DS930810のブログ

主に科学系の雑学や解説を書いていきますがたまに科学以外の雑学も書いていきたいと思います。

お茶を飲んだら大冒険? アドベン茶

久々にドラえもんの記事を書きたいと思ったので書いていきたいと思います。

今日書く内容はアドベン茶と言うお茶であり、このお茶を飲むと大冒険ができるといういまいち効力の分からないものです。

そもそもどうやってお茶で冒険できるんだ?

これはどう見ても科学の力では解決できないだろ...

 

これはさておき本題に入っていきたいと思います。

f:id:DS930810:20170816222222j:plain

とまあ、タイトルの所ではのび太が犬とジャイアンとボールとラジコンに一斉に追いかけられているというある意味凄い場面がありますが実際にひどい目に会うのはと言うと...

 

1コマ目からのび太がごろごろ昼寝をしており、パパが日々、新たな冒険を求めておもてを駆け回っていたんだとやけにかっこいいことを言っており、冒険したいというのは心の問題であるとかなり立派なことを言った後、大冒険がしたいなと言って去っていきました。

 

f:id:DS930810:20170816222556j:plain

そして、のび太はパパが冒険したがっていると思い、ドラえもんに冒険ができる道具を出してもらい、アドベンかHと言うお茶を出してもらいました。

このお茶の効力は一口により五分だそうでハラハラドキドキはするけど絶対に安全であるという超高性能でした。

そもそも一口と言うのは個人差があり、何ml当たり何分であるといったほうがいいのでは...

 

その後のび太はお茶を飲んだもののジャイアンか犬に追いかけられると想像し、くだらなくなり家に帰ろうとしました。

もうお茶は飲んだというのに...

そして、ドアを開けた瞬間何故か家から蜂が出てきてのび太を追い回しました。

蜂に追いかけられている途中で犬に遭遇し、ほーらみろとうんざりしたような感じでいったものの犬はただの背景であり、その後ジャイアンにも遭遇したがジャイアンもただの背景でした。

ちなみにこれでジャイアンの出番はおしまいです

つまり、タイトルに書いてあったようなことは起こらなかったのです

 

そしてそろそろ5分が経とうとし、蜂に対して「おい、そろそろ五分だぞ」と言った後に何故かはしごを担いだおじさんに遭遇し、知らず知らずにはしごを駆け上がってしまいました。

その後、ドラえもんが5分が経っても帰ってこないことを心配し、様子を見に行ったところのび太が木の上で「降りられないんだよー」と叫んでいました。

これでのび太の冒険は終了です。

 

 

ここでいろいろツッコミどころが存在します。

まず第一になんで蜂に追いかけられているのにもかかわらず普通に考え事ができるのでしょうか?

普通は蜂に追いかけられると怖くて何も考えられないと思います。

つまり、のび太は蜂が大して怖くなかったのではないかと考えられます。

実際に蜂に話しかけているので...

ちなみに蜂から逃げるときは蜂のほうを向きながらゆっくりとあとずさりすることが正しいです。

万が一、それが出来なければ姿勢を低くして、蜂が去るまで待てばいいです。

逃げるという行為は絶対にしないで下さい。極めて危険なので

 

また、何故か知らず知らずにはしごを登っているがこんなことをしたらはしごの真ん中を超えた時点ではしごが前に倒れてのび太は転落、おじさんはつぶされるという事態に発展します。そもそも登った時点でおじさんがびっくりしてはしごを落とすだろうが...

大体はしごを登る前におじさんに衝突します

 

更におかしいのははしごが木につながっていたことであり、偶然にしては確率が低すぎる上に普通は木に衝突するか枝に突かれます

つまり、のび太は異常なまでに運が良いとも考えられます。まあ、実際にはありえないが...

 

最後に突っ込みたいのは安全性の面でのび太は最後明らかに安全なところにいないがおそらく安全なのはお茶が効いている間であり、効果が切れたらお構いなしではないかと考えられます。

ものすごい欠陥だ...

 

とまあ、ツッコミはここまでにして次に行きたいと思います。

f:id:DS930810:20170816224713j:plain

のび太が飲んだ後に本命であるパパに飲ませた所、かなり味のいいお茶であった層なのでパパは大量に飲んでしまいました。

そして、ドラえもんたちは大冒険になってしまうと言いましたが先ほどは1杯で5分と言っていたではありませんか?

つまり、多量に飲んでも時間が延びるだけで中身は変わらないのではないでしょうか?

なんかいろいろおかしいがとにかく大冒険になるみたいです。

 

そして、パパはどんなことでも恐れないとかっこいいことを言いましたがこれが後々嘘である分かってしまいます...

その後、ママに屋根の修理を依頼されましたがパパはあろうことか

たまの休みぐらい、のんびりさせてほしいなと言いました。

つまり、冒険がしたいなんて嘘であり、子供のころ冒険を求めたというのも嘘である可能性が高いのです。

要するにただかっこつけてただげ。

まあ、仕事が大変と言うのも一理あるが...

 

そしてラジコンに突然追い回され、屋根から滑り落ちた後、木につかまり、無事地上に降りることに成功しました←悪く行ったら死ぬぞ

その後、何故か強盗に追い回され...

 

f:id:DS930810:20170816225547j:plain

何とか強盗を撒いたが鉄骨の上で休憩している時に鉄骨が上げられ、建物の窓に飛び降りたものの、その建物で火事が起こっており、その後高層の建物から超人のごとく脱出し(おそらく屋根の上を走った)、トランポリンで飛び、トラックの上に乗った後に帰宅をした模様です。

そして、のび太に対して外は危ないから出てはいけないといって話は終了です。

危ないという次元ではありません...

 

もうまともなところがありません...

そしてこれらのことよりパパはオリンピック選手を軽々と凌ぐ運動神経を持っていることが分かりました。

そもそも屋根から落ちてもうまいように激突するのを避けたり、空中にある鉄骨の上がバランスを取った挙句、階層の高いビルの上に飛び移り、ビルから脱出する際も地上からだいぶ距離のある所を軽々と動き回った挙句、トランポリンでトラックの上に乗るという荒業までやってのけています。

 

正直冒険に憧れているのは嘘ですが何かしら鍛えているのではないかと考えられます。

常人はおろかプロスポーツ選手でも不可能なことではありますが...

とまあ、パパは超人であったから無事であったものの普通の人だと間違いなく大けが、悪くいったら死亡するのは確実です。

正直安全性があるようにはとても思えないが...