DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

四季に富んだ温帯 日本の大半もこの気候である

今回は温帯について書いて行きたいと思う。

温帯は四季がある季節として有名であり、日本もこの気候に分類されている。

 

1. 温帯とは

温帯は緯度30~50度当たりに位置していることが多い気候のことであり、全気候の中で唯一最寒月の温度に上限と下限の両方が定義されている。

具体的に言うと最寒月の平均気温がマイナス3℃以上であるかつ18℃未満であると温帯に分類され、更に十分な降水があるという条件も加わる。

そして、最暖月の平均気温の下限は10℃以上と定められており、これは亜寒帯とも共通し、熱帯の場合だと最寒月の平均気温は18℃以上と言う定義があるので自動的に最暖月の平均気温は10℃以上となる。

ちなみに温帯と亜寒帯の分類方法は比較的似ており、両者の違いは「最寒月の平均気温がマイナス3℃を下回っているか否か」の違いだけである。

つまり、温帯は亜寒帯と比べて冬場はそこまで過酷にならない気候であり、そのため亜寒帯よりも低緯度側に位置している傾向がある。

 

そして、温帯は最暖月の平均気温は特に定義がされておらず、これは寒帯以外に共通することであるが温帯を更に細分化した場合には最暖月の違いにより分類されることがあるがこの最暖月の平均気温の違いを分類する前に温帯は大きく3つに分類される。

その分類とは以下の通りである。

  • 温暖湿潤気候(Cf)
  • 温暖冬季少雨気候(Cw)
  • 地中海性気候(Cs)

 

 

 

2. 温帯の細分化

先ほど書いた温帯は三通りに細分化され、この細分化は他の十分な降水量が定義されている気候と同じように降水量の違いによって細分化される。

 

2.1 温暖湿潤気候(Cfa)

温暖湿潤気候とは年間の降水量に差が無く十分な降水がある地域のことであり、日本の大半もこれに分類されている。

そして、この気候は気温の違いによって細分化されることで最も有名な気候であり、最暖月の平均気温の違いにより大きく二通りに分類され、最暖月の平均気温が22℃を超え、夏の気温が熱帯並みに上昇する気候はCfaに細分化される。

この気候は温帯の中でも比較的低緯度の地域が属しており、東京都もこの気候に分類されている。

東京都の北緯は36度弱であり、夏至の日になると太陽の南中高度が80度近くとなり、熱帯並みに太陽が当たることになるため夏場の気温は非常に高くなるが冬至になると太陽の南中高度が30度ほどとなり、結果として太陽光が直角の時の半分しか当たらないために気温が低くなり、四季が明白に生じる。

このように夏場の時の太陽光度が非常に高くなるためにこの気候は緯度が温帯の中でも比較的低く、日本の場合だと緯度がこれより数度高くなると冬場の気温が下がり、亜寒帯に分類されるが...

 

2.2 西岸海洋性気候(Cfb, Cfc)

西岸海洋性気候は他の気候から考えると温暖湿潤気候の一種となるがここでは更に細分化されて別の言い方となっている。

西岸海洋性気候の特徴は最暖月の平均気温が22℃を上回らな気候であるかつ温帯であるので最寒月の平均気温がマイナス3℃を下回らない地域であり、夏冬の気温差が小さい気候である。

そして、この気候に属している地域は主に高日本よりも高緯度のヨーロッパであり、有名どころだとロンドンが挙げられる。

ロンドンの緯度は51度と日本と比較すると相当高緯度に位置しており、確かにこれほど緯度が高いと夏至の日の太陽高度もそこまで高くはならず、夏の気温も熱帯と比較しても低くなるが冬場の気温も下がりそうである。

実際にロンドンよりも緯度が低い札幌の最寒月の平均気温はマイナス3℃を下回っているために亜寒帯に分類されており、ロンドンも亜寒帯になりそうではあるがロンドンの最寒月の平均気温はマイナスはおろかプラスとなっている。

その理由はロンドンの西側には暖流が流れているからであり、この暖流が冬場の気温を抑えていることになっている。

そのためロンドンでは緯度の高さが夏の気温を抑えており、暖流が冬の気温を抑えているために気温の年較差が小さい西岸海洋性気候となっている。

 

そして、更に西岸海洋性気候は月平均気温が10℃を上回っているか否かの月の数で細分化されており、

  • 月平均気温が10℃以上の月が4回以上だとCfb
  • 月平均気温が10℃以上の月が3回以下だとCfc

となっており、Cfbのほうがより気温の年較差が小さいと言え、ロンドンもCfbに分類されている。

ちなみにCfcはロンドンよりも高緯度であるレイキャビク(アイスランド)などが属しており、レイキャビクは北極圏に近いにも関わらず(北緯64度)、意外にも最寒月の平均気温はマイナス3℃を下回っていない。

 

2.3 温暖冬季少雨気候(Cw)

今度は温暖冬季少雨気候について書いて行きたいと思う。

温暖冬季少雨気候は温帯の中でも降水量はあまり多くない地域が属しており、冬場の降水量はほとんどない。

どれほどないかというと冬場の最も降水量が少ない月の降水量が夏場の最も降水が多い月の降水量の10分の1を下回っていることが条件であり、日本も夏には梅雨があり、冬は乾燥しているのでこれに当てはまっていそうに見えるが実際にはそこまで降水量には差が無い。

つまり、この気候に当てはまっている地域では本当に冬場の降水量が少なく、その理由はこの気候は比較的緯度の低い地域に位置している場合が多く、冬場に中緯度高圧帯の影響を受けやすいからである。

中緯度高圧帯と言うと亜熱帯地方を乾燥させる強大な高気圧であり、熱帯気候の中のサバナ気候もこの高気圧の影響を冬場にもろに受けており、温暖冬季少雨気候はサバナ気候に接している、または標高の低いサバナ気候であるためにサバナ気候と同じ形で乾燥するのである。

 

ちなみにこの気候も三段階に細分化されており、この細分化最暖月の平均気温に起因しているがCfの場合とは異なり、全てが「温暖冬季少雨気候」と呼ばれており、条件はCfの場合と同じで

  • 最暖月の平均気温が22℃以上がCwa
  • 最暖月の平均気温が22℃未満であるかつ平均気温が10℃以上の月が4回以上だとCwb
  • 最暖月の平均気温が22℃未満であるかつ平均気温が10℃以上の月が3回以下だとCwc

であり、緯度の関係上からCwcの地域は極めて少なくなり(低緯度であるかつ標高が相当高い場所)、ボリビアのラパスがこの気候に当てはまる。

 

f:id:DS930810:20180210232527j:plain

上の図がラパスの月別平均気温と降水量の図、及び雨温図であり、最も降水量の多い月(1月, 南半球より夏)の降水量は242.2 mmで最も降水量の少ない月(7月, 冬)の降水量は11.2 mmであり、降水量の比率は21.625倍と10倍を優に上回っており、更に10℃よりも低い月が11回もあるのでこの気候がCwcであることが分かる。

そして、ラパスの緯度はかなり低く、もし標高が0mであるならばサバナ気候に分類されるはずだが標高が富士山頂と同じぐらいであり、平均気温が底下げされているため月平均気温が10℃を上回る月がわずか1回しか無く、もし11月の平均気温が10℃を下回ると寒帯(ツンドラ気候)に分類されるほどである。

 

2.4 地中海性気候(Cs)

最後に地中海性気候について書いて行きたいと思う。

地中海性気候は主に地中海の周辺部に見られる気候であり、温暖冬季少雨気候とは裏腹に夏場の降水量が少ない気候である。

実は夏場に降水量が少ない気候は非常に目づらしく、温帯や亜寒帯ではめったに見られない気候である。

そして、この気候の条件としては温帯であることと同時に夏場の最も降水量が少ない月の降水量が冬場の最も降水が多い月の降水量の3分の1を下回っていることであり、更に最も降水量の少ない月の降水量が30mmを下回っていることも条件に入る。

また、もし30mm以下の制限を切ると新潟県のような冬場に降水量が多い地域もこれに当てはまってしまい、実はこの気候は日本が当てはまらないように意図的にこの条件が加えられているので日本にはこの気候の地域は存在しない。

 

また、この気候もa,b,cの三段階に細分化されるが地中海周辺部の温度は高いためにCsaに分類されることが多く、CsbやCscはこれよりも緯度が高いところに位置している傾向があり、CsCに至ってはかなり高緯度側に位置している。

 

 

 

以上が温帯の説明であり、温帯も熱帯や亜寒帯と同じように降水量による区分分けがあり、更に最暖月の平均気温の違いで更なる細分化がなされている。

 

参照文献(ラパスの雨温図)

http://blog.livedoor.jp/veritedesu/archives/1897280.html