DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

海に近い砂漠もある その理由は海の温度が低いため

砂漠と言うと海から大きく離れており、内陸にできるイメージがありますがこの世の中には海に接している砂漠もあります。

一見海に近い砂漠と言うと矛盾しているようにも思えますが実はある条件がそろうと海の近くに砂漠ができます。

そして、そのことについて解説をしていきたいと思います。

 

1. 砂漠の要因

砂漠は降水量が極めて少なく、非常に乾燥した地域のことを指しますが砂漠とはどのようなところにできるのでしょうか?

その答えは前の記事にも書きましたが緯度が30度ほどの所と北極点、南極点に近い所に砂漠が発生します。

何故発生するかと言うとそこら辺の緯度の地域では下降気流が生じるために雲が発生しづらく、雲が発生するには上昇気流が生じる必要があり、下降気流では逆に雲が発生しないからです。

上昇気流の発生要因は海に熱が加わることで水蒸気が上に持ち上げられることであり、

熱い空気は軽いためにそのような現象が発生します。

そして、赤道では太陽の光が最も当たるので上昇気流が生じやすくなり、この時暖められた空気は高緯度側に向かいます。高緯度側に向かうと当然空気の温度は下がり、温度が下がるということは空気が重くなるということであり、そのため緯度30度ほどになると空気が下に降りていく下降気流が発生します。

そのため、緯度30度付近には砂漠が多く、それ以外の地域では極地を除き、砂漠は分布していないのです。

 

これが大規模な砂漠の発生要因ですが実をいうと日本の冬の太平洋側は砂漠並に空気が乾燥しており、場合によっては砂漠以上の乾燥状態になることさえもあります。

しかし、日本が砂漠と呼ばれない訳は夏場は非常に湿度が大きいからであり、砂漠と呼ばれる地域は年がら年中乾燥しており、年間降水量が乾燥限界の半分も行かない地域のことを指します。

 

 

 

2. 海に近い砂漠

ここまでは砂漠が発生する緯度について書きましたが今度は砂漠の周りの地形について書いていきたいと思います。

ユーラシア大陸にある最大級の砂漠であるゴビ砂漠は周りを陸地に囲まれており、海から遠い一般的な砂漠のイメージがありますが中にはすぐ近くに海がある砂漠も存在します。

その砂漠とはアフリカ大陸の南西に位置するナミブ砂漠であり、西側に海がある砂漠でもあります。

つまり、ナミブ砂漠の西岸では砂漠のすぐ横に海が見られる所も当然存在しており、まるで砂漠が超巨大な砂浜のようになっているという一見シュールな光景が見れます。

しかし、この光景はそこまで珍しい光景ではなく、ある条件がそろうとかえって海の近くに砂漠ができやすくなります。

その条件とは海に寒流が流れているということであり、ナミブ砂漠の西岸にも寒流は流れています。

では、何故寒流が流れていると砂漠ができやすくなるのでしょうか?

 

その理由は寒流が流れると当然海の温度が下がることとなり、温度が下がるということは空気が重くなります。

空気が重くなると上昇気流が発生しづらくなり、結果として高気圧に覆われることとなります。

そしたら当然雨も降らなくなり、周りに何もない時と比較しても雨が降りづらくなるので結果としてナミブ砂漠は世界的に見ても最も乾燥した地域になっているのです。

 

先ほど書いたように雨が多く降る地域では海水温が高くなることで空気が暖められ、結果気圧が低くなり雨が降るようになりますがこのことが海洋性砂漠にも同じように当てはめられ、海水温が低くなる地域では気圧が上がり、その結果世界で最も乾燥した地域になってしまいます。

 

ナミブ砂漠は海が隣にあるのにもかかわらず乾燥しているのではなく、

寒流が流れている海の隣に位置しているから乾燥がより進んでいるといっても過言ではありません。

 

以上のことをまとめると砂漠の発生要因は海水温に大きく影響されており、

海水温の高い地域では砂漠が発生しないが低い地域では砂漠が発生しやすいということであります。

実際、緯度30度の地域で砂漠が発生しやすい理由も赤道の海水温に関係がありますし。

 

つまり、海水温がおかしくなるとあらぬところに砂漠が発生する可能性があるため、地球環境がより複雑であると同時に地球環境のことを考えたほうが良いと思います。

ある地球環境が良くなると他にも良い影響が出る可能性があるとも考えられますし...

 

 

 

一応過去記事です

www.rigelultragiant.com