DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

寒い時は寒帯以上に寒い気候 亜寒帯

今回は亜寒帯について書いて行きたいと思う。

亜寒帯とはケッペンの気候の中では赤道から二番目に遠く、冬場になると非常に過酷な気候になることで知られている。

 

1. 亜寒帯とは

亜寒帯とは北海道などのような高緯度地域が属する気候であり、冬の気温が温帯と比較するとかなり低温となる地域であり、北海道以外にも東北地方の内陸部なども属しており、日本でも比較的見られる気候である。

では、亜寒帯がどれほど寒いかというと東京都の冬場よりも寒い。

東京都の冬は確かに寒く低温だが亜寒帯と呼ぶには気温が高すぎ、亜寒帯の場合だと最も寒い月の平均気温がマイナス3℃を下回ることが条件である。

東京都の場合だと最も寒いでもマイナス3℃を下回るかは微妙であり、亜寒帯の場合には最も寒いの平均気温がマイナス3℃を下回る、つまり30日余りの気温がマイナス3℃を平均して下回らなければならない。

ここまで来てようやく亜寒帯として定義されるために亜寒帯となるには冬場の気温が極端に寒くならなければならず、亜寒帯気候がいかに過酷であることが分かる。

ちなみに最暖月気温についてだがこちらは10℃を上回っていることが条件であり、上限が定められてはおらず、夏場の気温が熱帯並みの亜寒帯気候も存在する(札幌など)。

実は最暖月に関しては寒帯とそれ以外のようになっており、その境界は10℃となっている。

f:id:DS930810:20180125220017j:plain

このように最暖月の平均気温が10℃よりも低い場合は降水量、最寒月(定義上必ず10℃は下回るが)に関わらず寒帯に分類され、10℃以上となるとそれ以外の気候に分類される。

 

では、今度は最寒月について書いて行きたいと思う。

最寒月は乾燥限界を必ず上回ってはいけない3気候の間で明白に分けられており、以下のようになっている。

f:id:DS930810:20180125220425j:plain

亜寒帯の場合には最寒月はマイナス3℃以下、温帯はマイナス3~18℃、そして熱帯の場合には18℃以上となっていることが条件であり、乾燥帯と寒帯には特に設けられていないが寒帯の場合は最暖月が10℃を下回っていることが条件であるので最寒月も必然的に10℃を下回る。

 

そして、極端な話となるが亜寒帯の冬は必ず雪が降るような気候となるが寒帯では必ずしもそうはならず、例えば平均気温が年がら年中9℃であっても寒帯と呼ばれるようになり、このような場合だと寒帯であるにもかかわらず雨しか降らなくなる。

まあ、寒帯は低緯度でも極端に標高の高い所や緯度が極端に高く、白夜や極夜がある所にしかないのでこのような場所は季節の変化が小さい低緯度で標高の高い地域に限られてくるが...

 

このように亜寒帯は冬場になると気温が極端に下がり、夏になるとそれなりに気温が上がる所に限定されるために緯度が東京よりも高く(標高の高い所はそうは限らないが)、極地よりも低い所(極圏には存在する)に限られてくる。

では、次章では亜寒帯の更なる細分化について書いて行きたいと思う。

 

 

 

2. 亜寒帯の細分化

先ほどまでは亜寒帯の定義について書いてきたがここからは更なる細分化をしていきたいと思う。

亜寒帯は最寒月気温がマイナス3℃を下回っていることが前提の気候であるが最暖月気温は特に定義されていない。

そこで、亜寒帯気候は最暖月, 最寒月の違いによって4通りに細分化されており、気温が高い順からa, b, c, dのようになり、これらの符号は亜寒帯気候を示す符号(Df, Dw)の後に付けられている(例えば北海道の場合はDfa)。

では、ここからはこの更なる細分化について書いて行きたいと思う。

 

初めに最暖月の違いからaとそれ以外に区分化され、最暖月の平均気温が22℃を上回っている場合にはaに分類される。

この気候に分類されている地域は亜寒帯の中では低緯度側に位置しており、温帯の上に位置している傾向がある。

この気候の代表例としては札幌が挙げられ、札幌の冬はかなり低温となり、最寒月の平均気温はマイナス3℃を下回るほどになるが最暖月の平均気温は22℃を上回り、場合によっては熱帯並みの気温にさえなることがある。

このように夏の気温が上昇する理由としては緯度がそこまで高くないからであり、札幌の夏至の日の南中光度は赤道のものを若干上回っており、比較的多くの太陽光を受けることになるからである。

以上のことよりこの気候は亜寒帯の中では最も温帯に近いものとなっており、夏場の気温は亜熱帯, もしくは熱帯並みに上昇するが冬場の気温は亜寒帯としてはそこまで高くないのである。

 

次に最も気温が低いdについて書いて行きたいと思う。

先ほどは最暖月の平均気温によってaがふるい分けられたが今度は最寒月の平均気温で類分けたいと思う。

最寒月の平均気温がマイナス38℃を下回っている場合にはdに分類され、この気候の代表例としてはロシアのオイミャコンが挙げられる。

この村の冬場の気温は南極点並みに寒くなり、北半球で最も寒い所として観測されたことがあるほどであり、その気温はマイナス70℃を下回ったほどである。

しかし、オイミャコンはここで書いてあるように亜寒帯であり、決して寒帯ではない。

それにもかかわらず寒帯よりも寒くなっている理由はあくまで最寒月の下限がどれほど低くなったとしても亜寒帯には最寒月の下限が定められてはおらず、最暖月の平均気温が10℃を上回れば最寒月の平均気温がどんなに低くなっても亜寒帯に分類されるからである。

つまり、オイミャコンの最暖月の平均気温は10℃を上回っているわけだが10℃を若干上回っているだけではなく、夏場になると最高気温が30℃を超えることさえもある(最暖月の平均気温ではなくあくまで1日の最高気温なので平均気温はこれよりも低くなっており、22℃を下回っている)。

実は亜寒帯では最暖月の平均気温の上限も定められてはおらず、最暖月の平均気温がどれほど高くなったとしても最寒月の平均気温がマイナス3℃を下回っていたら亜寒帯に分類されるのである。

また、これほど極端な気温が出る理由はオイミャコンの緯度が高いだけではなく非常に内陸に位置していることも理由となっている。

ちなみに緯度は63.25度と相当高く、夏至の日でも南中高度は50度ほどと低めではあるが東京の春分, 秋分の時よりも若干低い程度となっている上に内陸部に位置しているので東京の夏ほどではないが気温は意外なほど上昇するが冬場になると太陽がほとんど昇ることも無く、更に昼も非常に短くなるので気温は内陸補正と合わさって非常に低くなる。

 

ここまではa,d 気候について書いたがここからはb,c 気候について簡単に書いて行きたいと思う。

b,c 気候は最暖月が10~22℃であるかつ最寒月がマイナス38~マイナス3℃以内に収まっていることが条件となっている。

ここで、更にb,cに細分化されるわけであるが何によって細分化されるかというと月平均気温が10℃を上回っている月の数によって分けられ、月平均気温が10℃を上回ってい日が4カ月以上あったならばb、無かったならばcに分類され、このことよりcのほうがbよりも寒くなる傾向がある。

以上のことを図にまとめると以下のようになる。

f:id:DS930810:20180126090732j:plain

以上までが気温による細分化であったが亜寒帯にも他の気候と同様に降水量による細分化もあり、冬場に雨が少なく最小雨月の降水量が最多雨月の降水量の10分の1を下回っていればDw、夏場に雨が少なく、最小雨月の降水量が最多雨月の降水量の3分の1を下回っていればDs、両方に当てはまっていない場合はDfに分類され、これに先ほどの気温による符号をつけることでさらに細分化がされる。

また、言うまでも無いがこれは乾燥限界を上回っていることが条件となっており、上回っていない場合は乾燥帯に分類される。

 

 

 

以上、亜寒帯についてでした。