DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

動物の食性の変化 肉食から草食へ

今までの文体は語尾に「ます」ばかりつけていたため、かなり文が悪く見えたためこれからは文体を変えていきたいと思います。←例えばこのように

それはさて置き今回のテーマは動物の食性について書いて行きたいと思う。

 

1. 肉食から草食へ

本来動物は初めは全て肉食であり、時代が経つにつれてだんだんと肉食である動物が草食に進化していったという事実は意外にも知られていない。

実をいうと動物は同じ動物を食べたほうが当然ではあるが動物に必要な栄養素を効率よくとることができ、このため肉を食べたほうが草を食べるよりも栄養を取りやすいため、草食は効率が悪いとも言える。

けれども動物が動物ばかり食べていると動物の数は段々と減っていき、最終的には絶滅をしてしまう上に動物を食べるにはいちいち成功するかどうか分からない狩りをする必要があるために安定して採食ができる植物を摂取したほうが効率が良いとも考えられる。

そのため、一部の生物は動物を食べることから植物を食べる方向に進化していき、現在の牛のような生物が出現した。

そして、今現在は草食動物の数も多くなり、肉食動物とのバランスも良くなったために自然に手を加えない限り(外来種, 開拓など)ある種が絶滅するようなことは起こらなくなった。

 

 

 

2. 雑食性

生物は大雑把に分けると肉食, 草食の2種類に分けられるが中には雑食性の動物も存在する。

 

そこで例を挙げていきたいと思う。

2.1 パンダ

パンダは一般的に笹ばかり食べているように見えるがそれは誤りであり、パンダは肉食を行うことも確認されている。

実はパンダという生物は意外かもしれないが草食には全く適しておらず、本来パンダは肉食動物に分類されるべき動物である。

パンダの分類は食肉目クマ科であり、食肉目とは犬, 猫, 熊, ハイエナ, イタチなどの肉食動物が分類されている目であり、主に草食動物が属しているウシ目と並び、哺乳類界の中では最も大きな目である。

そして、実際にパンダの胃は1つである上に腸も短く、体質だけを見れば明らかに肉食動物の体質をしている。

また、笹の栄養価は非常に小さく、パンダにとっては明らかに適している食物とは言えない。

 

ここまで書くとパンダは笹だけではとても生きていくことが出来ないように見えるがある2つの方法で補っており、その2つの方法とは以下の通りである。

  1. 笹を多量に食べる
  2. 肉食をする

初めに1の笹を多量に食べるという方法について書いて行くと笹の栄養価は先ほども書いたように非常に低く、少量食べただけではとても満足する栄養が取れないため、単純に量を取ればよいという方法である。

実際に馬のような草食動物も草の量が足りないと多くの草を食べることによって補うためこれはごく普通の行為である。

しかし、パンダは馬と違い本来は肉食動物であるため、笹だけでは到底栄養価が足りないために時折ウシ科の動物などを捕食することが見られ、本来ならこちらのほうがパンダにとっても効率的であると思われる。

 

では、何故わざわざパンダは効率の悪い方法を取ったかと言うとこの理由は生息域に関係があると考えられ、パンダの生息している地域には同じ食肉目であるトラが生息している。

パンダの力を持ったとしてもトラに勝つことは不可能であり、トラがいるところで肉食をしても勝ち目が無いためパンダはいっそ草食で生きる道を選択したのではないかと言う説が現在の所、有力である。

つまり、パンダの草食はトラとの争いを避けるために行われたことによるものなので生物の進化には他の生物が大きくかかわっている可能性があり、生物の進化は周りの生態系も大きく関係していると思う。

 

 

2.2 カバ

今までの記事のなかでカバの肉食についていろいろ書いてきたと思うが今度こそ結論付けたいと思う。

カバはつい20年前までは完全な草食動物であると考えられてきたが1,996年にカバの群れがオオカモシカを捕食している所を目撃して以来、カバの肉食に関する報告がうなぎのぼりのごとく増えていき、更にカバが他の動物を捕食すること自体がカバの生活史に含まれているという説まで上げられている。

では、この20年間の間に何が起こったのか?

 

実はカバの生態自体は全くと言ってもいいぐらい変化していないという説が濃厚であり、以前の記事ではカバが肉食に進化中とも書きましたが最近ではカバは偶蹄目にも関わらず反芻をしないという点がカバを肉食に至らしめていると考えられる。

最近の記事では反芻についてばかり書いているが偶蹄目の動物の中で反芻をしない動物はカバ, イノシシ, クジラのみであり、他の動物はすべて反芻を行っている。

反芻をすれば草を効率よく食べることができ、現に反芻する牛は草のみで十分な栄養素を補給することが出来る。

裏を返すと反芻しない動物が草のみで生活することは難しく、同じく反芻しないウマ目の動物はかつては大勢力を築いたほどであったが現在ではほとんどの種が絶滅し、この理由は前回の記事で書いたように非反芻性によるものだと考えられる。

そして、偶蹄目で反芻しないイノシシはほとんどが草食であるが極まれに肉食を行うこともあり、これは草だけでは栄養が足りないことが原因ではないかと考えられる。

また、クジラも非反芻の偶蹄類であるがクジラは完全な肉食性であり、これは偶蹄類の中でもかなり特異とも言える。

では、残ったカバについてだがカバは夜になると離れた所にあるイネ科の植物を食べることが知られており、その上カバの採食量は1日当たり40kgほどと体重に反してかなり少ない。

この理由はカバは昼間はほぼ川に浸かっており、ほとんど動くことも無いため栄養を補給する必要が無いと考えられているからである。

しかし、本当にこれだけで栄養補給が出来ているかと言うとそれも疑問であり、実際にカバは反芻もしないため、エネルギーを消費しない件を差し引いても明らかに栄養素が不足していると思われる。

そこで行うことが肉食であり、カバは牛のように反芻をしないので多少は肉を食べることも可能であるとも言え、カバが肉を食べる理由は非反芻性にあると考えられる。

つまり、カバが肉を食べる原因はカバが肉食に進化しているわけではなく、単純に牛ほど草を食べることに特化していないということが有力であると考えられる。

 

しかし、カバは肉を食べる体質では無いため、肉を食べることが健康にいいとは決して言えないために牛よりかは絶滅しやすいのではないかとも考えられ、現にウシ科は多数存在するのに対してカバ科はカバとコビトカバの2種しか存在しない。

 

 

 

以上、生物の食性の変化についてでした。