DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

復讐する動物 カラスや象以外にも

今回は復讐を行う動物について書いて行きたいと思う。

今までもカラスや象が復讐することについて書いてきたが今回はそれらの動物以外にも復讐する動物について語っていく。

 

1. 復讐する動物は何類

復讐する動物はある程度知能が高い動物だけであり、昆虫が復讐することは絶対に無い。

もし、昆虫が復讐するとなるとアリを踏んづけたら翌日蟻の集団に襲撃されたりするので昆虫が復讐すると非常に恐ろしく、外を歩くこともできなくなる。

そして、例え脊椎動物であっても魚類や両生類、爬虫類が復讐することは無くサメやヘビなどは人を襲うことはあったとしてもそれは復讐のために襲っているのでない。

また、勘違いされがちだがヘビをたたくと襲われたということがあるがあれは復讐ではなく単に反撃をしているだけであり、復讐と言うのは酷い目に遭わせた相手を憎み、同じようにやり返すことを指している。

 

このように復讐と言う概念はほとんどの動物には見られなく、復讐と言う概念を持っている動物はほとんどが哺乳類であり、哺乳類以外で明確に復讐の概念を持っている動物はカラスしかいない。

カラスは鳥類ではあるが非常に知能が発達しており、一度ひどい目に遭わされたらひどい目に遭わせた相手を同じように酷い目にあわさないと気が収まらず、更に同じ仲間がひどい目に遭わされたら仲間も酷い目に遭わせた相手のことを憎み、カラスには強い仲間意識があることも確認されている。

このようにカラスは鳥類はおろか哺乳類以外の動物の中では最も頭のいい動物と言っても過言ではなく、復讐以外にも恩を感じることさえもある。

 

では、哺乳類の話に入っていきたいと思う。

哺乳類は他の動物と比較すると非常に知能が発達しており、実際に芸をすることもできる動物さえも数多くいる。

哺乳類以外の動物で芸をすることが出来る動物は一部の鳥類のみであり、爬虫類以下ともなると芸をすることは実質不可能であるとも言え、爬虫類以下の動物はほぼ本能のみで生きていると言っても過言ではない。

勿論、知能が発達しているということは悪いようにも発達しているとも言え、その悪いこととは復讐のことである。

実際に復讐する哺乳類は比較的多く確認されており、例を挙げると象, 霊長類, シャチなどであり、 意外なところではアフリカスイギュウも復讐の概念を持っている。

他にも復讐すると明確には分かっていないが犬や猫も知能が高く、一回いじめられた相手に対しては非常に警戒心が強くなるため復讐する可能性も考えられる。

 

このように復讐と言う概念は知能が高いからこそ起こりうるのであり、全動物の中で最も知能が発達している哺乳類がそのような概念を持っていても別に不思議ではない。

では、実際に復讐について書いて行きたいと思う。

 

 

 

2. 復讐する哺乳類たち

先ほどは哺乳類には復讐の概念を持つものがいると書いたが実際に抽象的ではあるが復讐について書いて行きたいと思う。

 

2.1 シャチ

シャチは海に生息している巨大な哺乳動物であり、外見だけ見ると巨大な魚のように見え、実際に漢字で書くと「鯱」となっており、魚偏が入っている。

けれどもシャチは魚とは全く関係のない生物で肺呼吸を行い、また旁の部分は虎となっているが別に虎とも近縁な動物と言う訳ではなく、むしろ牛のほうに近い動物である。

実際にシャチは生物学的には「目」単位で牛と同じ所に分類される動物であり、完全に肉食ではあるがライオンや虎のような肉食動物ではなく、先ほども書いたようにウシやシカなどの草食動物に近縁な動物である。

そして、シャチは非常に強いことで有名ではあるが同時に非常に知能が高いことでも有名であり、その知能の高さは哺乳類の中でもトップクラスに高いのである。

ここまで書くと肉食な上に知能も高いので人類にとって脅威になりそうだが意外なことにシャチは人間を捕食することは無く、その理由はシャチは非常に偏食であるためと言われており、特定の動物しか食べないからである。

つまり、シャチは人類にとっては脅威となることは無く、サメと違って知能も高いためアシカと間違って襲われるということも無さそうではあるが人を襲うことはごくまれにあるとされる。

その理由は復讐であり、漁船がシャチに危害を加えた後、シャチの群れが数週間にもわたりその漁船の漁を妨害し続けたという例がある。

シャチは非常に仲間意識が強い動物であり、仲間に危害を加えられたために漁船のことを憎み、このような行為に走ったとみられるが正直に書くと復讐方法はかなり緩やかであり、漁を邪魔しただけで人そのものには危害を加えてはいない。

つまり、シャチは過激な復讐をする象(踏みつぶすなど)と比較するとかなり平和的な復讐をしており、ある意味では人類にとっては非常に安全な動物とも言え、実際にクジラ類はサメからダイバーを守ったりするほどの動物でもある。

このような動物は非常に珍しく、クジラ類は平和を好み、争いごとを避ける良い動物ではないかと考えられる。

 

2.2 アフリカスイギュウ

アフリカスイギュウは文字通り、アフリカに生息するスイギュウであり、意外かもしれないが復讐の概念を持っている。

アフリカスイギュウはライオンと同じ所に生息しており、当然ライオンに襲われることもあるが襲われるだけではなく、自分の仲間を捕食したライオンに対して復讐をすることもある。

以前動画サイトで見たものであるがライオンが一頭でいるときにアフリカスイギュウが群れでライオンのことを襲っており、ライオンはただ逃げ回っているだけに対してアフリカスイギュウは執拗に攻撃を繰り返していた。

実際にアフリカスイギュウが自らライオンを襲うとなると反撃される可能性も十分考えられ、とても自分が有利になるとも考えられず、どちらかと言うと不利な状況となるが復讐心を持っているとそのようにはならず、実際に復讐心が強くなると

憎い相手をひどい目に会わせたい>リスク

となるのでアフリカスイギュウには復讐心があると考えられる。

 

他にも以前自分を襲ったハンターを見かけた時に、そのハンターを執拗に襲撃した例もあるのでやはりアフリカスイギュウには復讐心があると見ることが出来る。

 

 

 

このようにだがが動物だからと言って侮っていると復讐されることもあり、哺乳類は知能が非常に高いためこのようなことは実際に起こるのである。

以上、動物の復讐についてでした。