DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

海外で関東地方に似た気候の地域 

 今回は関東地方に似た気候の地域について書いて行きたいと思う。

  いままでは砂漠やシベリア等極端な気候について書いてきたが今回は関東平野と似た気候の地域について書いて行きたいと思う。

目次

1. 関東地方の気候

 関東地方は日本の中心とも言える場所であり、日本の首都である東京も属している。また、東京だけではなく埼玉, 神奈川, 千葉等の人口の非常に大きな県も属しており、非常に巨大な都市圏を形成している。

 そして、関東平野の気候は夏はかなり暑く冬になるとそこそこ冷え込む気候となっており、関東平野南部は年平均気温が16 ℃程度、北部は14 ℃程度と比較的温暖な気候である。このような気候は温暖湿潤気候(Cfa)と呼ばれており、以下の条件を満たしていればよい。

  • 最暖月の平均気温が22 ℃以上
  • 最寒月の平均気温がマイナス3~18 ℃
  • 降水量が乾燥限界以上
  • 最小降水月が冬にある場合は最大降水月の降水量の10分の1以上であること
  • 最小降水月が夏にある場合は最大降水月の降水量の3分の1以上である、または最小降水月が30 mm以上であること

 この条件を満たしていれば温暖湿潤気候に属し、日本列島は沖縄の南のほう, 北海道の大半を除くとこの温暖湿潤気候に属しており、この気候は日本の気候と言っても過言ではない。

そして、この気候の中で最暖月の平均気温が22 ℃を下回り、10~22 ℃になると西岸海洋性気候(Cfb)となり、この気候は日本国内ではほんのわずかしか見られず、主にヨーロッパで見られる気候である。その一方で最暖月の平均気温が22 ℃を下回らずに最寒月の平均気温がマイナス3 ℃を下回ると夏の気温が高い亜寒帯(Dfa)となり、この気候もそこまでは見られず、札幌等北海道の南部に少し見られる程度で北海道の大半は夏の平均気温が22 ℃を下回る亜寒帯(Dfb)となっている。

f:id:DS930810:20180805170052j:plain

日本の気候の大半は温暖湿潤となっており、一部の高山等には亜寒帯気候が見られるが亜寒帯は北海道がほぼ全域を占める。

 そして、先ほども書いたが関東地方は日本の典型的な気候である温暖湿潤気候であり、この気候は意外にも世界的に見るとあまり多く分布しているわけでは無く、主に緯度が25~40度当たりの大陸東岸に見られ、西岸では夏季に少雨である地中海性気候(Csa)よりも高緯度の地域で若干みられる程度であり、少しでも高緯度側に行くと西岸海洋性気候に代わる(イタリアのヴェネツィアはこの気候である)。

 更にこの気候に属していても冬の気温がそこまで下がらない(10~18 ℃)程度の亜熱帯地域や最寒月が氷点下(マイナス3~0 ℃)であり、限りなく亜寒帯に近い気候も存在しているので一概に温暖湿潤気候であっても関東平野に近くない気候も含まれている。そのため、関東平野に近い気候は世界的に見てもまれであり、あるかどうかも疑わしくなるが実はアメリカの州の中に関東平野に似通った気候の地域が存在する。

2. 関東平野に似た気候の地域

 ここからは世界の温暖湿潤気候と関東平野に似た温暖湿潤気候について書いて行きたいと思う。関東平野の年平均気温は15 ℃程度とかなり標準的なものとなっており、北部のほうが南部よりも2 ℃程低くなっている。そして、世界的に見るとこの気候はそこまで多くなく、更に亜熱帯気候や亜寒帯に限りなく近い気候もあるので更に限定されることとなる。

 例えば中国の海岸沿いにある福州(Fuzhou)は温暖湿潤気候に属している。しかし、福州は北緯26度と那覇市程度の緯度しか無いので最寒月の平均気温が11.2 ℃と高めであり、更に年平均気温も20.2 ℃と明らかに関東平野と比較すると高いため、これは亜熱帯気候と見なされ、関東平野に似ているとは言い難い(緯度の割には低温だが)。

f:id:DS930810:20180805172823j:plain

 福州市は大陸の影響を受けやすい気候であるので冬の気温は緯度の割には低くなり、夏の気温はより一層高くなる傾向がある。そのため、同緯度の那覇と比較すると夏の気温はかなり低くなっており、年平均気温も低めではあるがまだ亜熱帯気候を脱しておらず、横浜市と比較すると幾分か高い傾向がある。

 また、福州よりも北に位置している上海市や武漢市は北緯30度と屋久島程度の緯度しか無いが大陸の影響が大きいため、冬の気温は横浜よりも低くなっているが年平均気温は横浜よりも高く、年較差の大きな気候となっている。そのため、上海も関東平野に似ている気候とは言い難く、中国東岸には関東平野に似た気候は無いとも言える。

 ここまでは中国に着目していたがここからは北アメリカ大陸に着目していきたいと思う。

 北アメリカ大陸にはカナダ, アメリカ合衆国, メキシコなどの国があるがカナダは寒すぎメキシコは暑すぎるので必然的に似た気候が存在する所はアメリカ合衆国内に限られる。そして、アメリカ合衆国内のノースカロライナ州(North Carolina)の緯度は北緯36度弱と関東平野南部に非常によく似ており、更に気候も良く似ている。

 ノースカロライナ州の州都のローリー(Raleigh)は温暖湿潤気候に属しており、亜熱帯でもなければ亜寒帯に近い気候でもなく、関東平野南部に似た気候となっている。そして、年平均気温は15.6 ℃と横浜市とほぼ同じであり、多少年較差は大きくなっている者の横浜市とかなり似通った気候をしている。

f:id:DS930810:20180805174812j:plain

 このように降水量のほうはローリーと横浜では大きく違い、ローリーのほうがバランスが良く、全体的な降水量は横浜のほうが多い。しかし冬の気温はローリーのほうが低めではあるが気温は両者ともかなり似通っている。そして、実際に気温だけを比較すると下の図のようになる。

f:id:DS930810:20180805175511j:plain

多少ずれはあるものの両者の気温はかなり似通っており、前半部は横浜のほうが気温が低くなっているが後半部はローリーのほうが低い傾向が見られる。

 このように世界には関東平野と似た気候も非常にわずかだが見られ、もしノースカロライナ州に行く場合は関東地方と同じ服装にすればよいのでその点は楽である(さすがに降水量まで同じような所は存在しないが)。

 以上、関東地方に似た気候についてでした。

 

参考文献

横浜市 wikipedia 2.2 気候 (横浜市 雨温図)

https://ja.wikipedia.org/wiki/横浜市

福州市 wikipedia 4 気候 (福州市 雨温図)

https://ja.wikipedia.org/wiki/福州市

ローリー wikipedia 2.1 気候 (ローリー 雨温図)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ローリー_(ノースカロライナ州)