DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

南天の星座ケンタウルス α星は最も近いが遠いものは極端に遠い

今回はケンタウルス座について書いて行きたいと思う。

 

1. ケンタウルス座とは

ケンタウルス座は南天の星座の一つであり、日本からは全貌を見ることが出来ず、更に同じく見ることが困難である南十字座と比較すると知名度も低い。

しかし、ケンタウルス座には明るい恒星が数多くあり、最も明るいα星はマイナス0.27等と全天でシリウス, カノープスに次ぐ明るさを誇り、0等星の中では最も明るい恒星である。

また、α星の隣に輝いているβ星も0.61等とこちらもかなり明るく、この明るさは南十字座で最も明るいα星やアルタイルよりも明るく、1等星の中では最も明るい。

そのため、ケンタウルス座には1等星以上の恒星が2つも含まれており、このような星座は他には南十字座とオリオン座しかない。

しかし、この明るい2星は東京からは観測をすることが出来ず、沖縄県ぐらいにまで行かないと観測することは不可能であるが逆に言うと南半球では一年中見える地域も多い。

 

そして、ケンタウルス座の恒星には他にも明るい星が多く、γ星, ε星, η星, θ星が2等星に含まれており、更にδ星やζ星は極めて2等星に近い3等星である。

f:id:DS930810:20180322144450j:plain

ここで、黄色は0等星, 青は1等星, 緑は2等星, 赤は3等星を表している。

この中で最も明るい恒星は唯一の0等星であるリギル・ケンタウルスであり、この恒星は明るいと同時に地球から最も近く、更に太陽と比較的似ている恒星である。

この恒星は太陽系からわずか4.37光年しか離れていない連星系であり、主星は太陽の1.5倍ほどの明るさを持つ直径170万キロほどの主系列星, 伴星は太陽の半分弱ほどの明るさを持つ直径120万キロほどの主系列星である。

当然太陽系と非常に近い恒星であるのでこの恒星から太陽を見るとかなり明るい恒星として観測され、カシオペア座の方向に0.46等星として観測される。

そして、この恒星は肉眼で見える恒星の中では唯一太陽が1等星以上の明るさで観測することが可能な恒星であり、肉眼で見える恒星の中では2番目に太陽系に近いシリウスからは太陽はもう1等星で観測することは不可能となる。

 

また、二番目に明るい恒星であるハダルはリギル・ケンタウルスと仲良く並んでいるように見えるがハダルはリギルとは違い地球からの距離はかなり遠く、392光年とリギルの90倍近くも太陽系から離れている。

当然これほど離れているのにもかかわらず、1等星(0.5~1.5等星)の中で最も明るく見える理由はこの恒星が極めて明るいからであり、絶対等級は可視光だけでもマイナス4.8等もある。

更にこの恒星の表面温度は24,000 Kと太陽の4倍ほどもあるので非常に青く、更に紫外線領域が中心となっているので総合的なエネルギー量だと太陽の数万倍に及ぶと推測されている。

一見仲良く並んでいるように見えるリギルとハダルも実はハダルのほうが圧倒的に遠く、そしてハダルのほうが圧倒的に強大である。

 そして、リギルとハダルについては以下の記事を参照していただきたい。

www.rigelultragiant.com

 

ここまではケンタウルス座の1等星以上の恒星について書いてきたがここからは2等星について書いて行きたいと思う

ケンタウルス座には2等星は4つ含まれており、この中で絶対等級が明るい恒星はε星のバーダン(Birdun)とη星のマルフィケント(Marfikent)であり、残りのγ星ムリファイン(Muliphain)とθ星のメンケント(Menkent)はそこまで明るい恒星ではない。

では、初めに絶対等級が明るくない恒星のほうから書いて行きたいと思う。

 

この中で最も明るい恒星はメンケントであるがこの恒星は地球からの距離が59光年とリギル・ケンタウルスと比較するとかなり遠いが他の星と比較するとかなり近く、絶対等級も0.78等とベガよりも弱い。

そして、この恒星は現在巨星に移る最中であり、そのため表面温度は太陽よりも低くなっており、地球から観測すると黄色の恒星として見ることが出来る。

ちなみに地球から見た明るさは2.06等とケンタウルス座の中では3番目に明るいもののギリシャ文字は何故か8番目のθである。

 

そして、次に明るい恒星はγ星のムリファインであり、この恒星も地球から見た明るさは2.17等星と比較的明るく、地球からの距離は130光年とメンケントと比較すると倍以上遠いがハダルと比較すると3分の1程度しか離れておらず、そこまで遠い恒星ではない。

また、この恒星の絶対等級はマイナス0.835等であるが実はこの恒星は似たような恒星同士の連星系であるのでこの光度は合計光度である。

この恒星系の中で明るいほうの恒星は太陽の101倍程度の明るさを有している白色の準巨星であり、暗いほうは太陽の96倍ほどの明るさの白色の準巨星であるので2つの恒星は非常によく似た恒星である。

 

ここまでは地球距離が比較的近い2等星について書いてきたがここからは地球からの距離が遠めの2等星2つについて書いて行きたいと思う。

初めにε星のバーダンについて書いて行きたいと思うがこの恒星はリギル・ケンタウルスとハダルの上部に位置している恒星であり、地球から見た明るさは2.29等とそこそこ明るい。

そして、この恒星は地球からは427光年とムリファインはおろかハダルよりも遠く、そのため絶対等級もマイナス3.30等とかなり強めである。

更にこの恒星はハダルと同等の表面温度を有しており、そのため可視光での放射量は少なく、大半が紫外線に依存しているので総合的なエネルギー量だとハダルには及ばないものの太陽の一万数千倍にも及び、非常に明るい恒星である。

また、この恒星は物理的な距離ではハダルと非常に近い所に位置している恒星であり、その距離はわずか65光年しか離れていないため、ハダルがマイナス3.29等と非常に明るく見え、反対にハダルからバーダンを観測するとやはりマイナス1.80等と地球から見たシリウスよりも明るく見える。

 

最後にη星であるマルフィケントについて書いて行きたいと思う。

マルフィケントはη星の中ではおおぐま座η星に次いで明るい恒星であり、そして非常に若い恒星でもあるので表面温度がハダルよりもさらに高温な25,400 Kもある。

更にこの恒星は自転速度がベガよりも速く3秒間で1,000 kmにも及ぶほどであり、カシオペア座ガンマ型と言う特異な変光星でもある。

ちなみにこの恒星は地球からは305光年ほど離れており、この距離はバーダンと比較すると近いもののムリファインと比較するとかなり遠く、カノープスと同等程度である。

そして、地球から見た明るさは2.33等であるため、可視光だけの絶対等級はマイナス2.53等と主系列星にしてはかなり明るく、今後は超新星を起こす可能性も十分考えられるが大規模な白色矮星になる可能性も十分考えられる。

 

ちなみにハダル, バーダン, マルフィケントの3星は南十字星と同じ所で生まれた恒星であり、この恒星の集まりのことをケンタウルス・さそりOBアソシエーションと呼び、南十字座のα, β, δ、おおかみ座, さそり座, ケンタウルス座のいくつかの恒星がここに含まれている。

更にりゅうこつ座のカノープスもここに含まれている可能性もあり、またこの星団の恒星は若めの恒星が多いが超高齢のさそり座のアンタレスもここに含まれているのでもしカノープスがここに含まれていればカノープスとアンタレスのみが超巨星ということになる。

 

また、2等星では無いがかなり2等星に近いδ星とζ星アルナイル(Alnair)もこの星団に含まれており、地球からの距離もそれぞれ415光年, 382光年とやはりハダルやバーダンと距離が似ている。

そして、更に暗い恒星の中ではκ星, λ星, μ星, ν星, φ星などもこの星団に属している。

ここまではケンタウルス座の比較的明るい恒星について書いてきたが距離が極端に遠いものは無く、ケンタウルス座には数千光年級の恒星が無いように見えるが実は肉眼で見える恒星の中にも数千光年級の恒星が3つも存在する。

 

 

 

2. 極端に遠い恒星

ケンタウルス座の恒星は500光年以内の恒星が多く、1,000光年以上離れた恒星はほとんど無いが中には5,000光年以上も離れた恒星もある。

その恒星とはο1星, ο2星, そしてV810星の3つであり、絶対等級はいずれも極端に強いものの地球からの距離があまりにも遠すぎるのでどの恒星も5等星程度にしか見えない。

f:id:DS930810:20180322154318j:plain

ケンタウルス座の中で最も遠い3星はケンタウルス座の中でもかなり西寄りの恒星であり、りゅうこつ座との境界線に近い所に位置している。

そして、これらの恒星はλ星(3.11等)のすぐそばに位置しており、ο1星と2星は非常に接近して観測され、実際の距離も非常に近い。

ケンタウルス座の両ο星は地球からはそれぞれ5,722、5,347光年先に位置しており、お互いの距離は375.3光年しか離れていないのでο1星からo2星を見るとマイナス0.64、反対の場合だとマイナス0.84等として観測することができ、絶対等級もマイナス5.95等(ο1星)、マイナス6.15等(ο2星)と非常に明るい。

更にこの恒星たちは以前書いた極超巨星のりゅうこつ座V382星(絶対等級マイナス7.49等)とも距離が近く、ο1星からは633.4光年(マイナス1.05等)ο2星からは974.4光年(マイナス0.11等)しか離れていないのでりゅうこつ座V382星がカッコ内の明るさで観測することが出来る。

 

また、これらの恒星よりも距離が遠い恒星としてはV810星があり、この恒星は地球からの距離が7,090光年も離れており、更に絶対等級もマイナス6.68等とリゲルほどでは無いが極端に明るく、ケンタウルス座の肉眼で見える恒星の中では最も遠く、そして絶対等級が最も強い恒星でもある。

 

このようにケンタウルス座の中には肉眼で見える恒星でも非常に遠いものがあり、当然このような恒星の相対量は全恒星の中でも極めて少ない。

 

 

 

以上、ケンタウルス座の恒星についてでした。