DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

最も遠い3等星 おおいぬ座ο2星

今回は最も遠い3等星について書いて行きたいと思う。

 

1. 最も遠い恒星

地球から観測できる恒星は銀河系全体から見るとほんの一部ではあるが多くの恒星を観測することが出来る。

そして、当然ではあるが明るい恒星のほうが数は少なく、最も明るい恒星の部類であるマイナス1等星はわずか2個しか無く、次いで0等星が8個、1等星が11個と続く。

その後は2等星, 3等星と続くわけであるが最も暗い6等星ともなると総数は数千個単位となり、その中には太陽よりも暗い恒星も含まれる。

では、それぞれの階級で最も近い恒星と遠い恒星についてリストアップしていきたいと思う。

f:id:DS930810:20180424161534j:plain

このようにマイナス1等星は2つしか無いがタイプは全くと言っても良いほどに異なり、シリウスは単純に近距離に位置しているから明るいだけであるのに対し、カノープスは恒星自体の明るさが極めて明るいために遠くに位置していても全天で二番目に明るく見えるほどである。

そして、この傾向は他の等級にも当てはまり、最も遠い恒星のほうはいずれの恒星もカノープスよりも絶対等級の強い恒星ばかりである。

また、近い恒星のほうはどの恒星もシリウスよりも絶対等級が弱く、特にリギル・ケンタウルスとアキルドに至っては太陽と大差がないほどである。

 

更に等級が下がれば下がるほど遠い星の距離は地球からどんどん遠ざかっていき、マイナス1等星で最も遠い恒星であるカノープスは309光年の距離であるのに対し0等星で最も遠い恒星であるリゲルの距離は863光年とカノープスの3倍近くもの距離に及ぶ。

そして、1等星で最も遠いデネブは1,000光年をオーバーし、2等星で最も遠いアルドラは2,000光年近くも離れている。

更に今回紹介する3等星で最も遠いおおいぬ座ο2星は2,764光年と更に遠くに位置しており、この恒星よりも明るい恒星で近い恒星は1つも存在せず、この恒星よりも遠い恒星で最も明るい恒星は4等星であるほ座b星(3.77等, 4,868光年)である。

※ケフェウス座μ星は最も明るくなった時の明るさは3.43等となる。そして地球からの距離は5,930光年も離れているからこの星こそが3等星で最も遠い恒星として見ることが出来るがあくまで一時的なものであるのでおおいぬ座ο2星が最も遠い恒星として扱っている

 

ではここからはおおいぬ座ο2星について書いて行きたいと思う。

 

 

 

2. おおいぬ座ο2星

おおいぬ座ο2星は当然おおいぬ座に属している恒星であり、地球からの明るさは3.02等と明るくは無いが肉眼で余裕で観測できる恒星である。

そして、2等星で最も遠い恒星も同じおおいぬ座に属しているアルドラであり、この恒星もおおいぬ座に属している恒星である。

f:id:DS930810:20180424164026j:plain

おおいぬ座ο2星はおおいぬ座の真ん中あたりに位置している恒星であり、近くにはおおいぬ座ο1星が輝いている。

そして、おおいぬ座ο星はあまり使われていないがメンケルブ(Menkelb)と言う固有名がついており、ο1星のほうはメンケルブ・プリオル(Menkelb・Prior), ο2星のほうはメンケルブ・ポステリオル(Menkelb・Posterior)という名称である。

 

メンケルブ・ポステリオル、つまり今回紹介するο2星は地球からの距離が2,764光年も離れた所にある大変遠い恒星であるがο1星であるメンケルブ・プリオルも地球からの距離が非常に遠く、1,977光年も離れている。

また、ο1星(プリオル)はK型超巨星であるため表面温度が低く、赤色で見えるのに対してο2星(ポステリオル)はB型超巨星であるので青色の恒星として観測される。

 

ここまではおおいぬ座ο2星の位置と近くに位置しているο1星について書いてきたがここからはおおいぬ座ο2星の物理的性質について書いて行きたいと思う。

おおいぬ座ο2星は地球からの明るさが3.02等星であり、地球からの距離は2,764光年であるので絶対等級はマイナス6.62等にも及ぶ。

この明るさはリゲルには及ばないもののアルドラよりかは明るく、更にこの恒星はスペクトル型はB3Ⅰaであるのでリゲルやアルドラと比較すると表面温度は高く、大体16,200 Kほどもある。

そのため、総合的なエネルギー量だとリゲルを上回っていると推測されており、質量もリゲルよりも重い22太陽質量ほどもあると言われている。

けれども直径は太陽の42倍とリゲル(78倍)はおろかアルドラ(49倍)よりも小さいがこの理由はリゲルやアルドラよりも若いからである。

f:id:DS930810:20180424165934j:plain

おおいぬ座ο2星(Menkelb Posterior)は直径は他の青色超巨星(リゲル, アルドラ)と比較すると小さいが表面温度は高いのでこれらの恒星よりもエネルギー量は強い。

まあ、言うまでも無いがここでの太陽は表面温度が低い上に直径が小さい軽量の主系列星ではあるが...

 

そして、おおいぬ座ο2星の今後は他の超巨星と同じように表面温度を低下させながら直径は更に大きくなっていき、最終的には太陽の1,000倍以上の赤色超巨星と化した後に超新星爆発を起こし、中性子星になると考えられる(ブラックホールになるには太陽の30倍以上の質量が必要でありため中性子星の段階で留まる)。

このように、おおいぬ座の主星であるシリウスは地球からの距離が非常に近い星ではあるが他のおおいぬ座の明るい恒星はシリウスとは裏腹に距離が非常に遠いものが多く、特にアルドラとおおいぬ座ο2星に至っては同じ等級の中で最も遠い恒星である。

 

 

以上、おおいぬ座ο2星についてでした。