DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

灼熱の恒星 O型星

今回は高温の恒星について書いて行きたいと思う。

恒星の表面温度は高ければ高いほど青色に見てるようになっていき、7,500 Kを超えたあたりからは青白い恒星として観測できる。

このことより青白い恒星であっても表面温度は様々であり、カノープスのように表面温度が低いものからオリオン座の三ツ星のように非常に高温なものまでさまざまである。

では、最も熱い恒星はどれぐらいの表面温度かと言うと...

 

1. 灼熱のO型星

恒星のスペクトル型は表面温度が高い順からO, B, A, F, G, K, Mとなっており、表面温度が最も高いものはO、そして低いものはMとなっている。

地球から見て最も明るい恒星であるシリウスのスペクトル型はA、カノープスはFであり、そこまでは表面温度は高くないが0等星に着目してみると

リギル・ケンタウルス G

アルクトゥルス K

ベガ A

カペラ G

リゲル B

プロキオン F

ベテルギウス M

アケルナル B

となっており、B型星も2つ含まれている。

 

また、1等星ともなると

ハダル B

アルタイル A

アクルックス B

アルデバラン K

スピカ B

アンタレス M

ポルックス K

フォーマルハウト A

デネブ A

ベクルックス B

レグルス B

となっており、この中でもハダル、アクルックス、スピカ、ベクルックスの表面温度は非常に高く、全天21星の中ではアクルックスが最も表面温度が高い恒星である。

その表面温度は29,000 Kであり、太陽の5倍ととてつもなく高い表面温度ではあるがこれでもスペクトル型はO型ではない。

つまり、スペクトル型がOの恒星は1等星以上の恒星の中には存在せず、2等星以降となるが一番地球から見て明るいO型星はどの恒星なのだろうか?

その恒星はアルニタクアル・スハイル・アル・ムーリフという恒星であり、地球から見た明るさは両者とも1.75等程度である。

アルニタクはオリオン座の三ツ星の1つであり、ベテルギウス側の恒星であり、アル・スハイル・アル・ムーリフはほ座で最も明るい恒星であり、日本から観測することはあまり容易ではない。

では、これらの恒星について書いてそれぞれ書いて行きたいと思う。

 

 

 

2. 三ツ星アルニタク

アルニタクはオリオン座の三ツ星の中で二番目に明るい恒星であり、最も明るい恒星であるアルニラム(真ん中)とそこまで大差はない明るさである。

f:id:DS930810:20180113120436j:plain

アルニタクはオリオン座の三ツ星の左側の恒星であり、地球からは736光年も離れているがリゲルと比較すると近い。

そして、アルニタクの表面温度はどの恒星よりも高いと言っても過言ではなく、スペクトル型がO9の超巨星であり、その表面温度は30,500 Kもある。

アルニタクは天の赤道付近に位置している恒星であり、日本からでも比較的観測しやすい...

と言うよりもオリオン座にあるため冬場になると嫌でも観測することが可能となるため特に貴重な恒星と言う訳でもない。

アルニタクの明るさは1.76程度と北極星よりも明るく、オリオン座全体から見ても5番目に明るい恒星である。

また、アルニタクの反対側に位置している恒星、ミンタカも表面温度が非常に高く、スペクトル型もO型ではあるが地球から見た明るさはあまり明るくなく、オリオン座の7恒星の中でも最も暗い2.23等となっている。

そして、オリオン座の7恒星の内、スペクトル型がO型の恒星はアルニタクとミンタカだけであり、他の5つの恒星は表面温度が高い順にアルニラム(三ツ星の真ん中)、サイフ(左下)、ベラトリックス(右上)、リゲル(右下)、ベテルギウス(左上)となっており、ベテルギウスのスペクトル型は最も低温なM型であり、他の恒星はO型に次ぐB型ではあるがリゲルの表面温度のみ他の恒星よりも圧倒的に低い。

 

 

 

3. アル・スハイル・アル・ムーリフ

アル・スハイル・アル・ムーリフという恒星は日本では聞きなれない恒星であり、その理由はわけの分からない名称である上に日本からは観測しづらい恒星だからと思われる。

実際にこの恒星は赤緯がマイナス45度よりも南にある恒星であり、日本から観測することは容易ではない上にほ座(帆座)と言うマイナーな星座にある恒星である。

そして、この恒星のギリシャ文字はγであるのにも関わらず同星座中で最も明るい恒星であり、この理由はおおぐま座やオリオン座と同じようにも思えるが実際には異なる。

ほ座と言う星座には当然α星もあるようにも思えるが実際にはα星は存在しておらず、強いて言うならばα星はりゅうこつ座のカノープスである。

何故、ほ座にもかかわらずα星がりゅうこつ座のカノープスかと言うと元々ほ座はアルゴ座と言う巨大な星座であり、あるときアルゴ座は余りにも大きいという理由でりゅうこつ座、ほ座、とも座の3星座に分割され、カノープスやアル・スハイル・アル・ムーリフ(以下スハイル)のギリシャ文字は分割される前のものであったのでカノープスのαやスハイルのγはアルゴ座の時のものであったからである。

 

また、この恒星は地球からは1,116光年も離れており、1,000光年オーバーの恒星の中ではデネブ, アルニラムに次ぐ明るさを有し、地球からは1.78等星として観測できる。

そして、このスハイルという恒星は非常に表面温度の高い恒星同士の連星系であり、主星はスペクトル型がO7.5の超巨星で、中心核がむき出しになったウォルフ・ライエ星と言う極めて高温な恒星と連星系をなしている。

つまり、スハイルは単独の恒星ではなく、表面温度が極端に高い恒星同士の連星系であり、主星の表面温度も極めて高いが伴星の表面温度は主星のものを軽々と上回っている。

更に主星のスペクトル型はO7.5であるため、アルニタクよりも高温であり、表面温度は推定35,000 Kほどもあると考えられ、伴星に至っては46,000 Kほどもあると推測されている。

f:id:DS930810:20180113123132j:plain

スハイルの位置、画像上の3つのマーカーはおおいぬ座の三角星(δ, ε, η)、三角星から見つけられるマーカーはとも座πアハディ、更に左にある天体はとも座ζナオス、ナオスの下の天体がスハイル。

ちなみにとも座ζナオスの表面温度も42,000 Kと非常に高く、更に2.21等星とそこそこ明るい恒星であるのでこちらも注目度がかなり高いと思う。

 

余談ではあるがスハイルと言う名称の恒星はこの恒星以外にもほ座λ星がこのような名称となっており、今日ではλ星のほうがスハイルと言う名称で通っていることが多い。

そのため、ほ座γ星がスハイルと呼ばれることはあまりなく、現在では「レゴール」という名称のほうが浸透している。

更にスハイル(レゴール)は連星であると書き、これではまるでアルニタクが単一星のようにも見えるが実際にはアルニタクも連星であり、3つの恒星が共通重心を公転し合っている。

f:id:DS930810:20180113123918j:plain

画像左がλ星、右がγ星でありかつてはλ星はアル・スハイル・アル・ワズン、

γ星はアル・スハイル・アル・ムーリフと呼ばれていたが現在ではλ星がスハイル(Suhail)、γ星がレゴール(Regor)と呼ばれることが多い。

ちなみにレゴールのほうは先ほども書いたように表面温度が極めて高くなっているがスハイルのほうはスペクトル型がK5の超巨星であるためアルデバラン程度の表面温度しかなく、オレンジ色に見える。

 

 

 

以上、灼熱の恒星についてでした。