DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

天文

地球から見える星空に関することや惑星、恒星の性質について書いてあります。

全天五恒星の見える場所

今回は全天で最も明るい五つの恒星の見える位置について書いて行きたいと思う。 目次 1. 全天五恒星 2. 五恒星の位置 2.1 五恒星の赤緯 2.2 可視限界緯度 2.3 周極星の限界緯度 1. 全天五恒星 地球から見える1等星以上の明るさの恒星は21個あるが全てが見え…

非常に熱く明るい恒星 オリオン座ι星

今回はオリオン座ι星について書いて行きたいと思う。 目次 1. オリオン座ι星 2. 強大な恒星 2.1 非常に遠い恒星 2.2 極めて明るい恒星 2.3 ι星の直径 1. オリオン座ι星 オリオン座ι星はオリオン座に位置している3等星であり、主要な7恒星を除くと最も明るい…

わし座の主星 アルタイル

今回はアルタイルについて書いて行きたいと思う。 目次 1. アルタイルとは 2. アルタイルのデータ 3. アルタイルの明るさ 1. アルタイルとは アルタイル(Altair)は恒星の一つであり、日本では彦星として知られている。そして、アルタイルは地球から見るとか…

地球から見た他の天体の大きさ やはり遠くの恒星の大きさは小さく見える

今回は太陽や月、太陽以外の恒星を地球から見た大きさについて書いて行きたいと思う。 目次 1. 太陽と月の大きさ 2. 惑星の大きさ 3. 恒星の大きさ 1. 太陽と月の大きさ 地球から最も近い天体は月であり、地球からの距離は38.4万キロ程度離れている。この距…

最も強力な恒星 アルニラム

今回はアルニラムについて書いて行きたいと思う。アルニラム(Alnilam)はオリオン座の三ツ星の中心にある天体であり、非常に強大な恒星であるものの今まで個別記事を作成してこなかったので今回はアルニラムについての記事を作成していきたいと思う。 目次 1.…

最も遠い3等星 おおいぬ座ο2星

今回は最も遠い3等星について書いて行きたいと思う。 目次 1. 最も遠い恒星 2. おおいぬ座ο2星 1. 最も遠い恒星 地球から観測できる恒星は銀河系全体から見るとほんの一部ではあるが多くの恒星を観測することが出来る。そして、当然ではあるが明るい恒星のほ…

太陽系の天体の質量と大きさ

今回は太陽系の天体について書いて行きたいと思う。 目次 1. 太陽系とは 2. 太陽系の天体 3. 太陽系の質量比 1. 太陽系とは 太陽系はG2タイプの主系列星、つまり太陽を中心とした恒星系のことである。そして、太陽系には恒星が1つと8つの惑星、多数の準惑星…

オリオン座の近い星 π3星

今回はオリオン座の近い恒星について書いて行きたいと思う。 目次 1. オリオン座の近い恒星 2. タビトの物理的性質 3. 他のπ星 1. オリオン座の近い恒星 オリオン座の明るい恒星はどの恒星も非常に遠くに位置しており、最も遠いアルニラムは1,977光年、最も…

1光年先からでも見えない恒星 直径も非常に小さく...

前回の天文の記事では肉眼で見える最も小さな恒星について書いてきたが今回は観測されている中で最も小さな恒星について書いて行きたいと思う。 目次 1. 小さく暗い恒星 2. 木星サイズの恒星 1. 小さく暗い恒星 恒星は銀河系に2,000億個もあるといわれており…

肉眼で観測できる最も暗い恒星

今回は肉眼で観測が可能な恒星の中で最も暗い恒星について書いて行きたいと思う。 目次 1. 最も暗い恒星 白鳥座61番星 2. 他の暗い恒星 1. 最も暗い恒星 白鳥座61番星 肉眼で観測することが可能な恒星は8,600個ほどもあると言われており、その中でも明るい恒…

最も高温の主系列星 O型主系列星

今回はO型主系列星について書いて行きたいと思う。 目次 1. 主系列星とは 2. O型主系列星の例 3. O型主系列星はリゲルみたいになる 1. 主系列星とは O型主系列星とは最も高温な主系列星であると同時に最も強力な主系列星でもある。 主系列星とは中心核で水素…

全天で8番目に明るい恒星 プロキオン

今回はプロキオンについて書いて行きたいと思う。 目次 1. プロキオンとは 2. プロキオンの性質 3. シリウスとの対比 1. プロキオンとは プロキオンは冬の大三角形を構成する恒星の一つであり、地球からはシリウス, カノープス, リギル・ケンタウルス, アル…

恒星の中で最も明るいマイナス1等星 シリウスとカノープス

今回はマイナス1等星について書いて行きたいと思う。 1. 2つのマイナス1等星 マイナス1等星とは普通の1等星よりも更に明るい0等星よりも更に明るい恒星のことであり、マイナス1.5~マイナス0.5等までの恒星のことを表す。 そして、地球から見てマイナス1等星…

春の大三角形 あまり知られてはいないが...

今回は春の大三角形について書いて行きたいと思う。 1. 春の大三角形とは 夏の大三角形や冬の大三角形は有名であるが春の大三角形はあまり知られておらず、何が春の大三角形を構成しているかも当然知られていない。 ここで春の大三角形について書く前に夏の…

南天の星座ケンタウルス α星は最も近いが遠いものは極端に遠い

今回はケンタウルス座について書いて行きたいと思う。 1. ケンタウルス座とは ケンタウルス座は南天の星座の一つであり、日本からは全貌を見ることが出来ず、更に同じく見ることが困難である南十字座と比較すると知名度も低い。 しかし、ケンタウルス座には…

かつて存在した巨大星座アルゴ とも座編

今日はとも座について書いて行きたいと思う。 4. あまり明るくないとも座 とも座は旧アルゴ座の一つであり、旧アルゴ座のなかでは最も面積の広いものの明るい恒星はそこまで含まれておらず、2等星も1つしかない。 そして、ギリシャ文字を有する恒星は7つあり…

かつて存在した巨大星座アルゴ ほ座編

昨日はりゅうこつ座について書いたので今回はほ座について書いて行きたいと思う。 3. 最輝星は灼熱のほ座 ほ座はアルゴ座の帆に当たる星座であり、恒星の明るさ的にはりゅうこつ座以下とも座以上と言える。 そして、ほ座にも数多くの明るい恒星が含まれてい…

かつて存在した巨大星座アルゴ りゅうこつ座編

今回はアルゴ座について3回に分けて書いて行きたいと思う。 1. 巨大星座アルゴ アルゴ座はかつて存在した巨大な星座であり、アルゴとは神話に登場する船のことを表しているが余りにも大きかったために現在ではりゅうこつ座, ほ座, とも座の3星座に分割されて…

リゲル, ベテルギウスに次ぐ恒星 ベラトリックス

今回はオリオン座の恒星であるベラトリックスについて書いて行きたいと思う。 1. ベラトリックスとは ベラトリックスはハリーポッターの悪役として有名であるがこの名前はオリオン座の恒星に由来する。 ベラトリックスは「女戦士」を意味するラテン語が由来…

1京キロメートル離れた所にある恒星はどの恒星だろうか?

今回は恒星の距離について書いてきたいと思う。 恒星までの距離は様々ではあるが一番近い恒星でも4.24光年も離れており、その距離は㎞に換算すると40兆㎞にも及ぶ。 1. キロメートルと光年 地球の直径は12,756 ㎞, 太陽は1,392,000 ㎞, そして地球と太陽まで…

接近する恒星 グリーゼ710

今回は将来地球に大接近をするグリーゼ710という恒星について書いて行きたいと思う。 1. グリーゼ710とは グリーゼ710は地球から見てへび座の方向に位置している小さな恒星であり、地球から見た明るさはわずか9.66等と非常に暗く、当然この明るさだと肉眼で…

リゲルに似た最遠星 アルドラ

今回は明るい恒星の中で最も遠い恒星であるアルドラについて書いて行きたいと思う。 1. アルドラとは アルドラ(Aludra)とはおおいぬ座のη星であり、アルドラとは乙女を意味するアラビア語に由来している。 そして、おおいぬ座の中では6番目に明るい恒星であ…

最も南に位置する2等星 沖ノ鳥島からは観測できるのか?

最も北に位置している恒星は言うまでも無いが北極星であり、赤緯は89度と非常に高い。 そして、北極星は2等星であり最も有名であるかつ最も北に位置している2等星であるが最も南に位置している2等星は何なのだろうか? 1. 日本から見えない1等星 北天に位置…

最も暗い1等星と最も明るい2等星

今回は最も暗い1等星と最も明るい2等星について書いて行きたいと思う。 1. 最も暗い1等星 地球から見て最も明るい恒星はシリウスであり、その明るさはマイナス1.47等にも及ぶ。 そして、シリウスの次に明るい恒星はカノープスであり、次いでリギル・ケンタウ…

2,000光年以内の恒星の明るさ それでもリゲルは...

今回は2,000光年以内の明るい恒星について書いて行きたいと思う。 1. 恒星の絶対等級 恒星の絶対等級は大小さまざまであるが大半の恒星は暗く、いわば認知されることすらないような恒星も多数と言うよりもほぼすべての恒星がそうである。 けれども明るい恒星…

10パーセク以内の恒星 肉眼で見えるものだと...

今回は近い恒星について書いて行きたいと思う。 1. 大半は暗い星 地球から観測することが可能であるほとんどの恒星の絶対等級は太陽と比較しても非常に明るく、実際に4.0等星までの恒星の中で太陽よりも暗い恒星はケンタウルス座α星B, くじら座τ星, エリダヌ…

高齢化した低質量星 アルクトゥルス

今回は高齢化した低質量星であるアルクトゥルスについて書いて行きたいと思う。 1. アルクトゥルスとは アルクトゥルスはうしかい座のα星で、日本から見える恒星の中では実は二番目に明るい恒星であり、ベガよりも若干ではあるが明るい(実際はカノープスのほ…

日本から見える最も絶対等級の強い恒星を1等星のある場所に置くと...

今回は日本から肉眼で見える最も絶対等級の強い恒星について書いて行きたいと思う。 日本から見える肉眼で見える恒星の中で最も遠い恒星は以前、極超巨星の記事で挙げたカシオペア座ρ星である。 そして、この恒星は地球からの距離が10,000光年以上も離れてお…

とてつもなく遠く、そして特異なぎょしゃ座ε星

今回はぎょしゃ座ε星について書いて行きたいと思う。 1. ぎょしゃ座ε星とは ぎょしゃ座ε星はぎょしゃ座の主星であり、全天で6番目に明るい恒星であるカペラのすぐそばで観測することが出来る恒星であり、固有名はアル・マーズ(Almaaz), またはハルドゥス(Hal…

αβγ星がほぼ同じ明るさの星座 その差は0.04等しかない

星座の中には最も明るめの恒星の等級が同程度のものが2つある星座も存在する。 例えばみずがめ座のα星であるサダルメリクとβ星のサダルスウドの等級は2.94等, 及び2.91等であり、明るさの差はわずか0.03等しかない。 しかし、中にはαβγ星の3星が同等の明るさ…