DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

恐怖! 世界最強の爆弾のエネルギー、破壊力

 現在、世界中であらゆる種類の爆弾が開発されています。しかし、実は過去には超凶悪な威力の核爆弾が開発されていたのを知っていますか。代表的な例を挙げますと広島、長崎に投下されたリトルボーイ、ファットマンという名の原子爆弾である。この時一瞬で信じられないほどの死者を出しました。つまり、それほど恐ろしい爆弾であり、街をも滅ぼすほどです。

 しかし、原爆すら比較にならない爆弾が世界ではかつて開発されていたことを知っているでしょうか。今回はこの恐怖の爆弾について話していきたいと思います。

目次

1. 核爆弾とは

 核爆弾...それは世界を恐怖に陥れるほどの威力を誇る爆弾です。核爆弾には原子爆弾と水爆の大きく分けて2つあります。

 まず、原子爆弾について話していきたいと思います。原子爆弾は原子番号の大きく重い原子の核分裂によって生じる莫大なエネルギーを利用する爆弾です。この威力は普通の化学反応とは比べ物にならないほどの威力を誇ります。このエネルギーの物騒な使い方として原子爆弾を挙げたが良い利用法としては原子力発電があります。もっとも現在はこちらも怪しいですが。つまり、原子力の扱いは困難である。

 まあ、前置きはさておき原理としては下の図の通りです。

f:id:DS930810:20170718160309j:plain

 原子と本当の原子核の数は合っていないがこれは核分裂の一例です(実際にはこれ以外の反応もある)。核分裂は巨大な原子核に中性子(原子核に含まれる電荷をもたない粒子)をぶつけることにより起こし、二つ以上の原子核に分裂させる反応です。

 東日本大震災以来問題となっているセシウムですがこれはセシウム137がさらに分裂を起こし放射線を出すため危険であって安定なセシウム133は危険ではありません。これを利用したものが原子爆弾であり、広島型ではこの反応が起こるものが使われました。また、長崎型ではウランの代わりにプルトニウム(原子番号94)が使用されています。

 次に水爆について話していきたいと思います。水爆は水素爆弾と呼ばれ、こちらは核融合時のエネルギーによる爆弾です。実はこの話は太陽距離の項でも話した通り、太陽と同じ原理...と言いたいところだが若干異なります。まあ原理は同じだが何が異なるかというと出発物質です。

f:id:DS930810:20170718162854j:plain

 この反応は太陽の中心での反応と比べ、低条件下でも起こりやすくまあ、異常に過酷な条件だが最終生成物は太陽の時と同じヘリウム4です。この時のエネルギーは核分裂よりもさらに強いです。

 以上、核融合と核分裂の違いでした。

2. 核爆弾のエネルギーと比較

 原子爆弾は広島に1945年に投下されました。この爆弾によるエネルギーの発生量をJ(ジュール)で表わしていきたいと思います。ジュールとは地球表面で約102 gの物体が1メートル上にあるエネルギーだそうです。

 分かりづらいのでもう少し詳しく説明すると102グラムとは1kgを地球の重力加速度9.8m/ s2で割った数値であります。つまり、1 Jは1 kgの物体が重力加速度1 m/s2の星で1メートル上にあるエネルギーのことです。まあ、物が上から落ちて当たったら痛いのはエネルギーがあるからです。

 では広島型原子爆弾のエネルギーの威力はと言うと63兆ジュールもあり、信じられない値だがあの破壊力を見ると納得です。これでは分かりづらいので後述する水爆のエネルギーと比較していきたいと思います。

 ここからは水爆の威力について語りたいと思いますがここで話を大きく持っていくため、世界最強の爆弾であるツァーリ・ボンバのエネルギーについて話します。

 ツァーリ・ボンバの威力は何と25京ジュールにも及び、この威力は想像を絶するほどのエネルギーであり、関東平野に投下すると間違いなく崩壊し、更には富士山をも崩壊させるほどの威力であります。 

3. ツァーリ・ボンバの更なる恐怖

 ここまででツァーリ・ボンバの恐怖が分かりましたが日本を揺るがした自然災害と比較していきたいと思います。

 ここでは阪神淡路大震災、東日本大震災と比較していきます。両震災とも何千、何万の死者を出した恐怖の震災でありますのでさすがにこれには負けると思います。

 まず、阪神淡路大震災の威力と言いますと5620兆ジュールにも及び、実を言うとツァーリボンバのほうが威力が勝っており、言い換えるとツァーリボンバを阪神淡路大震災の震源で爆発させると阪神淡路大震災をも超える災害が発生します。

 もはや、人類の生み出した爆弾が自然災害以上の脅威となっており、こんな物騒な爆弾があると本当に地球規模の災害が起こります。もう一刻も早く核兵器など無くなってほしいです。

 ちなみに東日本大震災の威力は200京ジュールツァーリ・ボンバ以上ですが今後、これ以上の爆弾が出る可能性も否めません。

 自然災害も脅威ですが核爆弾はそれ以上の脅威となりそうです

4. 意外な脅威

 ここまで核爆弾の恐ろしさについて語ったが実はある意外なことが恐怖のエネルギーを生み出します。E=mc2と言う式があるが実はこれが関係しています。mは質量、cは光速でありEはエネルギーであります。

 ここで、1gの物体が持つエネルギーはと言うとE=0.001×(3.0×100000000)×(3.0×100000000)=90兆ジュールと1 gの物体には広島型原子爆弾以上のエネルギーを持っています。つまり、1 gの物体のエネルギーは広島型原子爆弾以上で街を壊滅することができるのです。

 現在の所、反物質に関する技術は発達していないため一応このようなことは起こりませんが...