DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

西岸と東岸の気候の違い モンスーンの影響が大きく...

今回は東岸と西岸の気候の違いについて書いて行きたいと思う。

 

1. 西岸の気候

初めに西岸の気候について書いて行きたいと思う。

ここで言う西岸とは大陸の西岸のことであり、例えばヨーロッパ, 西アメリカなどのことを指す。

そして、西岸は季節風(モンスーン)の影響を受けにくい地域であり、大気の循環や海流によって気候が決まっている。

 

では、初めに低緯度側から書いて行きたいと思う。

西岸の赤道付近は熱帯雨林気候(Af)となっており、年がら年中降水は多いがこの理由は赤道付近は太陽の日照量が非常に多く、そのため海水温が上昇することにより水分を多く含んだ大気が上昇気流を形成することにより低気圧を発生させるからである。

そのため、赤道付近の地域では降水量が多く、頻繁にスコールが発生するが発生するが気温のほうは年がら年中太陽が高角で照射しているので日本の夏と同等の気温が一年中続き、結果として季節は無いと見なせる。

そして、少し高緯度側である緯度10~20度当たりではサバナ気候(Aw)となっており、この気候は夏場の降水量は多いが冬場の降水量は少なく、この原因は後述する亜熱帯高圧帯によるものである。

また、赤道から若干遠ざかったので冬場になると太陽の日照量が若干減少するため季節による気温差は若干生じるもののそこまでは大きな差が出るわけでは無い。

 

次に熱帯よりかは高緯度側であるが温帯よりかは低緯度側である地域、即ち亜熱帯地域について書いて行きたいと思う。

亜熱帯とは回帰線の前後に位置する気候のことであり、緯度で表すと大体20~30度当たりに位置しており、西岸でこれらの地域に位置している場所はサハラ, アラビア半島, オーストラリア西岸が有名な地域である。

そして、これらの地域での共通点は降水量が極端に少ないことであり、年がら年中非常に限られた量の降水しかないほどである。

この理由は亜熱帯地域には年がら年中亜熱帯高圧帯が張り詰めており、亜熱帯高圧帯は季節によって移動し、夏場になると北側, 反対に冬場になると南側に移動するが亜熱帯地域ではどちらの場合でも亜熱帯高圧帯がかかっている状態となる。

以上のことより、これら西岸の亜熱帯地域は非常に乾燥をしており、これらの地域のことは一般的に亜熱帯砂漠(BWh, hは高温砂漠で年平均気温が18℃以上)と呼ばれている。

f:id:DS930810:20180404120413j:plain

上図は亜熱帯砂漠気候であるメッカの雨温図であるがメッカは亜熱帯地域であるのにもかかわらず年がら年中気温が高く、最暖月の平均気温は35.8℃と砂漠でなければまず見られないほどの気温にまで上昇し、平均気温で見ても30℃を若干超えているほどでありこれは赤道直下のシンガポールよりも高いほどである。

このように大陸西岸の亜熱帯地域は砂漠化している上に日照量が亜熱帯地域であるので極めて多く、そのため気温が極めて高い状態となり、世界で最も平均気温が高い地域でもある。

そのため、砂漠の昼の温度は50℃を超えるほどともいわれており、逆に夜の気温は極端に下がるともいわれているが実際には昼間の気温が高すぎるので夜になっても下がりきることも無く、最も寒い時でも0℃程度と言われている(メッカでは夜でも気温が高いので凍死することはまずないと思われるが)。

ちなみに気温が下がる砂漠は亜熱帯砂漠ではなくゴビ砂漠のような高緯度の砂漠(BWk, kは低温砂漠で年平均気温が18℃以下)であり、冬場の夜の気温はマイナス20℃程にまで下がるので十分凍死する可能性もある。

 

西岸の亜熱帯地域では年がら年中亜熱帯高圧帯が張り詰めているので降水量は極めて少ない状態となっているが少し北側の地域、即ち暖帯ではどのようになっているのだろうか?

暖帯とは緯度が30~40度の間に位置している地域のことであり、亜熱帯と高緯度温帯に挟まれている低緯度側の温帯のことであり、東岸側ではあるが東京都も属している。

そして、西岸側の暖帯で有名な所は地中海の北側の地域、つまり南ヨーロッパであり、これらの地域では夏の降水量が少ない地中海性気候(Cs)の特性を有している。

地中海性気候の夏場の降水量は非常に少なく、月合計でも30 mmを下回るほどであるがこの理由は夏場になると亜熱帯高圧帯が上昇をし、結果として晴天が続くからである。

これらの地域の気温は大体同緯度である東京都とほぼ同じであるが年較差は東京都と比較すると小さめであり、平均気温も東京都よりかは高めとなっている。

f:id:DS930810:20180404121857j:plain

代表的な地域としてはローマが挙げられ、ローマの平均気温は東京都と比較すると若干高いものの最暖月の平均気温は25℃を下回っているので東京都と比較すると低く、更に最寒月の平均気温は東京都よりも高いので東京都と比較すると過ごしやすいが夏場には砂漠並に乾燥をするので一概に過ごしやすいとは言えない。

 

そして、ローマよりも更に高緯度側、つまり高緯度の温帯に達するとどうなるかというと夏場の気温が比較的低く、冬場の気温もそこまで低くはない西岸海洋性気候(Cfb)となり、「西岸」と書いてあるようにこの気候は高緯度側の大陸の西岸に多く見られる地域である。

これらの気候は大陸西岸側の緯度40~60度当たりに見られる気候であり、ヨーロッパの大部分はこの気候に属していると言っても過言ではない。

そして、意外にも見落とされがちであるがこれらの地域の緯度はかなり高く、日本で言うと北海道以上に相当し、一見すると亜寒帯になるようなイメージがあるが大陸西岸には暖流が流れているので冬場になっても気温はそこまで下がることは無く、北緯51度のロンドンでさえ冬場の気温は東京都(北緯35~36度程度)のものと同等程度である。

 

更に西岸の高緯度地域である西岸海洋性気候よりも高緯度側に進むと亜寒帯地域(Df)が見られるが亜寒帯地域はごく狭い範囲にしか見られず、その理由は亜寒帯地域は年較差が非常に多いという特徴があり、最低でも最暖月と最寒月の平均気温に13℃以上の気温差が必要となるからである。

そのため、暖流が流れている上に緯度がかなり高い地域では亜寒帯の条件を満たす「最寒月の平均気温がマイナス3℃以下」を満たした時点で寒帯の条件である「最暖月の平均気温が10℃以下」にかなり近づいている。

そして、10℃を下回った時は当然寒帯となるので亜寒帯地域は西岸部には非常に少なく、亜寒帯では無いが北緯64度のレイキャビク(Cfc)では最暖月の平均気温は10℃をわずかに上回る程度であるが最寒月でもマイナス3℃を下回らないので温帯に属しており、少しでも緯度が上がると最暖月の平均気温が10℃を下回るので寒帯に属することになる。

このように亜寒帯は「夏場の気温はそこそこ上がるが冬場に気温が下がる」気候であるが寒帯は「夏場の気温も低い」気候であるので結果として年較差の少ない高緯度側の西岸では亜寒帯は珍しい地域となり、亜寒帯は内陸部に多い地域(シベリア, カナダなど)である。

 

そして、短い亜寒帯地域を過ぎると完全に寒帯となり、低緯度側はツンドラ気候(ET), 高緯度側は最暖月の平均気温でさえ0℃を下回る氷雪気候(EF)となり、緯度は65度を超える超高緯度側である。

f:id:DS930810:20180404134921j:plain

緯度は正確では無いが大体西岸の気候は上図のようになっており、モンスーンの影響を受けないので降水量は大気循環に依存しており、暖流の影響で東岸と比較すると年較差は小さい気候となっている。

 

 

 

2. 東岸の気候

東岸はモンスーンの影響を受けやすい地域であり、全体的に見てみると降水量が多い地域でもある。

そのため、日本は西岸にあった場合は乾燥しやすい地域となり、特に沖縄県や小笠原諸島は西岸にあった場合は砂漠化する可能性が極めて高くなるが実際にはモンスーンの影響を受けているので砂漠化することは無い。

では、東岸の気候について書いて行きたいと思う。

 

初めに赤道付近の気候について書いて行くとこちらは西岸と同じように年がら年中降水の多い地域ではあり、気温も年がら年中高いものの少し高緯度側に進むと若干話が変わる。

高緯度側に少し進むと亜熱帯地域となるがこちらの亜熱帯地域では亜熱帯高圧帯は確かに張り詰めてはいるがモンスーンの影響があるので砂漠化することは無く、冬場に乾燥をするサバナ気候の地域はあるもののモンスーンの影響を受ける場所は軽い乾季がある熱帯モンスーン気候(Am)となったり少し緯度が高い場合には温帯冬季少雨気候(Cw)となる場合もあり、この気候は主に中国の南側に見られている。

また、沖縄県も亜熱帯地域に位置しているがモンスーンの影響で降水量が年がら年中多く、更に最寒月気温が18℃を下回っているので熱帯ではなく温帯に属している。

このように大陸西岸側の亜熱帯地域は砂漠と化しているが大陸東岸側では降水が十分にあるので砂漠とはなっておらず、熱帯と温帯の境目のような気候となっている。

そのため、気候区で分類すると気温が高い地域では熱帯モンスーン気候が比較的多く見られ、若干低い地域では温暖湿潤気候(Cfa), または温暖冬季少雨気候(Cw)が見られる傾向がある。

 

そして、亜熱帯地域よりも緯度が高い地域、即ち暖帯の気候は西岸側では夏場に降水の少ない地中海性気候となっていたが東岸側では温暖湿潤気候となっており、この気候は亜熱帯地域から北緯40度当たりにまで見られる地域であり、年較差が比較的大きな気候である。

この温暖湿潤気候に属している地域は日本の大半の部分であり、日本列島はモンスーンの影響を受けなければ夏場に降水量が非常に少ない地中海性気候となっていたがモンスーンの影響を受けるので年がら年中気温降水量が多く、実際に梅雨前線や秋雨前線はモンスーンの影響によって形成されている。

更に北陸地方では冬場に降雪量が極めて多くなるがこれもモンスーンが影響しており、大陸西岸側ではこれほど降雪量が多い地域は存在しない。

ちなみに北陸地方はこの降雪量の多さから亜寒帯であると誤解されがちであるが意外にも最寒月の平均気温は比較的高く、マイナスに達していないので北陸地方には亜寒帯は無く全て温暖湿潤気候となっている。

f:id:DS930810:20180404131227j:plain

上図は北陸地方である上越市の雨温図であるが上越市の冬場の降水量は非常に多く、12月や1月に至っては400 mmをも上回っているがこれはモンスーンの影響によるものである。

そして、あれほどの豪雪地帯であるので平均気温は氷点下を下回っている等にも思えるが意外にも平均気温は最寒月でも2.4℃程度と高く、亜寒帯とは程遠い気候である。

もし、上越市が大陸西岸側にあった場合はこのような豪雪になっていることは無く、ほとんど降雪の無い地域になっていたであろう。

 

ここまでは西岸の地中海性気候に当たる部分を紹介してきたがここからは温帯の中でも高緯度側である地域について書いて行きたいと思う。

東岸側で西岸側の西岸海洋性気候と同緯度の地域では亜寒帯となっている所が多く、北海道の札幌市(北緯43度)のような低緯度側でも既に亜寒帯となっている。

札幌市は亜寒帯の中では最も緯度が低い地域であるので夏場の気温は高く、最暖月の平均気温は22℃以上にも達し、この気候は亜寒帯の中では最も気温の高いDfa(以下、亜寒帯夏季高温気候と称す)に分類されている。

亜寒帯夏季高温気候は大雑把に分けると冬場に降水が少ないDwa, または降水に格差の無いDfaの2種類に分類され、いずれの場合も最暖月の平均気温は22℃以上、最寒月の平均気温がマイナス3℃以下であり、年較差が25℃以上ある気候であることが分かる。

当然この気候は亜寒帯の中でも緯度が低い地域に位置しており、大陸東岸の北緯38~45度当たりに位置している(南半球には亜寒帯気候は存在しないため)。

 

そして、亜寒帯夏季高温気候よりも高緯度側は更に冬場の気温が低くなり、シベリアの奥地の冬場の平均気温は極めて低くなっており、特に低温の地域では最寒月の平均気温がマイナス38℃さえも下回るほどである。

この気温は水銀が凍るほどの低温であり、気候で分類するとDfd, またはDwd(以下亜寒帯冬季超低温気候と称す)となる。

一般的にこの気候は非常に限られた地域でしか見ることが出来ず、冬場になるとシベリア高気圧により乾燥する亜寒帯冬季少雨気候(Dw)に属しているシベリア東部でしか見ることが出来ないと言っても過言ではない。

亜寒帯冬季超低温気候では夏場になると気温が上昇し、場合によっては30℃を超える日もあるため年較差は100℃以上に及ぶ時さえもあり、世界で最も極端な気候と言っても過言ではない。

ちなみにこの気候は内陸部に見られる気候であり、更に亜寒帯自体が内陸性の気候であるのでシベリアやカナダでは亜寒帯が多く、これらの地域以外では亜寒帯はほとんど見られない。

大陸西岸部では暖流の影響が強く、亜寒帯自体が珍しい地域となっており、大陸東岸でも亜寒帯冬季超低温気候は内陸部にしか見られず、海岸部では冬場の気温が極端に下がることは無い。

 

そして、亜寒帯よりも北の地域では当然寒帯となっており、ツンドラ気候, 氷雪気候の順になっている。

f:id:DS930810:20180404134446j:plain

東岸の気候は大まかに書くと上記のようになっており、モンスーンの影響があるので砂漠気候は存在せず、地中海性気候が温暖湿潤気候になっているなどの違いもある。

また、年較差が西岸と比較すると高い傾向があるので亜寒帯地域の範囲は広くなっており、シベリアの東部は冬場になると乾燥をするので亜寒帯冬季少雨気候となり、この気候はシベリア東部固有の気候と言っても過言ではない。

ちなみに大陸内部になると気温の年較差が大きくなる傾向があるので年平均気温は同緯度の地域よりも低くなる傾向があり、海から遠い地域の気温が最も低くなる。

 

※これらの気候の分類は北半球を中心に考えたものであり、南半球は北半球とは異なり陸地が少なく亜寒帯に相当する場所は存在しない。

更に南極大陸は大陸であるので低緯度側(南緯60度)の場所でも氷雪気候となっているので一概には緯度だけでは気候は判断できない。

 

以上のことを簡潔にまとめると

  • 砂漠気候, 地中海性気候は基本的には西岸にしか見られない
  • 西岸海洋性気候はほぼ西岸に見られる気候であるが東岸にもごくわずかではあるが見られる
  • 逆に温暖湿潤気候, 亜寒帯夏季高温気候(Dfa, Dwa)は東岸にしか見られない
  • 亜寒帯気候は内陸部に多く、西岸部にはほぼみられない
  • 東岸部のほうが年較差が大きい
  • 東岸部はモンスーンの影響が降水量が多くなる

 

 

 

以上、西岸と東岸の気候の違いについてでした。