DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

様々な恒星ランキング 地球からみて長い期間明るい恒星は

今回は恒星のランキングを書いて行きたいと思います。

地球から見て一番明るい太陽以外の恒星はシリウスではあるがそれ以外のランキングについても書いて行きたいと思います。

 

1. 地球から見た明るさ

地球から見て一番明るい恒星はシリウスだが今回は5番目まで書いて行きたいと思います。

1. シリウス(-1.47)

2. カノープス(-0.72)

3. リギルケンタウルス(-0.27)

4. アルクトゥルス(-0.04)

5. ベガ(0.03)

 

以外にもベガが5番目であり、シリウス以外にも4つもの恒星がベガ以上にランクインしています。

シリウスの次に明るい恒星であるカノープスは筆者のお気に入りの恒星であり、地球から見た恒星以外にも様々なランクに載る恒星であるが日本からだとギリギリにしか見えないためにあまり有名ではない。

また、3番目のリギルケンタウルスは近いから明るい星の代表的なものであり、恒星系の明るさは太陽の2倍程度しかないが距離が全恒星系で唯一5光年を下回っているため地球から明るく見ることが出来る。

けれどもこの恒星は日本からだと全く観測することが出来ず、強いて言うならば沖縄からだとギリギリ観測できるほどのものです。

そして、4番目に明るいアルクトゥルスは日本からでも余裕で観測できる恒星であるため実質日本からだと2番目に明るい恒星だが何故か知名度が低く、その理由はあまり有名ではない春の恒星だからだと考えられる。

夏の大三角、冬の大三角と言う言葉もあるぐらいだし...

 

ここまでが地球から見た明るい恒星ではあるが今度は地球から見える近い恒星のランキングについて書いて行きたいと思う。

 

 

 

2. 地球から見える近い恒星ランキング

地球から見て近い恒星のランキングについて書いて行きたいと思うがあくまで地球から見える恒星限定であるため、6.5等以上の恒星についてだけ書いて行きたいと思う。

1. リギルケンタウルス(4.37光年)

2. シリウス(8.6光年)

3. エリダヌス座ε(10.5光年)
4. プロキオン(11.4光年)

5. 白鳥座61番星(11.4光年)

 

この中で明るい恒星はリギルケンタウルス, シリウス, プロキオンであり、残り2つの恒星は全く明るくはありません。

その理由は絶対等級が非常に暗い恒星であり、エリダヌス座εは太陽の28%、白鳥座61番星に至っては肉眼で観測できる恒星の中ではワースト1,2を更新しているぐらいです(白鳥座61番星は連星であり、どちらも地球からは観測できるが6.5等以内の恒星の中では絶対等級がワースト1, 2である)。

そして、シリウスやリギルケンタウルス、プロキオンは明るいから近い恒星の代表例とも言え、星自体が明るいカノープスやリゲルとはある意味正反対とも言えます。

ちなみに近いことで有名なアルタイル(16.7光年)は白鳥座61伴星の次に続くインディアン座ε, くじら座τ, エリダヌス座ο2, へびつかい座70番星の次となる。

 

 

 

3. 地球から見て長い期間明るい恒星

今回は地球から見て長い間明るい恒星について書いて行きたいと思う。

シリウスは現在、最も明るい恒星ではあるがそれは単に地球からの距離が近いだけであり、年月が経つとやがては暗くなっていきます。

そして、現在明るい恒星の約半数は地球からの距離が近く、長い年月をかけるとだんだんと暗くなっていき、やがては肉眼で観測することが出来なくなります。

しかし、中には地球からの距離が遠いにも関わらず明るい恒星があり、それは先ほど挙げたカノープスやリゲルが該当する。

カノープスやリゲルは長い年月をかけても恒星自体が明るいためにそこまでは暗くならず、カノープスに至っては過去に3回、そしてこれから1回全天で最も明るい星と化す。

もうここで答えを言ったと思うが地球から見て最も長い期間明るい恒星はカノープスであり、他の恒星は1回しか全天で最も明るい恒星となることはできないがカノープスのみ4回も最も明るい恒星となります。

その理由はカノープスの絶対等級が極めて明るいだけではなく、絶対等級に対して距離が近いことも挙げられる。

カノープスと太陽との距離は309光年と遠く、この距離からだと太陽は9.7等星と肉眼で余裕で観測できない明るさとなるがカノープスの明るさはとてつもなく明るく、その光度は太陽の15,000倍にも及ぶために地球から見た明るさは2番目となっている。

勿論カノープス基準で考えると309光年は非常に近く、カノープスは850光年まで1等星として観測できるためにこの距離の近さは実感できる。

そして、かつてカノープスは太陽系に177光年まで接近し、その時の明るさはマイナス1.93等と現在のシリウスの明るさを軽く驚愕するほどであった。

勿論全天最輝星であり、その後、カノープスは太陽系から遠ざかって行ったもののその絶対等級の大きさより、2回も全天で一番明るい恒星となり、実はあと1回全天最輝星となる機会を残している。

 

ちなみにカノープスよりも絶対等級が強烈なリゲルは距離が863光年と非常に遠いために過去、未来含めても全天最輝星となることは無い。

 

 

 

以上、恒星ランキングでした。