DS930810のブログ

筆者は自然や自然現象に関心が相当あるので自然に関する記事(天文, 地理, 生物)を書いていきたいと思います。かつては1日2記事を適当な時間に投稿していましたが今のところは午後6時に1記事投稿する形にしています。

化学

化学物質の性質に関しての紹介や反応について書いてあります。

最も融点の高い金属 タングステン

今回はタングステンについて書いて行きたいと思う。 目次 1. タングステン 1.1 タングステンの由来 1.2 融点, 沸点 1.3 密度, 硬度 2. 周期表と電子配置 2.1 タングステンの位置 2.2 タングステンの電子配置 1. タングステン 1.1 タングステンの由来 タング…

安定同位体がある中では最大の原子番号を有する鉛

今回は鉛について書いてきたいと思う。 目次 1. 鉛 1.1 鉛の安定同位体 1.2 鉛の硬度, 密度, 融沸点 1.2.1 硬度 1.2.2 密度 1.2.3 融点, 沸点 2. 周期表での位置 2.1 鉛の位置 2.2 「鉛」がつく物質 2.3 鉛の電子配置 1. 鉛 1.1 鉛の安定同位体 鉛は原子番号…

原子番号5番 ホウ素

今回はホウ素について書いて行きたいと思う。 目次 1. ホウ素 1.1 ホウ素とは 1.2 13族 1.3 ホウ素の同位体 2. ホウ素の化合物 2.1 ホウ素の結合 2.2 ホウ酸 1. ホウ素 1.1 ホウ素とは ホウ素は原子番号が5番の元素のことであり、原子記号はBである。このBと…

酢酸が属しているカルボン酸と電離度

今回は酢酸が属しているカルボン酸とその電離する割合について書いてきたいと思う。 目次 1. カルボン酸 1.1 カルボン酸とは 1.2 カルボン酸の酸の強さ 2. 酢酸の電離 1. カルボン酸 1.1 カルボン酸とは 酢酸はカルボン酸の一種であり、カルボン酸の中では二…

液体が気体になった時の影響

今回は液体が気体になった時の影響について書いて行きたいと思う。 目次 1. 液体と気体 2. 液体が気体になった時 2.1 液体が気体になった時の体積の膨張 2.2 液体が気体になった時の温度変化 1. 液体と気体 液体は一定の体積は持っているが形状が定まってい…

元素記号に含まれる文字は何が最も多いのか?

目次 1. 元素記号の文字 2. 元素記号に含まれる文字 2.1 1~10 2.2 11~20 2.3 21~30 2.4 31~40 2.5 41~50 2.6 51~60 2.7 61~70 2.8 71~80 2.9 81~90 2.10 91~100 2.11 101~110 2.12 111~118 3. では何が最も多いのか? 1. 元素記号の文字 元素記…

電気分解とイオン化傾向の関係

今回は電気分解について書いて行きたいと思う。 目次 1. 電気分解とは 2. イオン化傾向の影響とハロゲンの有無 3. 陽極が溶解する電気分解 1. 電気分解とは 電気分解は化合物に電圧をかけることで、陰極で還元反応(電子を受け取る反応)、陽極で酸化反応(電子…

金以上の元素 レントゲニウム

今回はレントゲニウムについて書いて行きたいと思う。 目次 1. レントゲニウムとは 2. レントゲニウムの同位体と崩壊 3. レントゲニウムの性質 1. レントゲニウムとは レントゲニウム(Roentgenium)は原子番号が111番の元素であり、名称はX線を発見した物理学…

常温常圧で液体の金属 水銀

今回は水銀について書いて行きたいと思う。 目次 1. 水銀とは 2. 水銀の化合物と性質 1. 水銀とは 水銀(Hg)は常温・常圧化で唯一液体である金属であり、金属以外でも常温・常圧化で液体である元素は水銀以外には臭素(Br), オガネソン(Og)しか存在せず、オガ…

金をも溶かす王水 その理由は酸化力が非常に強いから

今回は王水について書いて行きたいと思う。 1. 王水とは 王水は非常に酸化力の強い液体のことであり、その酸化力は最も反応性の低い金属である金でさえ溶解するほどである。 金は全物質中で最もイオン化傾向が小さい金属であるので空気中に放置しても酸化す…

海水の成分と濃度 大半は塩化ナトリウムだが...

今回は海水について書いて行きたいと思う。 1. 海水とは 海水は言うまでも無いが海洋の水のことであり、淡水とは違い塩分を3.4%ほど含む。 そして、海水はこの3.4%の塩分が存在しているのでそのままでは飲料水として用いることはできず、海が近い所でも水不…

多くの元素が発見された村 イッテルビー

今回は元素の名前の由来について書いて行きたいと思う。 1. 元素の由来と発見場所 現在発見されている元素は118種類にも及び、昔から存在が知られている元素には伝統的な名称がついている。 例えば原子番号が26番は鉄(Iron)で29番は銅(Copper)と金属原子の末…

鉄と銅の違い 原子番号は似ているが

今回は鉄と銅の違いについて書いて行きたいと思う。 1. 鉄と銅の違い 鉄と銅は古代から使用されている金属であり、今日でも数多くの用途で使用されている。 しかし、鉄と銅は古代から使用されている金属ではあるが相違点も数多くある。 初めに錆びさすさとイ…

2族元素 カルシウム以降は反応性が...

今回は2族元素について書いて行きたいと思う。 2族元素は周期表の中で2番目に左に寄っている元素のことであり、ベリリウムからラジウムまでの計6個の元素が含まれている。 1. 2族元素とは 2族元素は反応性が極めて高いアルカリ金属の右隣にある元素のことで…

不活性ガスとは? そして大気中の窒素と入れ替えると...

今回は不活性ガスについて書いて行きたいと思う。 不活性ガスとは他の物質と反応をすることがほとんどない物質のことであり、一般的には18族の元素がこれに属しているが18族以外にも不活性なガスはある。 1. 二分子以上の不活性ガス 不活性ガスと聞くと反応…

四番目の金属マグネシウム 二酸化炭素中でも燃える!?

今回はマグネシウムについて書いて行きたいと思う。 1. マグネシウムとは マグネシウムは原子番号が12番の金属であり、全金属原子中では四番目に原子番号が小さく、そして単体で見ることが出来る中では最も軽いものである。 マグネシウムよりも原子番号が小…

二酸化ケイ素とは? 名前は似ているが二酸化炭素とは大きく異なる

今回は二酸化ケイ素について書いて行きたいと思う。 二酸化ケイ素と聞くと二酸化炭素のようにケイ素原子に酸素原子が2つ結合した分子を想像しがちですが実際には異なり、軽量な分子は形成していない。 では、どのような形状かと言うと... 1. 二酸化ケイ素と…

原子番号13番アルミニウム 酸ともアルカリとも反応し、水素を生じる

今回はアルミニウムについて書いて行きたいと思う。 現代ではアルミニウムは1円玉をはじめとして様々なところで利用されており、鉄と並ぶほど重要な金属となっています。 1. アルミニウムとは アルミニウムは現代では見ないことがないほどあふれた金属であり…

元素の限界は? ある数値以上となると電子が光速を超える!?

今回は元素の限界について書いて行きたいと思う。 元素は現在発見されているもので118種も存在し、最も大きい元素は当然原子番号118番である。 実は原子番号118の元素は天然には存在しない元素であり、原子番号の大きい原子は安定しないために崩壊をする。 …

金属と非金属 何故金属元素は多いのか

今回は周期表の金属元素について書いて行きたいと思います。 周期表に関することは今までの記事の中でも数多く書いてきたが今回は金属元素を中心に書いて行きたいと思う。 金属元素は非金属元素と比較すると数が非常に多く、周期表の大半は金属であると言っ…

セシウムとは何なのか? 実は普通のセシウムは危険ではない

今回は比較的前から話題になっているセシウムについて書いて行きたいと思う。 セシウムと言う物質はニュースなどの影響で有毒物質であると考えられているが実際には違い、ある種のセシウムが有毒物質なだけである。 では、このことについて順を追って書いて…

原子番号83番ビスマス 安定同位体が存在しない金属

今回はビスマスについて書いて行きたいと思う。 ビスマスは原子番号83番の元素であり、実は安定同位体が存在しない元素(テクネチウム, プロメチウムを除く)の中では最も原子番号が小さいもので全ての原子が放射性同位体であります。 1. ビスマスとは ビスマ…

元素の英名 実は意外に間違えやすい

今回は元素の英名について書いて行きたいと思う。 元素の名称についてはつい最近の記事に書いたと思うがあの時書いた内容は -ium, -ide, -on, -ine, -genで終わる元素について書いたので今回はそれ以外について書いて行きたいと思う。 1. 金属原子の英名 金…

原子番号2番ヘリウム 安定で、そして軽い

今回の記事はヘリウムについて書いて行きたいと思います。 1. ヘリウムとは ヘリウムは原子番号が2番の原子であり、本来ならヘリオン(Helion)と名付けられるべきであったが初めて発見されたときに金属であると勘違いされたため、現在のヘリウムと名付けられ…

原子, イオン, 分子の語尾 実はヘリウムは間違った命名である

今回は原子についている-iumのような名称について書いて行きたいと思います。 1. -ium 初めに-iumについて書いて行きたいと思います。 例えばゲルマニウム(Germanium), ナトリウム(Sodium)のように原子にはかなり-iumで終わる名称が多く、この語尾には何か意…

青酸カリは何が危険なのか? 実は「カリ」のほうは特に問題はなく...

今回は毒物(青酸カリ)について書いていきたいと思います。 青酸カリはかなり危険な物質であり、毒物の代表例のように扱われますが 今回はこの物質の何が危険であるかについて書いて行きます。 1. 青酸カリ 青酸カリと言うと非常に有名な毒物であるが何が有毒…

オゾン層とフロンガス 実はフロンガスはオゾンを酸素に変えてしまう

今回はフロンガスについて書いていきたいと思います。 ご存知の通り、フロンガスはかつて使われていたが現在はオゾン層の破壊を伴うので使われなくなりました。 では、オゾンから書いていきたいと思います。 1. オゾンとは オゾン(Ozone)とは酸素原子が3つに…

金属の融点と密度 高いところは原子番号7X番

今回は金属(合金を含まない)のランキングについて書いていきたいと思います。 1. 金属原子とは 金属元素は単体が金属の性質を示す元素のことであり、周期表にある元素の内、半分以上は金属元素であります。 そして、最も原子番号の小さい金属元素はリチウム(…

空気中の主成分 窒素と酸素

今日は地球の大気について書いていきたいと思います。 地球の大気は窒素が78%、酸素が21%を占めており、残りはアルゴン、二酸化炭素の順になっています。 そして、本記事では窒素と酸素について書いていきたいと思います。 1. 窒素 窒素は空気の8割近くを…

酸性雨の酸性と影響

今回は酸性雨について書いていきたいと思います。 酸性雨はその名の通り、雨が酸性になる現象であります。 そして、酸性雨の状態や発生要因などについて書いていきます。 1. 酸性雨のpHと発生要因 酸性雨は雨が酸性になる状態であり、あるpHよりも小さくなる…