DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

1等星以上の恒星の実際の明るさはどれぐらいなのか?

今回書く内容は今までは1つの星に注目することが多かったけれども今度は全天21星全体にわたって書いていきたいと思います。

 

1. 地球からの距離はどれぐらいなのか?

1等星は大きく分けると2種類に分けられ、距離が近いから明るいタイプと元々の距離が明るすぎるがために明るいものです。

前者のほうで代表的な星はシリウスであり、距離がわずか8.6光年のために全天で一番明るく輝きます。まあ、太陽はこの距離でも1.93等星程度にしか見えないが...

後者で有名な星はリゲルであり、距離は863光年とシリウスの100倍以上遠いです。

けれども地球から見たらかなり明るく見え、全天で7番目に明るいです。

f:id:DS930810:20170824203515j:plain

このような感じになっており、恒星の距離はまちまちであることが分かります。

 

では、1等星の中で32.6光年(絶対等級の基準となる距離)以内に存在するどれほどあるのでしょうか?

その数は6つと案外多く

リギル、シリウスプロキオン、アルタイル、ベガ、フォーマルハウトであります。

 

では、100光年に距離を拡張させると上記の星に加え、

ポルックスアルクトゥルス、カペラ、アルデバラン、レグルスの5つが加わり計11個と全体の半分以上を占めます。

 

更に500光年以内だとアケルナル、スピカ、ベクルックス、カノープス、アクルックス、ハダル、ベテルギウス(642光年のデータもあるがここでは497光年のデータを用いる)の7個が加わり、計18個となります。

 

1000光年以内となるとアンタレス、リゲルとデネブ以外の全ての星が出てきます。

ちなみに1等星で一番遠い星であるデネブは1,411光年も離れています。

 

これから見ると比較的多くの1等星が太陽の近辺に位置しており、実際に明るい星は少ないことがうかがえます。

非常に明るい星は雀の涙にも満たないほどの数しかなく、地球から見える星にこのような星があるのはこれらの星は相当遠くにいても余るぐらいの明るさを持っているからです。実際にリゲルクラスだと10,000光年先からも見える模様です...

 

これだと遠くにある星ほど明るいことしか伝わらないため、次の項では実際の明るさについて書いていきたいと思います。

 

 

 

2. では、実際の明るさは?

これから実際の明るさを表に書いていきたいと思います。

f:id:DS930810:20170824215459j:plain

ここでリギルとカペラの箇所にはA+Bと書いてありますがこれは連星両方を合わせた光度を示しており、特にカペラに至ってはほぼ同等の恒星が連星を組んでいるため

連星系合計の絶対等級はマイナスだが個々の恒星の絶対等級はプラスとなります。

 

そして、これらの恒星の中で絶対等級がマイナスの星は13個と案外多くの恒星の絶対等級がマイナス、即ち明るい星なのです。カペラは含んでいません。 

 

ちなみにマイナス5等を超える恒星はリゲル、デネブ、カノープスベテルギウス、アンタレスとそろいにそろって超巨星であり、更にそれ以外の恒星は超巨星ではありません。

この中で一番近いカノープスは地球から見た明るさも一番明るく、1等星に限らず全恒星中で最も近い超巨星かつ最も明るく見える超巨星なのです。

それでも309光年も離れていますが...

あとマイナス1等星だというツッコミもなしにしましょう。

 

何の皮肉か分かりませんが最強の恒星であるリゲルと最弱の恒星であるリギルの語源は全く同じでと言う意味です。

最強と最弱が同じなんて...

 

まあ、それはさておき

マイナス1等星最強はカノープス、最弱はシリウスであり

0等星最強はリゲル、最弱はリギル

1等星最強はデネブ、最弱はアルタイルです

 

夏の大三角形1等星は最強と最弱だったんだ...

 

やはり、超巨星は強く、カノープスはリギルとは比較にならないほど遠いのにも関わらずリギルを余裕でしのぐ明るさであり、距離というよりも恒星の明るさが重要ではないかと考えられます。

実際にシリウス、アルタイル等の近場の星は数十万年後には目立たない星と化すがカノープス、リゲルなどの星は数百万年単位で明るく、特にカノープスは幾度となく全天最輝星となっております。

リゲルはやっぱり遠すぎたか...

 

とまあ、1等星の距離も全く異なり、シリウスのように近いものもあればデネブのように異常に遠いものもあります。

どちらも今の技術では到底行けそうにないが...