DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

世界の気候の要因 緯度だけでは決まらない

世界には様々な気候が存在しており、一般的には緯度が大きいほど温度が低くなります。

しかし、どの地域でもその法則には当てはまらず、緯度だけでは気候は決まりません。

 

1. 緯度

気温が決まる要因としてはやはり緯度が挙げられ、緯度が高いほど太陽との角度が小さくなるので光が当たりにくくなります。

一般的には太陽との角度と太陽から受けるエネルギーは三角関数のcosθに依存し、ここでのθは緯度であるため緯度が大きくなるほど太陽から受ける光の量は少なくなります。

 

春分, 秋分時の正中(南中, 北中)時の太陽光度

f:id:DS930810:20171030145239j:plain

このように太陽の正中時の光度は緯度が高くなればなるほど下がり方が激しくなり、緯度が低い状態では大して変化がありません。

 

また、こちらは太陽との角度による光度の関係図です

f:id:DS930810:20171030180325j:plain

この図を見ると直角(90度)に近いほど太陽から受けるエネルギーが大きくなり、角度が小さくなると一気にエネルギー量が小さくなります。

つまり、赤道では最低でも66.6度の角度があるので年がら年中太陽からエネルギーを受けるが東京都ともなると31.6~78.4度まで変化するので光度が大きく変化し、そのため四季が存在します。

 

そして、太陽との角度だけではなく緯度が高くなればなるほど昼夜の期間が極端なものになり、赤道では12時間12時間でありますが緯度が大きくなるほど夏は昼が長くなり、逆に冬は夜が長くなります。

そして、極点ではついに半年間昼、半年間夜の状態が続きます。

 

赤道では太陽との角度がどの角度でも12時間太陽が照り付け、そしてその後は12時間太陽が照り付けない状態が続きますが

緯度が高くなると夏は昼間が長くなり、冬は昼が短くなるので地軸が傾いていない状態と比較すると気温は高くなりますが太陽の角度の関係上赤道よりも気温は低くなります。

 

極点では半年間太陽が沈まないので一見気温が高くなるように見えますが最大でも太陽が23.4度しか昇らないため受ける熱量は小さく、更に半年間太陽が全く昇らないため気温は相当下がります。

 

ちなみに1年間の太陽の出る合計時間はどの地点でも等しいです。

 

 

 

2. 海流

緯度の次に重要な要因は海流であるといっても過言ではなく、海流によって気温は大きく変わります。

前の記事でも紹介したようにロンドンは札幌よりも緯度が高いのにもかかわらず気温は札幌と比較しても夏以外は低く、更にロンドンの冬よりも東京の冬のほうが寒くなることさえもあります。

その理由はイギリスの西側には暖流が流れており、この暖流が冬の気温を押し上げているからです。

しかし、夏の気温は札幌と比較しても低く、この理由はロンドンの太陽の最大高度がせいぜい63度程度に過ぎず、東京や札幌と比較するとかなり低いからです。

 

そして、ここまでは暖流について書きましたが寒流が流れると気温が低下する傾向があります。

しかし、気温と言うよりもむしろ湿度に影響する傾向があり、前回の記事で書いたように西岸に寒流が流れているナミブ砂漠やアタカマ砂漠は海の温度が極端に低下し、その影響で上昇気流が発生しないために雨が降らなくなります。

 

このように海流は緯度が高い地域の冬の温度を上げたり、

雨を降らなくして乾燥地帯を形成することに影響を及ぼしております。

 

 

 

3. 標高

標高が極端に高い地域では赤道直下にあるのにもかかわらず、気温が低くなる傾向があり、このようになる理由は標高が100m上がるたびに気温が0.6℃下がるからであります。

そして、標高が高くなっても緯度の影響は受け、赤道に近い地域で標高が高い都市は温度の年較差が非常に小さい傾向があります。

何故そのようになること言うとたとえ標高が高くても太陽の角度は非常に高く、赤道に近い地域はどのような標高であっても年がら年中強烈な太陽が照り付け、気温がそこまで変わらないからであります。

しかし、標高が高く、気温が底下げされるので年がら年中日本の冬の温度となります。

 

そして、言うまでもありませんが緯度の高い地域では当然ではあるが年較差も生じ、

夏の間は快適ではあるが冬の温度は極寒となり、極地並みの寒さになってしまいます。

本当の問題は空気の薄さになりますが...

 

 

 

このように世界旅行に行くときは緯度だけではなく、近くに何があるのか、そして標高はどうなのかを調べることで対策をすることが可能となります。

間違っても初心者はラパスやキトにはいかないようにしましょう。

酸欠になりますので...

 

 

 

参照資料(過去記事)

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com

www.rigelultragiant.com