DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

世界で二番目に寒い首都はどこなのか?

 今回は世界で二番目に寒い首都について書いて行きたいと思う。

目次

1. 周りの環境による気温の影響

 平均気温は一般的に高緯度に行けば行くほど低下するので緯度が低い赤道では最も気温が高くなり、反対に極地の気温は極めて低くなる。この理由は緯度が低い、即ち赤道に近づけば近づくほど太陽からより多くのエネルギーを受け取るためである。

 つまり、当然ではあるが世界一寒い首都は高緯度側にあり、最も高緯度側に位置しているアイスランドの首都であるレイキャビク(Reykjavik)が最も気温の低い首都であるようにも見える。しかし、レイキャビクは確かに夏場の気温は全首都の中では最も低いものの冬場の気温は高緯度とは思えないほど高温であり、はるかに低緯度に位置している韓国のソウル(Seoul)よりも高く、最寒月の平均気温はプラスである。そのため、レイキャビクは世界一寒い村として知られるオイミャコン(Oymyakon)よりも高緯度側に位置しているにもかかわらず、温帯に属しており、亜寒帯ですらない。

 この理由はレイキャビクを始めとしたヨーロッパの西側にある大西洋にはメキシコ湾海流が流れており、この海流から生じる暖気が偏西風を通してヨーロッパに流れるからである。特に大西洋に近いイギリス, アイルランド, フランス, アイスランドはこの海流に大きく影響し、北海道よりもはるかに緯度が高いロンドン(London)やダブリン(Dublin)の冬の気温は関東平野南部と同じぐらいである。

更に、内陸部のほうが冬になると冷える傾向があり、世界の居住地の中でもとりわけ寒いサハ共和国(Sakha Republic)は大陸の内陸部に位置しており、緯度的にはレイキャビクよりも若干低い程度であるが冬場の気温はレイキャビクよりも30~50℃程度も低くなり、居住地の中では世界で最も寒い地域となっている。

 これらのことより、気候は単純に緯度だけでは測ることはできず、むしろ周辺部の環境によって左右されると言っても過言ではない。

2. 極寒の首都

 ここからは極寒の首都について書いて行きたいと思う。世界一寒い首都は先ほどの話から内陸部に位置していると考えられるが実際に非常に海から遠い場所に位置しており、広大な内陸国の首都である。

 世界一寒い首都はモンゴルのウランバートル(Ulan Bator, Ulaan Baatar)であり、ウランバートルは最も近い海からも1,300 kmも離れており、この距離は東京-博多間の距離を優に超えている。そのため、ウランバートルは典型的な大陸性の気候であり、更に世界一広い大陸であるユーラシア大陸に位置しているので内陸性の気候が極めて強くなっており、シベリア高気圧の中心部はウランバートルの近くにあると言われているほどである。更に標高も1,000 mを超えているので冬場の気温は極めて寒冷となっており、最寒月の平均気温はマイナス21.6 ℃とどの首都の平均気温をも下回り、年平均気温もマイナス0.4 ℃とこちらも世界一低い値となっている。そして、ウランバートルは全首都の中では唯一、年平均気温がマイナスとなっている。

 このようにウランバートルは気温が極端に低いものの緯度は北緯47度55分と日本のどの地域よりも高いが極端に高いわけでは無く、フランスのパリやイギリスのロンドンよりかは低い。

↓ 関連記事

www.rigelultragiant.com

3. 世界で二番目に寒い首都

 ここまでは世界一寒い首都について簡潔に書いてきたがここからは世界で二番目に寒い首都について書いて行きたいと思う。

 世界一寒い首都はウランバートルであり、ウランバートルは内陸部に位置しているが二番目に低い首都も内陸部に位置していることを想像することはたやすい。更に緯度が高いことも簡単に想像でき、大体場所は絞られる。

 このような条件に当てはまる場所は大陸で考えるとユーラシアか北アメリカしか無く、アフリカ, 南アメリカ, オーストラリアの三大陸は高緯度側に内陸部が存在せず、南極大陸は極寒ではあるがそもそも居住地が存在しない。更に北アメリカで考えられる所と言ったらカナダのオタワ(Ottawa)程度しか無く、年平均気温も6.4 ℃とかなり低いがオタワは世界で三番目に寒い首都であり、二番目ではない。

 つまり、世界で二番目に寒い首都はユーラシア大陸にあることが分かり、緯度も高い内陸に位置している所であることは間違いなく、そのような場所は限定的である。では、その答えについて書いて行きたいと思う。

 世界で二番目に寒い首都はカザフスタン(Kazakhstan)のアスタナ(Astana)であり、カザフスタンは世界最大の内陸国であり、モンゴルの西に位置している。そして、アスタナはカザフスタンの北部に位置しており、緯度はロンドンと同じぐらいであるが気温は比較にならないほど低く、最寒月の平均気温はマイナス14.2 ℃とウランバートルほどでは無いが非常に低い。また、年平均気温も3.5 ℃とこちらも世界の首都の中では二番目に低く、日本一寒い居住地である陸別町よりも1 ℃低い。

 ちなみにアスタナのすぐ北はシベリアとなっており、アスタナはシベリアのオムスク(Omsk)と言う都市に近い所に位置しており、ウランバートルは同じくシベリアのイルクーツク(Irkutsk)と距離が近い。つまり、アスタナとウランバートルは極寒で有名なシベリアと非常に近い位置にあるため、どれほど寒いかを想像することは容易である。

f:id:DS930810:20180807171951j:plain

 アスタナは降水量が日本と比べると少なめであるが大陸内陸に位置している上に冬場が極寒であるため、とりわけ少ないわけでは無く、亜寒帯の降水量はこれぐらいが普通である。

 また、世界一寒い首都、世界で二番目及び三番目に寒い首都の気温を比較すると以下のようになる。

f:id:DS930810:20180807173049j:plain

極寒三大都市を比較するとオタワの夏とアスタナの夏はほぼ同じ気温であり、ウランバートルは若干低めであるが冬の気温は比較的差が大きく、オタワはアスタナやウランバートルほどは寒く無いがそれでもマイナス10 ℃を下回るほど低温である。

 ちなみに降水量は大きく異なり、オタワ>アスタナ>ウランバートルとなっており、ウランバートルは降水量が亜寒帯系の気候としても少ないので亜寒帯ではなく乾燥帯に分類されている。

 以上、世界で二番目に寒い首都についてでした。

 

参考文献

Astana Wikipedia 3.3 Climate (アスタナの雨温図)

https://en.wikipedia.org/wiki/Astana

Ulaan Baatar Wikipedia 3 Geography and Climate (ウランバートルの気温)

https://en.wikipedia.org/wiki/Ulaanbaatar#Geography_and_climate

Ottawa Wikipedia 2.1 Climate

https://en.wikipedia.org/wiki/Ottawa