DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

みずがめ座の似たもの同士の恒星 サダルメリク・スウド

 今回はみずがめ座で最も明るい恒星と二番目に明るい恒星について書いて行きたいと思う。

目次

1. みずがめ座

1.1 秋の恒星

 みずがめ座は十二星座に属している星座であるため、知名度自体は高めである。しかし、実際にみずがめ座がいつ見られるかはあまり知られておらず、みずがめ座にどのような恒星があるかも知られていない。

 みずがめ座は秋に見られる星座であり、比較的面積は広いものの明るい恒星は含まれておらず、星座自体は暗めである。更に秋の夜空にはあまり明るい恒星は無く、1等星はたったの一つしか無く、しかもその唯一の1等星も1等星の中では暗いほうである。

 その1等星の名前はフォーマルハウトであり、一見聞くとアラビア語の様には見えないがアラビア語由来の恒星であり、地球から見た明るさは1.17等と1等星の中では4番目に暗く、そこまで目立つ恒星ではない。

 また、フォーマルハウトは地球からの距離が25.1光年と近く、10パーセク(32.616光年)以内にある恒星の中では3番目に明るく、近辺では珍しいA型主系列星である。

 A型主系列星はスペクトル型がA型の主系列星であり、A型は3番目に表面温度の高いスペクトル型で表面温度は7,500~10,000 Kと太陽と比較すると高めである。A型主系列星にはフォーマルハウト以外にはシリウス, アルタイル, ベガがあり、これらはいずれも10パーセク以内に位置している恒星であり、フォーマルハウトはこの中ではベガ, シリウスに次ぐ絶対等級を有している。

 しかし、フォーマルハウトは知名度がこの中では格段に低く、その理由は名前の長さ、目立たない秋の夜空にある、地球からの明るさがそこまで明るくない、星座がマイナーなどの理由が考えられる。

 フォーマルハウトはみなみのうお座と呼ばれる星座に属しており、この星座自体はマイナーな星座であるが実はフォーマルハウトはみずがめ座に直結した恒星であり、場合によってはみずがめ座に書かれることもある(それでもみずがめ座には含まれないが)。

1.2 みずがめ座の輝星

 ここからはみずがめ座について書いて行きたいと思う。みずがめ座の先端には1等星であるフォーマルハウトがあるがこれはみずがめ座の恒星では無く、みなみのうお座の恒星であるため、みずがめ座の恒星とは言えない。

 そして、みずがめ座の恒星には2等星以上の恒星は含まれてはおらず、α星, β星、及びδ星の3星が比較的明るく、3等星に含まれている。α, β, δ星の固有名はそれぞれサダルメリク(α, Sadalmelik)、サダルスウド(β, Sadalsuud)、スカト(δ, Skat)であり、この中でもサダルメリクとサダルスウドは比較的遠くに位置しており、スカトはそこまで遠くは無い。

 サダルメリクはα星であるが僅差でβ星のサダルスウドに明るさで負けており、サダルメリクは2.95等、そしてサダルスウドは2.90等と若干ではあるがサダルスウドのほうが明るい。また、スカトの明るさは3.27等とそこまで明るくは無く、絶対等級もサダルメリクなどと比較するとそこまでは明るくは無い。

 しかし、表面温度はスカトのほうが高く、スカトはシリウスやアルタイルと同じA型主系列星であり、表面温度はそれらの恒星と似たような温度となっている。けれども絶対等級はスカトのほうがシリウスなどよりかは強く、大体太陽の100倍強ほどもあり、マイナスにも達している(スカトの絶対等級はマイナス0.19等)。

 それでもサダルメリク、サダルスウドの絶対等級はスカトとは比較にならないほど強く、マイナス3等を超えており、ここからはこの2恒星について紹介していきたいと思う。

2. 非常に似通ったみずがめ座の2輝星

2.1 サダルメリク・スウドのデータ

 サダルメリク、サダルスウドはみずがめ座で最も明るい恒星であるだけではなく、非常に似通った恒星であり、表面温度、絶対等級、距離の全てが例外なく酷似している。

 サダルメリク、サダルスウドは両者ともにG型の超巨星であり、G型は太陽のスペクトル型であるため、遠くから見るとこれらの恒星は太陽に似た姿として観測できる。サダルメリクのスペクトル型はG2Ⅰb, サダルスウドはG0Ⅰbであり、太陽のスペクトル型はG2Ⅴであるため、主系列星である点を除けば太陽はこれらの恒星と同程度の表面温度であり、太陽と最も似た恒星の一つでもある。

 しかし、これらの恒星は太陽と比較すると非常に大きく、そして非常に明るい恒星であり、地球からの距離は両者ともに500光年以上も離れている。地球からの距離はサダルメリクは524光年、サダルスウドは537光年であり、絶対等級はそれぞれマイナス3.07等、マイナス3.18等と太陽とは比較にならないほど明るい恒星である。

 また、これらの恒星の直径は太陽の50倍ほどもあり、質量は不明ではあるが恒星の規模を考えると太陽の5倍程度と考えられ、かなりの質量を有しているがこれでも超巨星の中では最低レベルである。

f:id:DS930810:20180827010611j:plain

 これらの恒星は地球からの距離, 年齢, 絶対等級, 表面温度の全てが似通っており、これほどα星とβ星が似通った星座は他になくみずがめ座はα, β星が最も似ている星座である。

 ちなみに地球からの明るさが似ているα星, β星, γ星を有する星座はアンドロメダ座であり、アンドロメダ座も秋の星座である。

↓ アンドロメダ座の記事

www.rigelultragiant.com

2.2 サダルメリクからサダルスウドを見ると

 サダルメリクとサダルスウドは非常に似通った恒星であるがサダルメリクからサダルスウドを観測するとどのように見えるのだろうか?

 サダルメリクとサダルスウドは地球からの距離も似ており、更に見える方向も同じ方向であるので両者の距離は非常に近そうである。そして、サダルメリクとサダルスウドの距離は93.73光年と近いことは近いものの思った以上に近くは無い。

 しかし、サダルメリクとサダルスウドの絶対等級は超巨星の中では最低レベルであるが太陽と比較すると非常に強大であるため、サダルメリクからサダルスウドを観測すると非常に明るく見える。その明るさはマイナス0.89等星にも及び、地球から見て最も明るいシリウスほどでは無いが二番目に明るいカノープスよりも明るく、最も明るい恒星として観測される。

 また、サダルスウドの次に明るい恒星はペガスス座ε星のエニフであり、マイナス0.25等として観測できる。エニフはK型の超巨星であり、サダルメリクやサダルスウドと比較すると明るく重い恒星であるため、今後は超新星爆発を起こすと考えられている。エニフの次はリゲル, デネブのような質量の極めて大きく明るい恒星が続き、カノープスがその次に来る(デネブとカノープスの間にはそこまで明るくないが距離が近い主系列星が1つ入る)。

 そして、反対にサダルスウドからサダルメリクを観測するとサダルメリクがマイナス0.78等星として観測され、絶対等級の関係上若干光度は下がるもののそれでも地球から見たカノープスよりかは明るく見える。その後はやはりエニフが明るい恒星として観測され、それにリゲルとデネブが続くようになる。

 以上がサダルメリクとサダルスウドの関係であり、両恒星は地球から遠く離れているが非常に似通った天体であり、大変興味深い天体でもある。