DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

近隣の恒星の位置関係 そして太陽はどのように見えるのか

今回は近辺にある有名な恒星について書いていきたいと思います。

恒星の明るさは様々であり、リゲルやカノープスのように遠いのにも関わらず明るい星はごく少数しか存在せず、大半の恒星はそこまで明るくはありません。

そして、シリウスは近くて明るい星として有名ですがシリウスレベルの恒星でも上位1%に入るレベルの明るさであり、トップクラスとも言えます。

 

1. 近辺の明るい星

恒星界で近辺と言うと絶対等級の基準の距離となる10パーセク(32.616光年)以内に位置する恒星のことであり、1.5等星以上の恒星は6つ10パーセク以内に位置しております。

その恒星とはリギル(ケンタウルス)、シリウス(おおいぬ)、プロキオン(こいぬ)、アルタイル(わし)、ベガ(こと)、そしてフォーマルハウト(みなみのうお)であります。

 

この順番は地球から見た距離の順であり、近い順に書いていきましたが絶対等級は

ベガ>シリウス>フォーマルハウト>アルタイル>プロキオン>リギル

の順となっており、プロキオンまでは10パーセク以内でトップ5に入っております。

 

では、これらの星についての大雑把なデータについて書いていきたいと思います。

f:id:DS930810:20171114173158j:plain

このようになっており、リギルが2つになっている理由はこの星は連星系であり、太陽の1.5倍明るい主星と半分の明るさの伴星からなっているからです。

そして、スペクトル型は全て主系列星(Ⅴ)となっており、10パーセク以内には主系列星しか存在しません。

 

しかし、これらの恒星の知名度には大きな差があり、シリウス, アルタイル, プロキオン, ベガは非常に有名であり、大三角にも含まれていますがフォーマルハウトとリギルは知名度が低く、フォーマルハウトは暗めの秋の星のなかで一番明るく唯一の一等星であり、リギルは日本からだと低すぎて見えないため見ることが出来ません。

つまり、暗い秋の星である、そもそも観測が出来ないから知名度が低いと考えられます。

 

では、これらの恒星から他の恒星を観測するとどのように見えるのでしょうか?

 

 

 

2. 近辺の恒星の星空

初めに一番近いリギルの星空について書いていきたいと思います。

2.1 リギルの星空

リギルから見て一番明るい星はシリウスであり、9.52光年と太陽とシリウスとの距離に比べたら若干遠いですが明るく見え、位置も移動しオリオン座のベテルギウス(0.46等)のすぐそばで観測でき、マイナス1.26等で観測できます。

そして、その次に明るい恒星はカノープスであるがこの星はかなり遠いため、位置はほぼ変わらず、マイナス0.73等で観測できます。

 

気になるのは太陽の見え方ですが太陽はカシオペア座の方向に見え、明るさは0.46等とベテルギウスと同じぐらいの明るさに見えます。

そして、太陽にそっくりで近いη星は太陽の側によって見えます。

 

近辺の星の明るさ

f:id:DS930810:20171114175003j:plain

 

 

2.2 シリウスの星空

リギルの次に近いシリウスでは星空はどのように見えるかと言うと実はこの時点で太陽は1等星ではなくなっており、1.93等と地球から見る北極星よりも若干明るい程度の明るさしかありません。

そして、シリウスから見て最も明るい恒星はプロキオンであり、マイナス1.32等と非常に明るく見え、おおぐま座の端の方向に見えます。

その次はカノープスが明るく、次いでカペラ、リゲルの順に続きます。

そして、面白いことにアルタイルと太陽はかなり近い位置に輝いている上に明るさも似ており、アルタイルの明るさは1.65等であります。

ちなみに太陽はヘルクレス座の領域に存在し、ヘルクレス座で一番明るい星となっております。

f:id:DS930810:20171114220811j:plain

画像の右上の明るい星は太陽

 

近辺の星の明るさ

f:id:DS930810:20171114220904j:plain

リギルは連星合わせての明るさです

 

 

2.3 プロキオンの星空

10光年を若干隔てたプロキオンから見て一番明るい星はシリウスであり、その明るさはマイナス2.5等にも及びます。

この明るさは他の星を圧倒しており、二番目に明るい星であるカノープス(マイナス0.76等)を軽々と驚愕しており、その理由はと言うとシリウスとプロキオンが極めて近い位置にあるからです。

そして、プロキオンから見る夜空とシリウスから見る夜空は似通っており、太陽はアルタイルと同じわし座に位置しており、アルタイルに次ぐ明るさとなっております。

しかし、太陽はもともとが暗い星なのでアルタイルが2等星に対して太陽はもはや2等星ではありません。

f:id:DS930810:20171114221913j:plain

下にある若干明るい星が太陽、この時点でもう2.55等星であります。

 

近辺の星の明るさ

f:id:DS930810:20171114222006j:plain

シリウスとベガ以外の近隣恒星の明るさはもはや1等星ではない。

 

 

2.4 アルタイルの星空

シリウス、プロキオンが似たような位置にいたのでアルタイルから太陽を見たらシリウス、プロキオンと同じ方向に見え、新たな冬の大三角形が出来そう...に見えますが結果はと言うと...

f:id:DS930810:20171114222644j:plain

このようになっており、左上がプロキオン、左下が太陽、右下がシリウスとなっており、確かに三角形を形成していますが太陽の明るさは3.38等ともはやギリギリ3等星であり、明るい星とはとても言えません。

そして、プロキオンも2.3等、シリウスは0.84等とシリウスのみ明るいと言えますが地球から見た明るさを考えると相当暗くなっていることが分かります。

ちなみに一番明るい星はベガであり、14.6光年と太陽との距離よりも近くに位置しております。そして、次はカノープスです。

 

近辺の星の明るさ

f:id:DS930810:20171114223019j:plain

ベガは非常に明るいがシリウスとフォーマルハウトが同等の明るさに見え、他の星は相当暗くなっています。

 

 

2.5 ベガの星空

アルタイルと言ったらベガであり、当然ベガから見たらアルタイルが一番明るく見える...

と思いきや一番明るい星はほぼ逆方向に位置するカノープスであり、アルタイルの明るさはアルクトゥルス、カペラ、リゲルに次ぐ5番目にまで落ちます。

この差はやはりアルタイルとベガの絶対等級の差にあり、アルタイルの絶対等級はベガと比較するとかなり小さく、シリウスよりも劣っています。

そして、特にカノープスとリゲルはとてつもなく明るいため、遠くにいてもアルタイルの明るさを超えております。

ちなみに太陽の明るさは4.26等ともはや暗い星と言ってもよいほどの明るさとなります。

 

近辺の星の明るさ

f:id:DS930810:20171114223837j:plain

シリウスはかろうじで1等星だがリギルともなると太陽と同等に4等星にまで明るさが下がり、もはやただの星の1つになってしまいます。

 

 

2.6 フォーマルハウトの夜空

明るいことには明るいがいまいち知名度の低いフォーマルハウトの星空はどのようになっているのでしょうか?

フォーマルハウトはみなみのうお座と言うこれまたマイナーな星座に属しており、秋の星の中では一番明るい星であります。

そして、フォーマルハウトから見て一番明るい星はカノープスであり、マイナス0.74等で観測されます。

 

また、フォーマルハウトから近隣の恒星を見ると...

f:id:DS930810:20171114224930j:plain

意外にもシリウスとベガが1等星に見え、アルタイルも1等星に見えております。

けれどもプロキオンは暗く、シリウスの奥のほうに位置しております。

 

 

このように他の恒星から別の恒星を観測してみると地球から見た星空とは全く異なり、ベガぐらい明るい星だと比較的遠くからでも明るく見えますが太陽程度の星だと少し離れただけですぐ暗くなってしまいます。