DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

地球の気候の分類 前編

今回は気候の分類について書いて行きたいと思う。

よく日本は温帯と言われており、日本の気温は高いように思えるが実際には違い、気温が高いところは熱帯と呼ばれている。

また、温帯よりも気温が低い所は冷帯, 寒帯と呼ばれている。

そして、今回は話が長くなるために熱帯と温帯のみについて書いて行きたいと思う。

 

1. 熱帯とは

初めに熱帯について書いて行きたいと思うがその前に気候が起こる原因について軽く書いて行きたいと思う。

気候が起こる原因は簡単に言うと地軸に傾きがあるからであり、地軸が傾いているほど気候はより極端なものとなる。

その理由は地球は公転しており、公転するということは太陽が当たる面に変化が生じることとなり、ある地点では太陽が右向きにあったとしても半年後には太陽は左向きにあることとなる。

この時、地軸に傾きがあると太陽が直角に当たる面が異なり、例えば今の地球は地軸が23.4度傾いているので夏至の時は北緯23.4度の地点に太陽が直角に当たるが冬至の時は太陽は南緯23.4度の地点に当たることとなる。

f:id:DS930810:20171223142453j:plain

この現象は地軸に傾きがあるからこそ起こる現象であり、地軸に傾きが無いと年がら年中赤道に当たることとなり、結果として季節と言う物が無くなる。

そして、赤道付近(南緯23.4~北緯23.4度)では太陽が直角に当たる期間が存在する上に最も太陽の角度が小さい時でも太陽との角度はそこまで小さくならないために年がら年中気温が高くなる。

例えば赤道では春分, 秋分の時に太陽との角度が直角になるが最も角度が小さい夏至, 冬至の時でも太陽との角度は66.6度とかなり高い。

また、北緯23.4度の地点では春分, 秋分の時は太陽との角度は66.6度、夏至の時は直角、そして冬至の時は43.2度と夏至に近い時以外では若干角度が低くなるのため夏至のほうが気温が高くなり、北半球としての季節が生じることとなる。

 

そして、赤道に近い地域は上記のように年がら年中太陽が強く照っているために気温が高く、ドイツの気候学者、ケッペンの気候分布では熱帯気候と呼ばれている。

熱帯気候は赤道に近いために太陽光が季節によってそこまで変化がなく、そのため熱帯気候の定義は最寒月(最も寒い月)の気温が18℃以上であるかつ降水量がある程度あることである。

このように熱帯気候は極端に暑い地域のことではなく、先ほども書いたように太陽が年がら年中高い位置から照っているために定義も気温が下がらない地域となっている。

つまり、熱帯気候には気温で分けられる季節は存在しないものの代わりに降水量によって気候が細分化されており、細分化の内容は

  • 熱帯雨林気候(Af)
  • 熱帯モンスーン気候(Am)
  • サバナ気候(Aw)

の3つに大きく分けられ、最初のAは熱帯を示すものである。

 

1.1 熱帯雨林気候(Af)

熱帯雨林気候は赤道上から赤道に近い低緯度側に見られる気候であり、年がら年中雨が多く、12カ月の降水量が60 mm以上の多湿な環境となっている。

この理由は赤道付近には低気圧が発生することが多く、低気圧が発生するということは雨が降るということになるからである。

このため、熱帯地方でよくある雨季, 乾季も無い上に(しいて言うならば全て雨季)気温も年がら年中高いために季節は無いと言っても過言ではない。

 

1.2 熱帯モンスーン気候(Am)

熱帯モンスーン気候は熱帯雨林気候よりも少し高緯度側に見られる気候であり、弱い乾季が見られ、年平均降水量は100 mm以上と多いが熱帯雨林気候とは異なり、雨が最も少ない月での降水量が60 mmを下回っている。

 

1.3 サバナ気候(Aw)

サバナ気候は雨季と乾季がはっきりしており、冬場になると乾燥する気候で、更に降水量自体も少ない。

ここで冬場と書いたが熱帯地方なのであまり冬と言える季節も無いと思えるがこの地域が見られる所は熱帯地方でも高緯度側(大体緯度23.4度までの地域)であるため一応夏冬の季節はあると見なせる。

ちなみにwはドイツ語での冬(wintertrocken)の頭文字であり、冬場に乾燥するという意味で熱帯以外の季節でもつかわれる(夏に乾燥する場合はsであり、こちらは夏を意味するs)。

 

以上のことより、低緯度側から書くとAf, Am, Awの順となり、これ以上の緯度となると非常に乾燥するために高緯度側のほうが乾燥しやすい傾向がある。

 

 

 

2. 温帯とは

温帯気候は熱帯よりも高緯度側にある地域での気候であり、大体の場所では緯度が23.4度を上回っているために太陽が直角に照り付けることは無い。

そのため、太陽の角度は熱帯と比較すると低く、更に太陽との角度が最も高い時と低い時では46.8度も変わるために季節が明白となる。

温帯気候の代表例である東京(北緯35.7度)では夏至の時は太陽との角度が77.7度と同じ時期の赤道の位置よりも高くなるために熱帯と同等の気温となる。

けれども冬至の時は太陽との角度が30.9度とかなり低くなるために気温はかなり低くなるがこれでも北極圏と比較すると十分に高いので冬でも極端に寒いと言う訳ではない。

このため、温帯の定義は

  • 最寒月の平均気温がマイナス3~18℃
  • 最暖月の平均気温が10℃以上
  • 最低限の降水量がある

となっており、極端に寒くはないもの(最寒月は最も低い場合はマイナスとなっているが)季節があるということとなっている。

つまり、温帯の「温」とは極端に寒くはないという意味であると考えられる。

 

勿論、温帯も熱帯と同じように季節が細分化されており、

  • 温暖湿潤気候(Cfa)
  • 西岸海洋性気候(Cfb)
  • 温帯夏雨気候(Cw)
  • 地中海性気候(Cs)

の4つに分けられているがここでBではなくCである理由は熱帯と温帯の間にBに当たる気候があり、このことについては次章で書いて行きたいと思う。

 

2.1 温暖湿潤気候(Cfa)

温暖湿潤気候は温帯の中でも低緯度側に存在しており、日本の大半はこの気候である。

この気候の特徴としては低緯度側にある故に夏場の太陽の角度が非常に高くなるため、夏の気温が熱帯並みになる(=最暖月の温度が高い)ことであり、温帯の定義に加えて最暖月の平均気温が22℃以上になっているという条件が付く(温帯の最暖月は10℃以上)。

そして、日本は冬場は乾燥するが極端に降水量が低いと見なされていないため、一応湿潤であると定義されている。

 

2.2 西岸海洋性気候(Cfb)

西岸海洋性気候は単純に温暖湿潤気候よりも高緯度側にあり、太陽の角度が最も高い時でも熱帯ほどは高くならないために夏場の気温が熱帯並みになるということは無く、夏場の気温がそこまで高くない地域である。

そのため、温暖湿潤気候との違いは最暖月の温度だけであり、暖月の平均気温が10~22℃までの地域を指している。

けれども東京から北に行くと最寒月の温度がマイナス3℃を下回ることとなり、温帯ではいられなくなるためにこの気候は一見存在しないように見える。

しかし、ヨーロッパの緯度はかなり高いものの暖流が流れており、このため冬場の気温も高くなる傾向があるためにこの気候はヨーロッパで見られている。

代表的な場所としてはロンドンが挙げられ、ロンドンの緯度は50度強もあるため夏場でも太陽がそこまで高くは昇らず、気温も低いが冬場は暖流の影響により気温が上がるために年較差が小さい西岸海洋性気候気候となっている。

 

2.3 温帯夏雨気候(Cw)

この気候は読んで字のごとく夏に雨が多いため冬場になると乾燥し、wは「冬に乾燥」の意味なのでCwとなっている。

そして、この気候の定義は温帯の定義に加えて

  • 夏に雨が多い
  • 最多雨月の降水量が最小雨月の10倍以上である

ことが加わっており、日本では最多雨月の降水量が最小雨月の降水量の10倍を上回っていないためこの季節には分類されない。

また、CfはCfaとCfbに細分されており、実はこの季節も同じように最暖月によって細分化されるがここでは省略しておく。

 

2.4 地中海性気候(Cs)

地中海性気候は温暖夏雨気候とは逆に夏に乾燥する気候であり、読んで字のごとく地中海沿岸に多く見られる気候である。

そして、この気候の定義は温帯の定義に加えて

  • 冬に雨が多い
  • 最多雨月の降水量が最小雨月の3倍以上である
  • 最小雨月の降水量が30 mm以下

ことが加わっており、Cwと比べて最小雨月と最多雨月の差がそこまで大きくなくてもよいということが特徴となっている。

また、全体的に見ても降水量が少ない気候であり、特に最小雨月の降水量が30 mmでなければならない。

そしてこちらも、最暖月によって細分化されているがここでも省略しておく。

 

 

 

ここまで前半部ですが後半部は次回書きます。

後半予告

冷帯と寒帯、そして...