DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

クジラは魚ではなくて牛に近い? ではもっと近い動物は?

今日はクジラについて紹介していきたいです。

言うまでもありませんがクジラはその体格に反して魚ではなく、哺乳類の一種です。

 

なのでクジラはずっと海中で生活しているのではなく、息継ぎのために海面上に表れ、呼吸をします。

このように哺乳類でありながら非常に特異な生態を持つクジラは非常に興味深い動物であるのでこれからその興味深い動物について話していきたいと思います

 

1. 巨体とすごい肺活量を持つ動物、クジラ

クジラは大きく分類して2種類に分けられ、歯クジラと髭クジラに分類されます。

実は歯クジラの中で小さい種類(体長4m以下)をイルカと呼んでいます。つまり、イルカはクジラということになります。

また、髭クジラは巨大なものが多く、特にシロナガスクジラ歴代においても最大の動物であり、恐竜よりも大きいのです!。

体長は20メートル以上で最大の個体では何と34メートルもあり、体重も最大190tもあります。

この大きさは地上最大の動物であるアフリカゾウの大きさをも驚愕しております。

ちなみにアフリカゾウの最大の個体は体長7.5メートル、体重は10トンです。

 

クジラの大きさは分かりましたが実は肺活量もすごいのです。

肺活量で有名なのは最大の歯クジラである(シロナガスクジラは髭クジラ)マッコウクジラです。

マッコウクジラは哺乳類でありながら生涯の3分の2を深海で暮らしており、軽く2000メートルはもぐることができます。ちなみに2000メートルともなると200気圧となり、金星の気圧を軽々と凌ぎます。しかもマッコウクジラは哺乳類なので海面まで上がります。

また、余談ではあるが3000メートルももぐった個体もいるそうです

つまり、マッコウクジラは肺活量がすごいだけではなく、圧力に対しても非常に、と言うよりも異常に順応性が高いと言えます(1~300気圧まで適応できる)。

ちなみに1時間は呼吸しなくても平気であり、肺活量がすごい理由は大量の酸素を蓄える能力を持つからであり、

また、圧力に対する耐性が高いのは肺を空にして、水圧を受けないようにしているからです。

以上のことより、肺活量、耐圧性においては動物界最強だと言えるマッコウクジラです

 

ちなみに深海魚はもっと深い箇所に生息しているが地上に持ってくると破裂するため、マッコウクジラのほうが耐圧性に優れていると言えます。

 

ちなみに髭クジラは200~300メートルほどしか潜れないもようです。

 

 

 

2. では、クジラとは何者か?

このように生物界では最強と言ってもよいクジラですが正体は何者かと言うことについて話していきたいです。

クジラは何に分類されているかと...

偶蹄目(ウシ目)です。

偶蹄目とは蹄が偶数個ある哺乳動物のことであり、ラクダシカイノシシカバなどが属しています 

ちなみに蹄が奇数の哺乳動物は奇蹄目と呼ばれ、サイ、バクの3科のみで構成されています。

 

ここで疑問に思ったことがありませんか?

クジラには蹄がありません。では何故偶蹄目かと言われると従来の説ではクジラは上記の動物よりも前に分岐して、その後、上記の動物が現れたと考えられたが現在では上記の動物の中に紛れ込んでることが分かったからです

...すみません、説明が下手なので図を用いて示します

f:id:DS930810:20170722114200j:plain

従来の説です

 

そして、現在の説では以下のように考えられております。.

f:id:DS930810:20170722114403g:plain

参照 : 東工大 岡田研究室 -系統班-

URL : http://www.fais.or.jp/okada/okada- past/about_us/group/phylogeny/cetartiodactyla.html

 

この図からもう答えは分かったと思いますがクジラはカバに近い動物なのです

また、このことより偶蹄目は鯨偶蹄目に名前が変わりました。

 

 

 

3. 特殊な生態を持つ生物

クジラはカバに近い動物だ分かりましたが1でも紹介した通り、非常に特殊な生態を持っています

まず、クジラは音を使って会話していることが知られています。この音は超音波と呼ばれ、人の耳には聞こえないほどの音でコミュニケーションをとっています。

また、クジラは魚食性の種がいるように肉食性であり、これは鯨偶蹄目の中では唯一です。この点でも非常に特異と言えます。

特にシャチに至っては他のクジラ類やアザラシなども捕食し、ウシ目とはあるまじき生態を持っています

また、高い知能を持つことでも有名であり、上記のシャチの知力は鯨偶蹄目はおろか全動物中でも最強クラスの知力を持っております。

このようにクジラ類は他の偶蹄目とは一線はおろか二線をかくしていると考えられます。