DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

全天第二の輝星 地平線近くに輝く強大な光を放つ超巨星

全天で一番明るい星はシリウスであることは有名です

 

シリウスは冬の大三角形を形成する恒星であり、全天一の星であるのは有名です。その明るさはマイナス1.47等であり普通の1等星の10倍近くの明るさです。

しかし、2番目に明るい星はあまり知られておらず、大体ベガが二番目だと思っている方も多いと思います。

しかし、ベガは5番目に明るくて2番目ではありません。

3番目に明るい星はケンタウルス座アルファ星のリギルであり、4番目は牛飼い座のアルクトゥルスです。

リギルはマイナス0.27等、アルクトゥルスはマイナス0.04等、ベガは0.03等です。

では二番目に明るい星はと言うとマイナス0.72等もの光を放っております。

その星の名前はというと

カノープスです。

あまり聞きなれない名前ですがそれは当然です。何故ならこの星は地平線近くにしか姿を現さないからです。しかも仙台以上の緯度からだと観測不可能となります。

ではカノープスとはどのような星かと言うのを紹介していきたいと思います。

 

1. 明るい輝きを放つ恒星

あまり聞きなれませんがカノープスはりゅうこつ座と言われる星座に属しています。

この星座は元はアルゴ座と呼ばれる巨大な船の星座でしたがあまりにも大きすぎるのでりゅうこつ座、ほ座、とも座の3つに分けられました。

先ほどマイナス等級と言いましたが1等星と呼ばれる恒星も正確には0等星、マイナス1等星に分類されるものもあります。その中でもシリウスとカノープスのみマイナス1等星に分類されています。

カノープスは日本だと見づらいが南半球だと非常に明るい星として観測されます

f:id:DS930810:20170721221726j:plain

参照 : The Outback at Dawn: Sirius, Canopus and the Large Magella… | Flickr

URL : https://www.flickr.com/photos/43846774@N02/14939051209

 

この写真の左側の星はシリウスで右側の星はカノープスです(さらに右にあるのは大マゼラン星雲です)

写真の通りカノープスは明るく、シリウスの半分ぐらいの明るさがあります。

 

カノープスは日本から見ると非常にすれすれに輝くため赤く見えますが、南半球だと非常に明るい青白い星として観測されます。

また、中国では老人星と呼ばれ、長寿の象徴とされてきました。

この星を見ると寿命が延びると信じられてきて、信仰されてきました。

では、カノープス自体の寿命は長いかと言うと...

 

 

2. とてつもない明るさを放つ強大な星

シリウスが明るい理由は太陽とシリウスまでの距離が近いからであるからです。シリウスまでの距離はわずか8.6光年であり、肉眼で見える星の中では2番目に近いです。

また、ベガまでの距離も25光年とかなり近いほうになります。

では、カノープスの距離も近いかと言いますと...

 

 

309光年全然近くありません

カノープスはこれだけ遠くに輝いていながらものすごく遠く、シリウスの30倍以上も遠いです。

では何故これだけ明るいかと言いますとカノープスは星自体が並外れた明るさを持っているからです

シリウスは太陽の23倍、ベガは49倍程度に対してカノープスは15000倍近くの明るさを持っています。

約32.6光年先から見た星の明るさを絶対等級と言いますがシリウスは1.42等、ベガは0.60等とプラスですがカノープスは何と

マイナス5.60等の明るさを持っています。

マイナスはおろかマイナス5等すら驚愕しておりシリウスなどとは桁違いの明るさを持っています。

これだけ明るいとカノープスから190億kmも離れた所でようやく地球と同じ環境になります

これだけ明るいと大きさも大きいことが想像できますが直径は何と

1億キロ近くもあります。

これは水星軌道に迫る大きさであり、太陽の71.4倍もあります

f:id:DS930810:20170721223953j:plain

内側から水星、金星、地球軌道、中央の小さい点は太陽、白い巨大な円はカノープス

 

また、カノープスは質量も非常に大きく、太陽の10倍近くの質量があります。

これだけ重いとすさまじいほどの速度で核反応で進み、あっという間に超新星爆発の道を進みます。要するにカノープスは長寿の星なのに寿命は短いのです。

 

ちなみに全天5恒星の明るさをグラフにしたものです

f:id:DS930810:20170721224750j:plain

もはやカノープスの独壇場です...

 

ちなみにカノープスは1000光年以内の約7000万の恒星の中でも2,3番目に明るいです(ベテルギウスの距離による)

 

 

 

3. 長年にわたり、マイナス等級の星

カノープスはすさまじく明るい星だということが分かりましたが実は昔から明るく、これからも明るい星でいつづけます。

恒星の恒は常にと言う意味であり、長年変化がないためこう呼ばれてますが数万年単位で位置や明るさを変えます。

シリウスは近いため、年月が経つと割とすぐ暗くなるがカノープスは遠いかつ明るい星なので数百万年前から百数十万年後までマイナス等級の星であり続けます。

カノープス以外の星は1回だけしか全天で一番明るい星ではなかったもののカノープスは4回も全天で一番の星になります(現在3回目を過ぎた所)

また、カノープスは310万年ほど前に177光年まで接近し、その時の明るさはマイナス1.93等と現在のシリウスよりも明るかったのです。

これより、カノープスは地球から見て最も明るい星だと言えます。

 

ちなみにカノープスはデネブ以外の1等星以上の星から1等星以上の明るさで観測できます。