプアニューギニアと接しているため、ニューギニア島の東経141°よりも東はパプアニューギニアとなっている。

 パプアニューギニアはアジアの国では無くオセアニアの国であるため、アジアには含まれておらず、同時に赤道付近の太平洋上の島国(ミクロネシア等)もオセアニアに属しているため、日本がアジアの中で最も東の国となる。

 そのため、東のアジアの中でも最も東にある国は日本ということになり、「日出ずる国」と言う表現は間違ってはおらず、正しいのである。まあ、アジア限定の話であるが...

 ちなみに世界で最も最東端が東にある国はロシアであり、次いでニュージーランド, フィジーの順になっており、これらの国は東経180°線よりも東に最東端が位置している。その後はツバル, マーシャル諸島, バヌアツ, ソロモン諸島, オーストラリア, ナウル, ミクロネシア, パプアニューギニアの順になっており、日本はパプアニューギニアの次に最東端が東に位置している。

 そして、日本よりも東に最東端が位置している国はロシア以外はいずれもオセアニアに属している国であり、どの国も人口が少ない傾向がある。

 以上のことより、日本はアジアはおろか世界的に見ても最も東に位置している国であり、人口が多い中ではロシアに次ぐほどである。

 このように日本はアジアの中で最も東に位置している国であり(ロシアの最東端はれっきとしたアジアであるがロシアはヨーロッパの国であるため、アジアの国ではない)、オセアニア以外で日本よりも東に位置している国は無い(ロシアは除く)。

 以上、アジアで最も東に位置している国についてでした。

 

参考文献

国の最東端一覧 Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/国の最東端一覧