DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

もし、日本が大陸西岸ならどのようになるのか?

 今回は日本が大陸西岸にあった場合について書いて行きたいと思う。

 目次

1. 日本の気候

 日本の気候は大半が温帯に属しており、更にほとんどの地域が温暖湿潤気候(Cfa)に属している。そして、温暖湿潤気候とは以下のような気候である。

  • 最寒月の平均気温がマイナス3~18℃
  • 最暖月の平均気温が22℃以上
  • 乾燥限界以上の降水がある
  • 降水に偏りが無く、地中海性気候でも温暖冬季少雨気候でもない

このような条件があるので日本の大半の気候である温暖湿潤気候では夏場の気温が熱帯並みに上昇し、冬場の気温は極端には下がらず、東京都の大寒月の平均気温は6℃ほどとそこまで低くは無いが高くも無い。そのため温暖湿潤気候では四季が明白に分かれているが中には最寒月の平均気温が18℃に近い気候もあり、沖縄県の那覇市などはこれに当てはまっている。

 この気候は一般的に亜熱帯気候と呼ばれており、大陸西岸部では乾燥が激しい砂漠気候となっているものの東岸部では比較的湿潤な気候となっている。

 また、日本でも北緯43度の高さに位置している札幌市は最寒月の平均気温がマイナス3℃を若干下回っているので亜寒帯気候に分類されるが本格的な亜寒帯と比較すると気温はかなり高いほうであり、シベリアの奥地では最寒月の平均気温がマイナス50℃を下回ることもあるのでこの点でも札幌市はギリギリのラインで亜寒帯であるとも言える。

 以上のことより日本の気候は主に温帯ではあるが北海道に行くと亜寒帯の地域もあり、沖縄県や小笠原諸島は亜熱帯である。

 では、もしも日本が大陸西岸部に位置した場合の気候はどのようになるのだろうか?

2. 日本が西岸にあった場合

 日本の西側にはユーラシア大陸が位置しているので大陸東岸性の気候となっているがもし、世界地図が大きく変わり、日本の東側に大陸が出た場合の気候はどうなるのだろうか?

 日本の東側に大陸が出現すると日本の気候は当然大陸西岸の気候となるわけではあるがこのようになると以下の様な影響が出ると考えられる。

  • 日本全体が乾燥する
  • 年較差が比較的小さくなる

実際に日本と同緯度の地域の西岸では全体的に乾燥しており、東京都とほぼ同程度にある地中海周辺部の地域は夏場になると砂漠並に乾燥することとなる。そして、この原因は亜熱帯高気圧であり、夏場になると北方向に移動するので北緯35度ほどの暖帯地域では乾燥が激しくなり、実際に夏場になると梅雨や秋雨前線が停滞しない時は晴れる日が多く、この原因も亜熱帯高圧帯である。

 日本の南部に位置している亜熱帯高圧帯は北太平洋高気圧であり、北太平洋高気圧は夏場にしかないように見えるが実際には年がら年中存在しており、夏場になると前述したように日本の本土にかかってくるようになる。そして、先ほど梅雨前線や秋雨前線について書いてきたがこれはモンスーンによって生じるものであり、仮にモンスーンが無ければ夏場の間は北太平洋高気圧が日本にかかり続けることとなるので夏場の降水量はほとんどなくなることとなる。

 モンスーンは大陸東岸に大きな影響を及ぼすので日本が大陸西岸に位置するようになると当然モンスーンの影響を受けなくなるので夏場の間は乾燥がひどくなり、水不足に悩まされるようになる。しかし、冬場になると北太平洋高気圧が南下するので降水量は多くなり、結果として日本の国土の大半は夏場に降水が少なく冬場に降水が多い地中海性気候に分類されるようになるであろう。

 そして、地中海性気候は同じ緯度でも平均気温は温暖湿潤気候よりも高い傾向にあるのでもし、日本の大部分が地中海性気候に分類されると冬でも雪が降ることはめったになく、更に北陸地方の豪雪はモンスーンによって起こるので北陸地方は豪雪からそこそこ多い雨が降ることとなり、結果として雪に悩まされることは無くなると推測される。

 以上のことを統合すると日本が大陸西岸に位置するようになると

  • 夏場の乾燥がひどくなり、水不足が懸念されるようになる
  • 北陸地方の豪雪が多少の雨に代わり雪に悩まされることは無くなるがスキー場は廃れるようになる
  • 冬場が若干過ごしやすくなる

様な変化が起こる。

 では、北海道辺りはどのようになるかというと今と比較して夏場の気温はましになり、冬場の気温も大して下がらない西岸海洋性気候(Cfb)となり、過ごしやすくなる。北海道は年較差が激しい地域であり、札幌市の場合は年較差が30℃ほどとかなり大きいが同緯度地域の西岸地域はヨーロッパの南側であり、札幌市と比較するとかなり年較差が小さい。更に札幌市よりも緯度がかなり高いロンドン市は夏場の気温が札幌市よりも低く、冬場の気温でさえ東京都と大差がないほどであり、これは高緯度の西岸部には暖流が流れているという特色からこのようになっている。

 仮に日本が大陸西岸部になると北海道は今と比較しても年較差が小さくなり、夏の気温は低く、冬の気温が高い気候となる上に年がら年中湿潤であるので夏場に乾燥する東京都と比較すると非常に過ごしやすい環境になると考えられる。

 最後に沖縄県や小笠原諸島について書いて行きたいと思う。

 北海道は西岸部に位置すると年較差が小さくなり、かなり過ごしやすい気候となるが反対に沖縄県あたりは悲惨な状況となる。沖縄県や小笠原諸島は亜熱帯に位置しており、大陸東岸にあるのでモンスーンの影響を受けることになるため降水量が多いが大陸西岸部にあるとモンスーンの影響を受けなくなる。そして、沖縄県あたりは北太平洋高気圧が一年中張り詰めており、モンスーンの影響を受けるから年がら年中乾燥をすることは無いが仮にモンスーンが吹かなくなるとどうなるのだろうか?

 その答えは明白であり、モンスーンの影響を受けなければ年がら年中降水がほとんどない砂漠地帯となることとなり、沖縄県あたりの亜熱帯地域は夏場の気温がとてつもなく上がることとなり、最高気温が50℃をも超える日も出る可能性もある。

 しかし、沖縄県は周辺部が海であるのでそこまで気温が上がるとも言えず、一概には乾燥し切るとも言えない状況でもあるが少なくとも今と比較すると乾燥が激しい地域となり、本州とは比較にならないほどの乾燥地域になる可能性は高い。

 以上のことをまとめると

  • 本州は夏場に乾燥がひどくなり、北陸地方は冬場に雪が降らなくなる
  • 北海道は今よりも過ごしやすくなる
  • 沖縄県は年がら年中乾燥する

ようになり、北海道だけが今よりも良い環境になると思われる。

 以上、日本が大陸西岸にあった場合の想定でした。