DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

ハイオクとレギュラー ガソリンの違い

ガソリンスタンドに行くとハイオクとレギュラーがありますがハイオクのほうが値段が高いです。

そして、何故値段が高いのかと性質の違いについて書いていきたいと思います。

 

1. ガソリンとは

ガソリンとはメタンやエタンのように1つの物質からなる化学物質ではなく、あらゆる炭化水素が混合した液体のことです。

そして、その成分は炭素数が4~10の炭化水素であります。

 

では、炭化水素とは何かというと炭素と酸素のみで構成された化学物質であり、大きく分けて単結合しかないアルカン二重結合を有するアルケン三重結合を有するアルキンに分けられます。

そして、炭化水素はいずれも引火性があり、燃焼後には水と二酸化炭素を熱と共に発生する性質を持ちます。

 

ちなみに炭化水素は理論上は無限通りの種類が考えられ、その理由は炭素原子が枝分かれをするからです。

例えばアルカンの場合は炭化数が3までの炭化水素は1通りしかないが炭素数が4になると2通りの炭化水素ができます。

f:id:DS930810:20171018145932j:plain

このように炭素数3の炭化水素はどうやってもプロパンしかできないが炭素数4の炭化水素だと枝分かれの無いブタンと枝分かれのある2-メチルプロパンの2通りができます。

更に炭素数が増えると当然ではあるが種類も増えていき、数えきれないほどとなります。

 

そして、アルケンやアルキンのような複数重結合を持つものは構造上更に別種類の構造の違いが発生します。

また、炭素数が3以上の炭化水素は環を作るシクロ構造と言う構造にもなるので炭化水素は簡単そうに見えて相当複雑な物質でもあるのです。

 

ここまではガソリンと炭化水素について書きましたが次はハイオクについて書いていきたいと思います。

 

 

 

2. ハイオクとは

ハイオクは高オクタン価ガソリンのことであり、ハイオクのハイはHigh(高)、オクはオクタン(Octane)のことである。つまりハイオクタンのタンを略した呼び方です。

 

某育成RPGの魚から進化するタコにも同じ名称のものがいるが

オクタンとは炭素数が8の炭化水素のことを指しており、炭素数が10までの炭化水素は

  1. メタン(Methane)
  2. エタン(Ethane)
  3. プロパン(Propane)
  4. ブタン(Butane)
  5. ペンタン(Pentane)
  6. ヘキサン(Hexane)
  7. へプタン(Pentane)
  8. オクタン(Octane)
  9. ノナン(Nonane)
  10. デカン(Decane)

と呼び、ブタンからデカンまでの炭化水素がガソリンに含まれています。

 

ちなみにこれ以上の炭素数を含んだ炭化水素は灯油軽油と呼ばれ、炭素数は9~20程度であります(灯油のほうが炭素数は少ない)。

 

当然ではあるがオクタン(炭素数8の炭化水素)はものすごい種類があり、計18種もあります。

そして、ガソリンで言うオクタン価のオクタンとは2,2,4-トリメチルペンタンと言う炭化水素であり、炭化水素を命名する時は一番長い炭素鎖に何が結合しているかを表す命名法を用います。

f:id:DS930810:20171018152113j:plain

このように赤いところが最も長い炭素鎖であり、その炭素鎖にメチル(CH3-)が3つ結合しているのでトリ(3)メチルペンタン(炭素数5)と名付けられています。

ちなみに数字は何番目の炭素に結合しているかを示すものであり、この数字は合計が小さくなるつけ方が優先されます。

 

この炭化水素こそがオクタン価のオクタンのことであり、耐ノック性(打撃的な振動に対する強さ)が比較的強く、更に自己着火しずらい性質を持っているために高圧縮で爆発させて高いパワーを得ることができる性質を持っているため排気量の大きい自動車に適しています。

 

そして、オクタン価は2,2,4-トリメチルペンタンが100で

耐ノック性の低いn-へプタン(直線的に炭素が7つつながっただけの炭化水素)を0としております。

 

そして、ハイオクとは単にオクタンが多く含まれているガソリンのことではなく

耐ノック性の高いガソリンのことを指しているのです。

まあ、オクタン(2,2,4-トリメチルペンタン)の割合が多いと耐ノック性も高くなるのでオクタンは多く入っていると思いますが...

 

 

 

3. ハイオクとレギュラー

ここまではハイオクについて書きましたが次にレギュラーとの対比と使い方について書きたいと思います。

ハイオクは価格が高いように性能もいいのでは?

と考えられそうですが実際にそういっても過言ではありません。

 

3.1 ハイオク→普通車の場合

初めに普通車にハイオク入れた場合にはどのようになるのかを書いていきたいと思います。

最初に答えを言うと特に問題はありません。

それどころかハイオクは燃費がいいために総合的にレギュラーよりも性能は良くなります。

しかし、その差は微々たるものである上にハイオクは高いためにあまり効率が良い方法とは言えないために普通車にはレギュラーを用いるべきだと思います。

 

 

3.2 レギュラー→ハイオク車の場合

次にレギュラーをハイオク車に入れた場合を書きたいと思います。

この場合はあまり質が良くないガソリンを高性質なガソリンを有する自動車に入れるために故障につながる、

と考える方も多いと思います。

 

では、正解はと言うと正しいとも言えるが間違っているとも言えます。

実は一回入れた程度では影響は出ないものの何回も行っているとだんだんと悪影響が出てきて燃費や走行性能が低下してきます、

さすがに故障をするということは無いもののできればハイオク車にはハイオクを用いるべきであると思います。

 

 

以上のことより、

  • ハイオクは高いがどちらの自動車に入れても問題はない
  • レギュラーはハイオク車に入れると機能を徐々に低下させる

ので

  • ハイオクは普通自動車に入れると高くなるのでレギュラーを入れるべき
  • ハイオク車はハイオクにしないと機能が低下するのでハイオクを入れるべき

であります。

 

 

 

余談だがレギュラーのオクタン価は思った以上に高く、89以上96未満であります。

(当然ハイオクは96以上)